HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まとめ好き2012年6月  

2012年6月(30日間)の練習内容集計

プライマリー4日(50%)
-ハーフ 1日
-フル 3日

プライマリー~セカンド抜粋 1日(13%)

ファンダメンタル3日(37%)
-太陽礼拝 2日
-スタンディング 1日

計8日
スタジオ 1日
自宅 6日
安曇野 1日

月初に感染症にかかり右腰が化膿するも、切開と抗生剤投与が遅れスプラッター状態に。治る間もなく咽喉風邪をこじらせ気管支炎、これが延々と3週間も続く。時を同じくして身内が受けた癌末期の余命宣告と、それをとりまくナンヤカヤ。新たなバイトやアレコレに奔走して、24時間フル稼働でストレスの塊。安曇野WSで一息つこうと思いきや、気管支炎発作のピークを迎え、メインの通訳自体もメタメタのボロボロ。周囲に励まされ、助けられ、迷惑かけてばっかりで、健康じゃない時特有の超ネガティブスパイラルで自己嫌悪の一路をまっしぐら・・・。こんなときに練習なんてデキルカ、バーロー!とヤサグレたり、こういう時だからこその練習か?と悶々としたり・・・。

でも結局、わたしたちは、いつだって、できることしかできないし。どんな試練や出来事だって、「できることをする」というを学びの場なだけ。

「なんで今?と思うような、どんな辛い酷い出来事が起っても、私たちに出来ないことはやってこないのよ。いまあなたができることを、しっかりおやりなさい」

とは、親戚の叔母さんに言われた言葉。いまの私には、どんなヨギーの、どんな「有難い」お言葉よりも、どんな哲学の、どんな「おえらい」格言よりも、深く重く私の内に染み渡る。

そうそう、奇しくも安曇野で行ったバリー先生の通訳は、バガバッドギータだった、ってのも、深遠で。どうも神様が意図的に仕組んだとしか思えない。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/750-06c0ed40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。