HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1本芯が通るというより、1枚余分な服を着込んだ気分で、自分がどんどん鈍感になっていくようだ  

週に一度のスタジオ練でフルセカンド+2ポーズ

毎度のことだけどスタジオならではの魔力をお借りして、身体がしっかりと安定しつつも軽くて柔らかい、という、普段の宅練との落差に大笑い。しかし人いきれというか、熱気と邪気にあたってクラクラしてくるのは難点。

初めての先生の指導は、ソフトでやわらか(同じ意味だ)な印象。触れてるか触れてないかの微妙なところで、しっかり的確な方向へ誘導される。カランダUPのサポートと、ゴムカーサナの「カカトつけて」が挑発的で好感が持てた。

つか、ゴムカーサナでカカト同士をつけるなんて、初めて聞いた。やってみたら超タイヘンで、バランスがコロコロ崩れて、ゲームみたいだった。

それにしても、息切れが酷すぎ。ティッティバあたりでギブアップしたくなるほど、心臓バクバク。多分家では知らずと、休み休みになってるからだろうなー。

この新しい先生はちっちゃいので、アジャストの仕方が独特。ヴリシュチカーサナでは、小柄な人による小柄な人対象の、不思議な小ワザを発見・・・、これいつか試してみよう。

久々のアジャストされたバックベンドで足首つかんで、これまでにない安定っぷりに(たいていムリクリなので・・・)、なんか不思議な感覚をおぼえた。肩の回り具合が変わったのかな、肘も内側に自然と治まっていたような感じだったし。

あー、でも、ちょっと前にキシコ姐さんが書いてたけど、スタジオでの練習は、いつもの本来の自分の練習と、あまりにかけ離れすぎてて、なんか嘘っぽい感じがする。でも、週に1回の余興というか、レジャーとして捉えれば、ちょっとしたメリハリ効果があって、それはそれでよろしいかと。

普段かかない汗をしこたまかいて、爽快っちゃー、爽快。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

あらやだ奥様!ワタクシ存じ上げなくってよ!

やっぱり自己流じゃなくて、ちゃんと先生から教わらないと、こういった肝心要の部分がポロっと抜けちゃうんだねー、反省。

・・・ん?いや、ちゃうちゃう。ゴムカーサナはとりあえずレベル2オーソライズド君から教わったんだ・・・カカトつけろ、と言われなかったはずはない・・・シカトこいてたのは私かー!

タイトルは毎回考えるのがメンドウ~!

URL | miwananda #79D/WHSg
2011/09/09 14:42 | edit

No title

あらヤダ奥様、知らなかったの?
他流のゴムカーサナは上半身(肩の柔軟性)が肝だけど、アシュタンガは下半身が肝なんですってよー。
最近は膝が痛くて足首きつく寄せないからチョー楽チン♪

どーでもいいけど、タイトル長!(笑)

URL | kishico #79D/WHSg
2011/09/09 10:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/973-c7b1401a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。