HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

what makes such big difference?  

昨日の地元のレッドクラスの前に、目の前にホワイトボードがあったので、なんか即興的にアシュタンガの八支則を、5つのヤマをメインに書き出して説明してみた。なんでそんなことをしたのかわからないんだけど・・・。

ヨガクラスをするときにヤマ・ニヤマを持ち出して、生き方のお説教をすることだけは避けてきたし、この5年になる地元クラスで、私が「さあ、みなさん、アヒムサですよー」なんて言ったところで、相手は私のw何倍もの人生経験豊富なツワモノ揃いなのになー、と思いながら、ホワイトボードに書きなぐった自分の子供みたいな筆跡のカタカナの羅列が、その後もずっと脳裏に焼き付いていた。

今朝はスタジオでフルセカンド(含む7頭立)+2ポーズ。

いつもより早く着いたので、あせらずゆっくりと、むしろ少しネチっこく(笑)、いやいや、ていねいにポーズを進めてみる。今年イチバンの寒さゆえか、腰がイキナリやばい感満載・・・!ちょっと油断したら、グキッとかしそうで、ヒヤヒヤ。

そういえばスリアBで、チャトワリでチャトランガにジャンプバックする前に、何の気ナシにパイク・ハンドスタンドを試してみたら、なんとも楽チンにできてしまってビックリ。お腹周りの感覚が、最近ちょっと違うんだなー、なんか。

しかし、ピンチャの足まっすぐバージョンは、変に土台の前腕を意識しすぎて、なかなかお腹までエネルギーが伝わらず難儀する。

つづけてカランダUPでは、2回目になんとなーく浮きかけたのだが、また沈んでいった。

そして、おろどくなかれ、7頭立のバッダハスタA=普通のシルシアーサナが、なんと、できない!お腹の使い方が変!上がっても倒れる!きゃー!

ハンドスタンド~ドロップオーバーで集中力の次元がシフトして、ちょっぴり覚醒的になるのだが、さてチクタクの戻りをば!と思った瞬間、ドッテドテのバッタバタで、おかしいくらいジタバタが始まる。客観的に見たらチクタクなんて「来た道をそのまま戻るだけ」なのに、行きの瞑想的な静けさvs帰りの狂騒的なドタバタ劇・・・という図が、なんとも可笑しくて、ヤレヤレと思った瞬間に・・・あ! 昨日ホワイトボードに書いた、アヒムサ・サティヤ・アスティヤ・ブラフマチャリヤ・アパリグラハの文字がフラッシュバック。

そういうことだよ、オジョーサン。自分のドタバタ加減は、こういう、人としての意識すべき部分をおざなりにしていることに気づきなさいよ、と神様が与えたレッスンなんだわよ。

チクタクの戻りをリチュアルとして「やって」はいるけれど、本当には実践していないんだってこと。肉体的な柔軟性や強靭さの問題じゃなくて、取り組む姿勢の問題。チクタクの戻りで、エイヤッ!と、パフォーマンス的にジャンプはしても、自分が「ダメそこイチバン怖い!」と感じている部分には踏み込まないようにしている。その代わりに、余分などうでもいい部分に無駄なエネルギーを費やしているし。自分を信じていない、というか、自分自身に対してすら誠実じゃない。居心地の悪い「できないことにチャレンジする」ことより、キノ・マクレガーみたいにフンワリ決めたいわーとか、持たざるものを渇望してたり。スティラでスッカム目指す前に、自分と世界との向き合い方を、もちっとキチンとしておこうぜ、オレ。

なんてことを思った。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/673-d793f459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。