HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

わたしのリアル  

指導後おうちでフルセカンド+バシスターサナ(一般的にはヴィシュワミトラーサナと呼ばれる方)まで。

現在のハビリ期間中は宅練するつもりはなかったんだけど、ここ最近の変化(・・・この肉体だけじゃなくて、それをもつかさどる自分の中の未知のパワーと、ワタシとの新たな関係性)が、実はかなり衝撃的で、それはスタジオマジックのまやかしなのか、どーなんだ?という素朴な疑問がムクムク、身体もソワソワ。よって気がついたら、いそいそとマット敷いてスーハーしておりましたとさ。

自宅は邪魔がイッパイ入るし、気が散る要素テンコ盛りだし、時間的にも暑いさかりだし、時間も押せ押せでゆっくりできないし、なんたって嫌な事は避けたがる性分だし・・・と、障害だらけなんだが、これこそが等身大の「わたしの練習」なんだな、と改めてヒシヒシ思う。

ちょっと前までは、スタジオではできる事・昔はできてた事などが、宅練ではデキナイ、ってコトが嫌だった、認められなかった、それをなんとかしようと足掻いてた。

でも、紆余曲折を経た今、ナニができようができまいが、特にポーズのカタチという次元では、なにがどうあろうと全部オッケーなんだ。膝が曲がらないとか、後ろが向けないとか、制限された肉体の条件を超えた部分で、このプラクティスの本質的なエッセンスは、ちゃんと「ここ」にある気がするのだ。

背中はバリバリで全ての後屈がシンドイし、カポタは弱気ちゃんだし、バカーサナやナクラーサナに至っては、ヤラナイ(笑)し、カランダもソソクサと終わるし・・・って、「やっぱ、これだわ、マイ・リアル・プラクティス」ってかんじ万歳。

最後の2ポーズは余興というか、なんかムショウにやりたくなってきた。現在の柔軟性と力強さの土台の上に、絶対の信頼をもって身を委ねていく感じが、それも「上へ上へ」と向かう感じが、なんとも今の自分の変化と強くリンクしていて、軽さと自由を手に入れたような錯覚が、おもしろいのだ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/740-06b8f27e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。