HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

セックス、ドラッグ、ロックンロール  

昨日は身体が芯から冷えてしまい、布団の中でブルブル震えながら一晩過ごし、朝起きたらゴッツイ腰痛・・・トホホ。それでも老体に鞭うって、寒空の下スタジオを開けに向かい、1時間ほどの指導後、渋谷のスタジオへ。

後ろの方で、こそーっと、ゆーっくりと、ゆるゆる練習しようと思ってたけど、やっぱり前の方へドンドン移動すろことになるのが、このマイソールクラスの不思議。痛い腰をかばいすぎてダラけた練習なら家でもできるわい!と腹をくくり、スリアBでようやくエンジンかかる。

もうドリステ以外は、どっこも見ないもんねー。決められた動き以外は、なーんにも余分なもん入れないもんねー。と、子供みたいにムキになって、しっちゃきになってやる練習は、楽しかった。

身体はみるみる開いていくし、あんなに冷え切っていた身体に熱が灯る。

ちょっとやそっとの失敗なんて気にせず、とにかくドンドンノンストップで動いてく。

呼吸は荒くなったり、落ち着いてきたり、スーハーの呼吸自体が、まるで別の生き物のように躍動し始めて、私はただそれをひたすら追っかけるのみ。

ここ最近のカポタは超怖い痛いキツイ・・・アナタに本当にやる気はあるのか?を問う踏み絵みたい。毎回ブルブル震えながら、なかなか踏ん切りのつかない「エイヤッ!」にチャレンジ。

カランダはタイミングよく、最初から最後まで全部アジャストしてもらって、1回でスルー、ラッキーなり。

マユラーサナ、脚が上がりすぎて、その分アゴが床に付いちゃう、シーソーみたいなのがデフォなんだが、今日は「胸上げるー!」と何度もハッパかけられて、それをことさらに意識して、あせらず慎重に3回トライ。なんと、初めて、このポーズで「シャラバーサナ」の感覚が感じられた。すげー!私には一生無縁の世界だと思ってました。ほんとにシャラバーサナだー。

ヴィシュワミトラーサナも、バシスターサナも、こんだけプラーナ高まったハイテンションのコンチキ野郎ですから、余裕でグングン上がってく。

チャコラーサナは、後ろにコローンと転がったりもするけど、慣れれば全身がピチーっと中心に集まる感じが心地よい。

ここにきて、あんだけ「腰イテー!」とかブイブイ言ってたのに、超ハイパーテンション覚めやらず。バックベンド、ドロップバック、ハンドスタンド、似非ヴィリシュチカーサナ、ドロップオーバーで、ガンガン楽しむ。

これだけ気分が高揚してくるのは、余計なコトにココロを惑わされず、ただ決められたことをやるという、工場の流れ作業から生まれるセロトニン瞑想にくわえて、ギリギリの自分の限界を超える行為に身を任せるという、バンジージャンプ的ドーパミン遊戯からなる、なんともステキなトランスパーソナル体験。

・・・そういえば

複数の先輩陣から聞いたことがあるのだけど、「セカンドを終えてサードを始める頃」というのは、最もエゴが肥大しやすいそう。不可能が可能になる経験を経て、練習がブッチギリに楽しくなってくるらしい。あら、今の私って、まさにそうじゃん、って、今朝しみじみ感じた。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/886-67d2cf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。