HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

未知への不安  

スタジオでフルセカンド。

おとつい久々にセカンドに復帰したけれど、意外と身体は普通にオッケー。むしろ素直に馴染んでくれて、平常心も戻ってきた。だけど、新しい先生という存在が、未知ゆえの怖さや不信を感じさせるからか、どこかで気がはってしまい、なんか疲れる。

昨夜の風呂上りにボディローションを塗ってしまい、ピンチャ&カランダで、肘がヌルヌルと滑りまくる。そんなときに限って、カランダ上げるときにアジャスト・・・。あんまり頑張ると、後が怖そうなので、とりあえずなすがまま~(笑) しかも、肘が滑ってピンチャすらキープできない「ひ弱な女子」を演出できたような気がする。

バックベンドは、ちと、腰の地味~な張り具合が、気になる・・・。足首掴むのとか、ヤダなー、と思いつつ受けるドロップバックのアジャストは、「先生違えばアプローチ違う」の典型で、いままで受けたことのないタイプ。脚幅狭め膝マッスグ固定系で、最初は床に手を置き、これまた肘内側固定系。ずいぶん経ってから足首を両手一緒に掴み、重心を脚側に移して自立を促され、うぬーん。

いつもの慣れた練習から、ちょっと出て、未知を体験する。その過程で生まれる怖さや不信、驚きと発見。多分、私達の身体は心よりも、ずいぶんと素直だ、と、それに気づく面白さ。数ヶ月の代行先生という経験も、ある意味、そういう学びの場なんだなー、と思った。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/692-0f45b17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。