HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リハビリ練・パート78  

人生2度目の鎖骨パッキン。それでも普通にスタジオへ行く。動いてみなきゃ分かんないことって、結構あるから、とりあえず練習はしてみる。

ふむふむ、肩を内側へ回すと、飛び出ちゃった鎖骨の先端にプレッシャーがかかって、げげー、超痛い。この状態では重心は、とてもかけられない。でも、肩を外側へ開くようにしていれば、重心をかけても結構平気。しかし肩をうんと外側へ回すと、また違った違和感がでてくるから不思議。

首の後ろに脚をかけるポーズは、別名脚を首で押すポーズなので、ここは相当首に頑張ってもらわないと、鎖骨側が負けてしまう。エカパダはまだしも、ドヴェィパダBはさすがに激痛走ってリタイヤ。だけどヨガニドラサナは重力を味方に、結構気持ちよかった。

チャトランガは胸を開いて、猫背にならず、肘直角・・・と教科書っぽくならざるを得なくなり。ピンチャもカランダも同様、超優等生的アライメントで、身体への負担を最小限にとどめつつも、最大の効果を得るやりかたになってくる。

さすがにマユラーサナは・・・どう見ても、現在の症状上もっとも危険な遊戯ポーズだ(笑)とりあえずトライはしてみたが、がーっ!イデー!と、即落下。

バックベンドも、実は意外と肩関節回すし、鎖骨が内に向かいやすいこと発見。これは痛い。ドロップバックも、ドスンと落ちたら相当の衝撃だよなー、と躊躇してたら、蔵っちサポートしてくれたよ、いい人だー。

とりあえず負傷後初めての練習だから、ぶっ飛ばしすぎて燃え尽きても阿呆だし。このくらいの様子見的な練習で十分。というか、このコンディションにもかかわらず、凹まずに練習できた自分がエライ。そしてなによりも、「今の自分ができる範囲での練習」をさせてくれる環境に感謝しとかなきゃ。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/495-395fc45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。