HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なんかいろいろと新鮮  

スタジオでフルセカンド+2ポーズ

そろそろちょっとづつサードのポーズを戻していこう!と思いつつも、実際やろうとすると、ウダウダしちゃうのが悪い癖・・・。今日こそ!と踏ん切りをつけて、がんばってみました月曜日。

先週水曜日に発覚した右上腕の一部が、やっぱりカポタやドロップバックでカカトや足首を掴むときに、筋がピキーッ!と鋭く痛む。やれやれトホホだね、こりゃ。

新しい代行先生は、「コラコラ、ここんとこ、ちゃんとおやりなさい!」と細かいトコの指摘が多く、その都度自分がいかにテキトーこいてるかが見えてドキッ。こないだはマユラーサナやゴムカーサナしっかり見つかったし、今朝はティッティバーサナAの「肘まっすぐ」と、クルリンパ(いい加減名前覚えろ~)の「膝もっと狭く」。きっとそのうち、バカーサナBも「肘まっすぐ」と、バタヤーサナの「カカト真横につけて」が来ると踏んでいる。

久々のヴィシュワミトラーサナは腕がブルブルしながらも、かろうじてポーズキープできてホッ・・・。しかし次のバシスターサナは、なんどやってもアレ?アレッ?と脚が落ちてきちゃう。あれー、得意だったんだけどなー、と首をかしげながら何度かトライ。あ、そうか、今朝は短パンだから汗ですべっちゃうんだー、と気づき、改めてキノ・マクレガーはえらいなぁ、と思った。

今朝もチクタクを自力でトライしてみた。ジャンプして上には上がるんだけど、後方へ戻れないなぁ・・・ とジタバタしてたら、途中で代行先生が手助けしてくれた。でも、全部おまかせの「高い高いアジャスト」じゃなくて、土台となる部分は自力でmaxやって、「あとちょい!」の部分に少し手を入れてもらい、その勢いを借りて、また自力で最後どりゃー!と頑張るスタイル。「腕の真上にムーラバンダ」とかなんとか、色々アドバイスしてくれたけど、あんまりよくわかんなかったやー、英語が。

ヴィリシュチカーサナのアジャストは、シャチホコ状態で静止してマックスに伸ばして開いて、その結果として、最後の最後に膝を曲げると足が頭にペトン。足先を頭につけることを目的に、ぐいぐいひっぱったりしないから、ムリがない。最後のドロップバックのアジャストも同様。両手を伸ばしたハーフベンドで静止して、さらに開けるとこは開いて、その延長線上で肘を内側へ入れたまま曲げると足首に手が届いてる・・・、あ!多分これで右の上腕が筋違えたんだな、こういう腕の使い方したことなかったもん。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/683-d89c6afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。