HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

"それ"に向かわず、"それ"が来るのを待つ  

スタジオでフルプライマリー
本日おしりがまったく上がらず、テキトーなジャンプバックで楽をする。
ウティタハスタのアジャストは相変わらずヤバくて、ぱっかーん。

ウルドゥバムカパッチモッタナーサナで、アゴをスネにつけてつま先を見るのと、膝におでこをつけて鼻先を見るのと、両方やってごらんと言われ、やってみる。J坊いわく、フルプライマリーはアパナ的な浄化排泄治癒的プラクティスだから、エネルギーが上方へ向かいすぎないようバランスをとってみるのも面白いんじゃない?と提案された。確かに、アゴつき出してつま先見るとプラーナ的アッパーな流れになるし、アゴひいて正面向くとアパナ的にグラウンディングどっしりしてくる。話はどんどん脱線して、下犬や前屈でも、両極の極端なトコロをまず体験して、それからエネルギーの流れを整えるよう、その両極の間でバランスを自分でとってみるのも大切・・・と、指導というよりは、ヨガ友のおしゃべりみたいで、なんか面白かった。

プライマリーがアパナ的なプラクティスだとしたら、セカンドはプラナ的ってことだよね?では、サードはどうなんだろう? と尋ねたら
立ち去りながら小声で、あれはデモンストレーションだから・・・と、グルジの小話みたいなことを言っていた。

最後のバックベンドシーケンスは、「よし!パイクハンドスタンド!」と嬉々として指導されるも、なかなか持ち上がらず、ついついジャンプっぽく勢いをつけてしまい都度注意の嵐。、「足を上げよう」という目的に意識を向けるのではなく、あせらず、辛抱強く、自分のパワーを信じて足が上がるのを待つ・・・あ、これはある意味ココロの修行だな、って思った。でも、足が短いから絶対できる!のお墨付き(笑)なので、あながち無謀なチャレンジとは思ってないあるよ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/666-070b6b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。