HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Meaning of abundance  

指導後の帰り、電車で眠りこけて乗り過ごしてしまい、おうちに着いたら12時前~。さっさとマットに立ってサマスティティヒ。ああ、今日も空腹とのおっかけっこだ(笑)、追いつかれないうちに練習を終わらせよう。

昨日の絶好調ぶりは、まずアリエナイはずだと言い聞かせつつ、謙虚に地味にサクリと軽めにフルセカンドを7頭立までやろう!と最初に決意しておく。

あれ?肩の表面の筋肉がよじれたように痛い。これまでに経験した痛みは、肩関節の奥のほうの筋っぽいところだったけど、今日はかなり外側だ。手に重心かけるときに、微妙な激痛ポイントがあるけど、そこをはずすとなんでもない。

スタンディングで、特にトリコナーサナAB&パールシュバコナーサナABで、ヤバッ!と感じたのはITバンド。途中でピチッ!と断裂しちゃうんじゃないか?という恐怖がゾゾゾー。これがキッカケなのか、エカパダで足を頭にかけた途端、ITバンド~膝の外側がいまだかつて無い痛みに襲われて、あわてて飛び起きたよ、ヤベー。

あと首ね。持病のヘルニア的な神経噛んじゃう感じじゃなくて、外側の筋肉痛が重くて、ちょっとしたことでウザイ。

それもこれも、きっと昨日のポーズ探求の後遺症なんだろうなー、身体って単純で分かりやすいー、とか思いながら、カポタAで踏ん切りがつかず心の弱さを露呈したり、ヨガニドラサナで変なとこにコダわったり、ピンチャとカランダを一緒にやって体力温存したり、バッタヤーサナで頑張りすぎて何度もコローンと転がったり、ゴムカーサナでド太いアンヨをギュウギュウにしてバンダの根性比べ(笑)しては、これまたコローンと転がったり、ムカハスタABCを、ずっと倒立の状態で手の位置だけ変えるやり方(@バーシャ)にトライしてCで壁に激突したりと、まー、おおらかに楽しませていただきました。

肩とITバンドの微妙な違和感を察しながらも、上手く緩めたり戻したりと練習を続けていると、我ながら絶妙な微調整ぶりがスゴイなー、と思った。ちゃんと身体の声を聞く、ってこういうことなんだ、きっと。確かに今までも聞こえてた、でも、そこで怖がりすぎて止まったり、大丈夫だろうと過信して突っ走ったり、上手に付き合ってこれなかったような気がする。

ひとりで練習するようになると、自身のアウェアネスが一番の先生となる、って言ってたのはマシュー・スウェニーだったけど、本当にそうなんだなー、って今日はじめて痛感した。こうやって、すこしづつ、今まで眠っていた自分の中のいろんなものが、ちょっとづつ目覚めて動き出してくるのかな。だとしたら、ポーズの出来具合とか良し悪しとは別の次元で、随分と豊かな練習になりそうねー。なんか楽しみ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/924-7e889ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。