HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

そうしてオバサンは地下の穴倉で怪しく自己練習するのである  

今年に入ってからベジごはんランチやさんを神保町で始めた。最初はゲリラ的に、隠れ家的に、ひっそりと週3くらいで。ありがたいことに、いつのまにか口コミでお客さんが増え始め、堅気に月から金まで平日毎日の営業を開始して半年が経つ。

「高カロリー・低価格」のがっつりランチが主流をしめる神保町で、ヘルシーな鎌倉野菜のビーガンランチを、わざわざ食べにくる酔狂なヒトがいるなんて、意外だった。しかも若いOLさんだけじゃなくて、普通のサラリーマンや男性陣が、ワシワシとテンコモリの野菜料理を食べる姿に、いたく感動。

対面のカウンターで食を通して人と接していると、毎日毎日感謝の気持ちで胸がジーン。単純だけど。「ありがとう」なんて、それは私の台詞なんですが~、といつも思う。最近ハートが開いているのは、「おいしい、おいしい」って笑顔で食べてくれるお客さんたちのおかげなのかな。きっとそうなんだろうな。

しかしながらたった一人で切り盛りするランチサービスは、やはりかなりの肉体労働だ。買出し、仕込み、運搬、開店準備、営業、片づけ、清掃・・・始終重いものを運び、8時間以上の立ち仕事なので、全身がガタピシしてくるのもいたしかたない。ババァの老体に突然の肉体労働。腰まわりはもちろん、腕から肩にかけての負担が大きく、かなり酷く辛い毎日だ。

そして更に追い討ちをかけるように、6月に入り以前患った頚椎ヘルニアの症状が再発。ヨガの練習は毎日続けてはいるが、ここ1年間はずっと同じハーフセカンドなので、慣れないポーズで身体を痛めたというわけではなさそうだ。前回は右腕の神経がやられてしまったが、今回は左腕・・・。利き腕なので日々の生活にも支障が出て、うーむ、ちょっとブルーではある。

ランチ業の優先順位が高い現在、ヨガの練習は「お仕事」に支障が出ないように、「お仕事」を快適にこなすためのツール、といった意味合いが強くなってきた。年中寝不足のせいか、時たま寝坊して朝練をサボることがあるが、練習しないと労働後の疲労が大きいので、可能な限り極力ヨガることにはしている。

そして疲労が溜まっているときは、アシュタンガヨガのシーケンスに忠実な練習は、きっぱりと放棄している。「アシュタンガやりますか?それともなにもやりませんか?」というOne way or the other的な二者択一な思考回路は、もう卒業。「やりたいことができないから、やること自体を放棄する」のではなく、「ラジオ体操であろうと、できることをやる」っていう、それだけの事だ。超理想主義だった昔の私には、それが理解不能だったようではあるのだが。

アシュタンガの、肩や腕に負担をかける要素の多いビンヤサは、やったとしてもモディフィケーションに留まる。特にヘルニアによる腕の痺れと麻痺がある日には、チャトランガすらホールドできない。そこを無理して神経を痛めても、症状が長引くだけなのは経験済みなので、しゃくとりむしのポーズで代替したり、ジャンプバック&スルーもステップで床を踏みしめるようにしたりとか。代替とはいえ、決して亜流だとか、グレードが低いとか、そんなことはまったくなく、別の感覚が生まれてくるのは新鮮な驚きだ。

最近頻繁にやっているのは、仕事上負担のかかりやすい背骨全体を整えるバックベンド系と、動きの基盤となる股関節ワーク中心、いわゆる「気持ちよい」ポーズを積極的に行っている。どんなポーズであれ動きであれ、全てにおいて共通するのは、身体の内部のスペースを広げるよう意識しているということ。内から外へのベクトルでポーズをとる。一番外側の薄っぺらな外套の部分だけで、カタチだけのポーズを「模倣」する練習はしない。内部から生起しないポーズは、単なる体操だ。今の自分に疲労の元となる体操は必要ない。それだけの単純なこと。

ヨガの効用を鑑みた場合、アシュタンガヨガの練習自体に「?」と首をかしげるのは、まっとうな反応なのかな、とよく感じる。許す、赦す、緩める、開く、手放す、開放する、解放する、安らぐ、癒す・・・そういったヨガのセラピー効果を、ガシガシとワッセワッセと鼻息荒くビンヤサビンヤサまたビンヤサで汗だくになって、身体はどんどんマッチョになって、しまいには逆立ちしてチクタクしてグルンと後屈して足首つかむ超インテンスな肉体派アクティビティと、どう結びつけたらよいのか?私は現在、この迷いの只中にいて、それが結構おもしろい。

アシュタンガのシーケンスで練習するにせよ、自分のシーケンスで練習するにせよ、最近はランチやってるお店のフロアで、開店準備前に自己練習。お店は地下の穴倉なので、電気を消して練習すると、けっこう怪しいながらも凛とした空気があって、自宅でやるよりずっと集中できる。そしてなにより他者の目を意識しない分、本来の自分をキチンと捕らえなおせるのが良い。おかげで、ちょっとだけど、肩の痛みも軽減し、背骨の調子がすこぶるよい。

以前はスタジオ以外での練習なんて、デキナイ!と思っていたし、実際できなかったのだが、気がついたら独りでもちゃんと練習できる自分を発見した。そうか、独り練習の質はスタジオ練とは異なるのだ、ということを「認める」ところが、自分の足でちゃんと自立するスタートラインなのだな、と思った。特に「スタジオ練の質が、自分のデフォルト」としてインプットされている場合は、その壁をガラガラと一旦崩す必要もあり、ここで自分の執着とどう折り合いをつけるか、というヨガ的課題も出てくるのが感慨深い。

他の誰でもない、自分のために行う練習。それは、指導者や他の生徒さん達からの「認識」を意識するような自己顕示欲を満たす部分が微塵もない世界だ。大体においてヨガは発表会や展示会のないお稽古事だから、成果を確信したい気持ちが常に私たちの中に潜んでいる。ポーズの写真や動画を撮ったり、ブログを書いたり・・・そこまで分かりやすく自己顕示欲を開示せずとも、スタジオ練でこれみよがしのパフォーマンスをしたり、スタジオを離れた場所でヨガ友にポーズを見せたり、自分のヨガクラスでポーズの見本をデモったり・・・誰もがやる「ワタクシ・オン・ザ・ステージ」の瞬間。周囲は「あーあ」と辟易するのだが、やってる本人の集中度合いはかなりのもので、結果的に「普段以上の出来栄え」となるあたり、更にエゴがくすぐられる寸法となっている。スタジオ練というのは同じメカニズムで「他者の存在」の力をちゃっかり借りてるんじゃないかな、とか思う。

そういった「周囲の力」を一切借りず、自分だけで行う練習は、もちろんパフォーマンス面では「期待値」以下だろう。こんなはずじゃない!と何度も首をかしげることだろう。スタジオではもっと深くできたのに・・・、スタジオではもっと集中力があったのに・・・、なぜ家ではできないんだろう・・・?云々。Well...Welcome to the real world! 真実の世界へようこそ!それが、本来の自分の練習なのだ。要はそれを認められるか否か、ってことだよ、ベイビー。

すなわち、自分をどこまで受容できるか、自分にどこまで規律を保てるか、そしてなにより、どれだけ自分が「この練習」を信じているのか、その向き合う心自体が試されるようなもので、嘘や誤魔化しができない世界だ。仮に取り繕うとしたら、それは自分自身に向かう冒涜のようなもので、せっかくヨガをやっているのに一通を逆行するような暴挙というか、ま、それはそれでアナーキーでカッコいいとは思いますけど。

んなわけで、こうしてオバサンは地下の穴倉で怪しく自己練習するのであるが、なんかもうそれは、アシュタンガヨガとはいいがたい代物で。元ハードコアなアシュタンギを自称していた超理想主義の私としては、いろんな壁がガラガラと崩れ始めた昨今を感慨深く、ただただ見つめるのみ。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

Re: そうしてオバサンは地下の穴倉で怪しく自己練習するのである

真実の世界へようこそ!(笑)
『ガラガラと崩れ落ちる壁』って虚構だったりするワケで。
結局、無くても困らないものだったりするから
むしろ見晴らし風通しが良くなってイイかもよ。

私も最近の練習の半分がハタヨガ状態なんだけどさ
「とりあえず」でも「適当」でも「アシュタンガヨガとはいいがたい代物」でも
「アサナが出来るようになる」って言うご褒美が無くったって・・とにかく続けてさえいれば
いつか「私たちは何故ヨガをするのか」の答えが見つかるかもしれない。
(・・ってか、そう思わなきゃやってられないよ~。)

URL | Makity #6LtesTeA
2010/08/12 17:05 | edit

Makity姐さん

はい、やって参りました「真実の世界」へ!

子供の頃から感じてた
なにとりつくろってんだろー?
なんでこんなにガチガチの鎧を着込まなきゃなんないんだろー?
っていう違和感は、結局自分のエゴさんのお仕事だったんですよねー。

ヨガを始めて、そういう余分なものがどんどん取り除かれていくのかと思いきや、私のような煩悩の塊は、反対に「ヨガ的であろう」と、ヘンテコなお洋服を沢山着込むようになっちゃってた。

とりあえずは、壁を作っちゃー壊し、作っちゃー壊し、の積み木ゲームに興じてみます^^

いつもありがとねー、先輩!

URL | Miwa2 #-
2010/09/03 09:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/519-0a948d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。