HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

初心  

都会のトンデモな暑さの中、すっかり溶けてしまうかと思いつつ、11時からカオリさんマイソール。スタジオ内は空調バッチリで快適。

肩はずいぶん良くなってきた。でも首肩上腕に負担をかける癖はアチコチにあって、いかに楽に、自由な空間を持って、心地よく解放するように練習するかを、具体的に指摘され、これまで無意識だった部分や、さらに微細な部分に対して、意識的になれるのは、このクラスのおかげ。

痛みや違和感は、そのあたりの見直しのきっかけをくれるものなのだなー、と思いつつ、降りた途端に肩が激痛~!になるカランダを、今日はもういっかい土台から再構築。

ピンチャではいくらでもキープできる土台部も、一旦カランダになるとドンドン弱い部分が腑抜けになって、肘が開いて首が詰まって、首肩上腕にスンゴイ負担かけて、ドリャー!っと力技・・・といういつものパターンも、少しずつスティラでスッカムへと向かっていくのかな。あんだけ、ブルっブルに全力振り絞ってキープしてたピンチャが、時と共に呼吸や体内エネルギーの力に委ねるられるようになったみたいに。

今日はカランダで、またまた新鮮なアドバイスがあって、しばし模索。え?そんな微細なとこ意識できるもんなの?っていつもビックリするのだが、大抵において「うわ、マジ?これ、やばー」的展開となるのが面白い。

これまでどんだけ一番粗雑な外側の筋肉で動いてきたかがよーくわかって、自分の内にはもっともっとすごいパワーが秘められていて、呼吸や意識で重力と仲良くバランス取り合って、流れを生み出しては心地よく委ねていけるのだなー、と、これは最近のアレコレを通しての実感。

バンダって言葉は、他の別の言葉で説明するように語られるべきもだと常々思っているけど、いわゆるこのバンダとやらは、呼吸の一部、というのを実感体感真っ最中。

昨日はサクリとフルセカンドだったからか、今日のゆったりじっくりのハーフセカンドが良い塩梅に作用して、身体の芯まで響き、なんとも爽快。

しかし、それにしても東京の暑さは、尋常じゃない・・・
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/993-d7e94210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。