HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

多分眠気覚ましに飲んだカプチーノの効果と思われるが・・・  

妙にフラットなマインドのまま、あんまウダウダ考えず、朝の指導後おうちで、とりあえずオンザマット。

余計なことナシ・・・つまり余計な呼吸も、余計な動きもヤらん、ってことだけ徹底。

脳内レッドクラスをイメージして、決められたカウントを尊重してみる。

一呼吸で深くポーズに入れなくても、そこで下らん執着かまさない。ダラダラネチネチとした粘着的なポーズの深め方は、今日はナシ。

だけど中途半端にはせず全力投球だから、集中の度合いが違う。

みるみる汗ダクだし、呼吸が2オクターブ低く深まるし、どんどん全身がゴムのように弾みながら柔らかくなってく。普段のギシった感じがない。

あっという間にフルセカンド終わって、なんだこんな私でもセカンド普通にできるんじゃん?と見直した。

いつも立ち止まっては「より深く~」とバカみたいに探求し過ぎて、ビンヤサ無視してたから、あんな底なし沼にズブズブはまっちゃったのねー。

そこには「もっと柔らかくなりたい」とか、「もっとカッコ良くやりたい」とかいう、ヨガの本質とは真逆に振り子が向かった(いずれまた戻ってくるんですけどね)、終わりのない煩悩があるだけで。

身体はどこも辛くない。ココロも何ものにも邪魔されてない。非常にクリア。びっくりするくらい。

7頭立までやってから、次の2ポーズ。やっと安定してきて、自信と勇気が芽生えてる。それぞれしっかりグラウンディングした上で、大きく広がっていく感じが萌え。

自分で勝手に始めた3ポーズ目、やっぱチトいまいち腑に落ちない。形はとれてるのだろうが、ポーズのキモが見つからない。

やはりポーズは指導者から「もらう」ものなのか?

という素朴な疑問を、自身の経験で解明していこうと思い、マシュー本を取り出して、ちょっとトライアル的にポーズを続けてみた。

LBHシリーズは得意分野なので難なくできる、がビンヤサin/outがよくわからない。

【追記】
忘れてました。Larugaさんのスンバラシイ動画がありましたね。これを参考に精進します。
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=4_zK9vEgaO0&w=420&h=315]


アームバランスは、最初のウルドゥバククターサナABCは楽しくできるが、二つ目以降の片足上げるシリーズ、エカパダバカーサナまでは、身体のどこを使うのかがサッパリ分からず、はて?

それ以降は、ビンヤサin/outを無視すれば、ふーん、こんな感じかー、と。

で、思った。ポーズのカタチだけ、なんとなーく型取ったところで、あんま意味なさそうなのは確かだ。

プライマリーとセカンドをしっかり確実に習得していれば、サードは目玉が飛び出るほど難しいシリーズだとは思えないから、見よう見まねでポーズの模倣は結構簡単にできる。

ただ、ここまで来ると「その外側だけじゃないでしょー?」というのを、ビシビシ感じる。肝心なのは、その「お上手に型取った」ポーズの内側で、私たちは両極のダンスをどのように踊り、どのように終焉に向かうのか、ってトコロなんじゃないだろか?

ま、いいか。明日は筋肉痛必須。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/925-4e47215d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。