HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

集中へのエスカレーター  

半月ぶりに渋谷のスタジオで練習。金曜は本来プライマリーの日だけど、地方者への特別恩赦で(笑)、7頭立ふくむフルセカンドand゙2ポーズをがっつし。

今日、改めて感じたのだが、スタジオって不思議な世界。宅練とナニが違うって、自分の奥のかなり深いトコロまで、”速攻”でアクセスできるんだなー、と。

「マット上のそのミニマムな空間で、さあさ練習なさい」という、すべてが外部によってお膳立てされた環境で、ショートカットで「集中」の段階へ難なく連れていってくれるかんじで、家で一人でやる練習のように、自分で少しづつチューニングしていく過程(・・・それはまさに疾走失敗だらけの迷走なのだが!)が、すっぽり抜け落ちている。

余計な邪魔が一切ない世界・・・あったとしても、せいぜい「アイツが気になる」とか「先生がうざい」とか、実はドウデモイイことばかり。・・・いや、それすらも、自分の外の世界のオハナシだから、シャットアウトしようとすれば簡単に無視できる程度の障害物。

ヴィパッサナや座禅瞑想は、ただただあるがままの呼吸や感覚や心のさざ波を、そのまんま観照することから始まる遊戯的な世界だけど、チベット仏教やタントラの瞑想はそんなもんすっ飛ばしてイキナリ次の次元での「脱・粗雑な肉体」という、ある意味オカルト的なめくるめくトンデモワールド(@Gregor Maehle) 

ヴィパッサナは「生きる杖」と呼ばれるが、個人的経験を振り返ると本当にそうだと思う。この世知辛くも煩悩に塗れた日常で、自分と他者の俗と欲と嫌悪に満ち満ちた世界で、そこに身を置き、なおかつ逃避することなく、あえて全てをそのままに普遍かつ無常のケミカル・リアクションとしてそこに認め、その上で慈悲の心を広げ、良き種を自分の外に撒いてゆく、「この世におけるひとつの生き方」の指針、というかんじ。決して、「解脱のために、”それ”すらも超えろ!」とは言わない。

アシュタンガヨガの練習を通して、自分の心の表面を覆っている感情や思考という層の、その1枚奥の部分の蠢きに「うわっ!」とイキナリ触れてしまうことが多いのは、「“それ”すらも簡単に超える」ように、このショートカットで一気に集中へ連れて行ってくれるエスカレーターのおかげな気がする。

自宅での練習に切り替えてから練習の質が変化したのは、この「どこでもスイッチ」がない環境で、まずは馴染み深いヴィパッサナ的アプローチで、練習を始めたからなんじゃないかな、と今朝感じた。覚醒剤のようにガツーンと即効的に意識変容が始まるスタジオ練ではなく、マリワナのように割とマッタリじっくり変化自体を遊びながら変容へと向かう宅練、ってかんじ。

そういう意味では、あらやだ!ヴィパッサナとアシュタンガは根本的に相容れないじゃん? と、本日に限りそう確信してしまった。

アシュタンガはキツイとか危ないとか、よく言われるけど、そりゃそうだわ。ピースだオームだとか、平和とか調和とか、優しさや柔らかさとか、そういう居心地のよさを、個人的拘りとしてそこに付加することもできるけど、基本はシンプルに「意識変容を促すための苦行(タパス)」であって、それをどう粉飾して美味しくいただくかは、個々の判断に任されているだけな気がする。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

考えたら、私は宅練意外を知らない。毎朝スタジオに通った経験が、無い。
だから如実に違いを理解できないから「なるほどー」「そーなんだー」と思うことしきり。
金曜日の特別恩赦、イイネ!ありがたいよね~^^

URL | kishico #79D/WHSg
2011/11/07 15:35 | edit

No title

そっかー。
でもね、これはあくまで今現在の個人的な感覚だから、人によって、時期によって、もっと別の色んな視点があるんだろうなー、とか思いながら、イチ記録として書いてみた。
だってさ、4年前の自分のブログでは、「おお!アシュタンガヨガをヴィパッサナ的に行うことの、なんと素晴らしいこと!」と書いてたんだから。
地方者への特別恩赦(^-^)/ありがたいこってす。大抵「え?なにそんなにアサナに固執するの?ヨガっぽくないね」ってリアクションされるけど、ここは先生の方から「その気持よくワカル」と逆フォローしてくれるから、気が楽。でも周囲からの冷ややかな視線は覚悟した方がいい(笑)

URL | miwananda #79D/WHSg
2011/11/07 16:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/921-3b1164a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。