HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今日からヨガラグ敷いてます  

本日もスタジオ練。

論理思考を好む私のアタマは、「ふむ、フルプライマリーの週、フルプライマリー&ハーフセカンドの週、ハーフプライマリー&ハーフセカンドの週・・・と、つつがなく進んできたので、今日からフルセカンドの週!」と、電卓を叩くように、そんな計画をはじき出してた。

電車に乗りながらも、そのつもりでいたけれど、なんとなーく居心地が悪い感じがあって、もわーん。

さて、スタジオに着き、スリヤを始めるや否や、全身全霊が「イヤー、ヤメテー、セカンドにイキナリ入るなんて、死んじゃうー」と、弱い心がピーピー騒がしい。

「イヤイヤ、そーゆー、弱っちぃココロのワガママに流されないように、わざわざスタジオに通ってるのよ!とたしなめるが、ダメ、ゆーこときかん。

ま、それには、それなりの理由があるんだろうな、と、今朝もハーフプライマリやってからセカンドをマユラーサナまで。

ナバーサナの5回目終了後、「お尻上げたらそのままハンドスタンド」→足を伸ばしたままハーフベンドになってチャトランガ、というのをやらせてもらって、「うおー、スゲー余興!」と心の中でビビりまくった。


下記、いくつかの段階を追ってやっているポーズ

立位のアルダバッダ
1:ハーフロータスで膝を真下にむけ、まっすぐ立って5呼吸
2:手を回して足先掴んで、まっすぐ立って5呼吸
3:空いてる手を床におろして、45度くらいの前屈で、顔は正面を向いて5呼吸
↑イマココ
今後は膝と相談しながら、前屈の角度を少しずつ狭めていく予定

座位のアルダバッダも基本上記とおんなじ

マリーチB
1:立膝&ハーフロータスの土台をしっかり作って、背筋を伸ばして5呼吸
2:両手を前面の床に付いて、45度くらいの前屈で5呼吸
3:立膝側の腕を回し、ロータス側の手は床に付き、膝への負担を加減しながら浅い前屈で5呼吸
4:重心をお尻側に移し(膝に重心をのせない)、軽く両手を回して、浅い前屈で5呼吸
↑イマココ
今後は膝と相談しながら、前屈を少しずつ深めていく予定

マリーチD
1:立膝&ハーフロータスの土台をしっかり作って、膝を抱えるようにして後ろを向いて5呼吸
↑イマココ・・・ これでも膝がかなりキツイ
2:立膝の外に肩を出して、肘と膝で押し合う簡易ツイストのポーズで5呼吸
3:立膝に腕を回して、反対の手は後ろの床について、5呼吸
4:両手を取って5呼吸


一方セカンドは、膝的にはラクチン。

カポタは根性入れて自力で足首ガッツシ掴む。背中の上部が”スッゴイ仕事した感”満載で、この感覚は初めて。あんまりに放心しすぎて、ビンヤサアウトのお尻アップ、ムリムリ。その後の脚伸ばしたジャンプスルー、なんとかギリギリ。

ティッティバーサナB、やっとこ両手が普通にとれました・・・(涙) 長かったなぁ・・・感無量。

カランダ、ロータス組むのが膝的に大変なのが玉に瑕だけど、お腹コントロールしながら超スローモで降りていく感覚、やっとこ戻ってきました。これだけ制御できると、「よし、上げる努力するぞ」という気持ちには、なる。ヨッコイショと持ち上げられるのではなく、イグニションを促すのみのアジャストは、さすが上手いなー。

マユラーサナ、ドツボに嵌りました^^ まったくデキマセン・・・ 疲れ果てたせいにしときます。

バックベンド、なんか固いー、って感じのバックベンド。足首掴むのも、先週くらいから加減してもらって、かかとに触れる程度。ま、ぼちぼち。

最近、ブリッジ状態の時に意識してるのが、目線を床ではなく自分のカカトにして、顔を床~足の方へ向ける努力。別に誰に言われたというわけではないのだが、ハンドスタンド~ヴリシュチカーサナ~ブリッジの一連の流れで、アタマをずっと上げて顔を正面向けて「胸クルン!」状態って、すっごい大事だなーと思ったので、なんとなく。

おかげさまで、ひとりヴリシュチカーサナが結構安定してきては、いる。成功率はまだまだ低いが。

今日も汗いっぱいかいて、全身全霊で一生懸命練習しました。しあわせ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/777-1ba603cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。