HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まずは現実をしっかり見ること  

珍しく2連チャンでスタジオ練、フルセカンド+2ポーズ

ここのとこずっと、マジ練は1日おきだから、2日連続は身体が痛くなりそう・・・と、いつになく弱気が入り、全般的にサラリと流す。

カポタは、やはりカカトを取る時に、右上腕の1点がピキッと痛む。そこを避けながらの、左右バランスの傾いたナナメカポタの一丁できあがり。

LBHシリーズが辛いわー、と思いつつポーズを進めると、ヨガニドラあたりで「ムムム?待てよ・・・」とウスウス気づき始め、ティッティバBでそれは確信に変わった・・・ 手がギリギリのムッチムチ・・・? うわ、超太ってるー!そういや、パシャが浅かったのよねー、ふふふ。

ピンチャをエレベーター式で上げて降りて、カランダは片足づつ上げるやリ方(コッチの方が肘が開かず土台が安定する)でサックリ、あーデキタ、ホッ・・・ とヤレヤレして5呼吸してたら、タイミングよく間髪入れずにアジャストでUP。ラッキー:D そうそう、この代行先生のカランダUPアジャストは、これまた「そこくるか~!」と目からウロコの新バージョン。そうか、そうよね、そこおろそかにしてたら絶対上がらないよね~、というドンピシャポイント!私いままで無駄なところに無駄なエネルギー費やしてましたわー。

パリグハーサナでムギューっとアジャスト受けて(生涯に2回くらいしかない・・・)内臓出るかと思いつつ、セカンド終えて次の2ポーズ。昨日よりも安定して、気持ちよくムニーンと四肢を四方八方へ明け渡すようにして、パッカーンと楽しむ。バススターサナもウェアのおかげで足が汗で滑ることなく、つつがなく。

ささ、バックベンド、バックベンド・・・ といそいそと準備してたら、「サードのポーズやるには早いんじゃないの?本当にタリックからポーズもらってる?」と、代行先生からご注意が・・・アチャー、ヤッパリ・・・。

「いやー実はね、タリ様からもサードは早いとずっと止められて、ほんのつい最近最初の2ポーズだけOKがでただけなんすよー」、と説明するのも面倒で、そのまま「スミマセン魔がさして~」とざんげしておいた。と同時に、やっぱり、誰からも文句言わせないくらい(笑)セカンドちゃんとやっておくべきだなー、と反省。どんなに口でイイワケしたっても、練習自体を見れば大抵のことはマルワカリなんだしね。

あ、そうそう、本日のチクタク。アジャストされて戻ってくる途中で、真横にあった鏡を見てごらんと言われ、チラリと見てビックリ仰天!!!!! これじゃー、できねーよ、この姿勢で戻ってくるなんて、アリエナイよー。 というくらい、腰が引けてるのだ。体感のイメージと、現実のギャップの大きさをヒシヒシ感じたというか、愕然・・・。 「ね、見て判ったでしょ?」と代行先生ニッコリ。戻るとき、もっと骨盤から受け渡すように委ねていかないと、(・・・そうしてるつもりだったけど、真逆に身体は縮こまっていた・・・!)腕の上にムーラバンダちゃんは来ないわー。

いいな、この代行先生。静かで押し付けがましくないというか、先生っぽさがナイんだけど、思い込みや妄想で、自分の練習の足りない部分を補填しているんだってこと、ちゃんと気づかせてくれる。

よっしゃ、face the reality 蓋をしないで素直にやってこー!
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/682-71c7e704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。