FC2ブログ

HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いまさらながらのマリーチD  

アシュタンガヨガを始めて一番最初にぶち当たった壁は
マリーチアーサナのCとDだった。


胴長
太くて短い四肢
脂肪タップリの腹回り

という三重苦抱えて
エッチラオッチラやるマリーチC&Dは
苦行以外のなにものでもなく

こんな無理な姿勢で
ゼイハァ言ってヒーコラするのが
果たしてヨガなのか?


と、非常にアグレッシブに疑問を周囲に叩きつけていた覚えがある(笑)

あー、もー、デキナイ!デキナイ!
こんなに人の体型を選ぶポーズなんてフェアじゃない!

ねじりのポーズなのに
細くて手足が長ければ
ねじりが深くなくても
かんたんにできちゃう
それって不公平じゃない?


と、あまりにしょっちゅうギャーギャー騒いでたからか

え?こんな簡単なことが、なんでできないの?
と驚愕されたり

プッ・・・それじゃぁ、できないでしょ?
と侮蔑されたり

グチャグチャ言わず、痩せればいいじゃん?
と諭されたり

カラダじゃなくてココロが固いんじゃないの?
と「いわゆるヨガっぽい」説教されたり(笑)

エトセトラ、エトセトラ。




・・・ま、その頃は
ナニ言われても腹が立つ時期だったから
どんな周囲のご意見アドバイスも
ロバに念仏、豚に真珠、のれんに腕押しで
ちっとも有効活用できなかった。

簡単に超えられない壁にぶつかったとき
結局問題は自分なんだよな
ということは解っていたはずなのに

その肝心な自分自身が

「ココに留まってギャーギャー愚痴ってる不幸な状態」

を選択していたみたいで
なかなかそこから抜け出せなかった。

できるわけないじゃん、私デブだもん。
このヒガミこそが当時の私のレーゾンデトワールだった

と、今なら冷静に振りかえることができる(笑)




はてさて





ガチゴチとかたくなな精神性を持ちあわせていようと
タップリムチムチの肉体を抱えていようと
それでも毎日毎日飽きもせず練習していると
大抵のポーズはできるようになるらしい。

一生できないはずだったマリーチDは
2年半かかって、ようやく自分ひとりで指先が触るようになった。
3年半かかって、自分ひとりで手首がつかめるようになった・・・
・・・なんと、これが今週のこと。

ポーズの進歩具合を、他人と比較するのは意味ないけど
多分ここまで時間かかる人って少数派なんだろうな、と思いながら。

どれだけ馬鹿にされようと、笑われようと、憐憫されようと
周囲はそんなこた思っちゃねーよ、とひとりツッコミしながらも
とりあえずは真摯に自分の現実と向き合って練習する。
言い訳や逃げ道を作ってる自分をも、ちゃんと受け入れてあげる。
そして、ゆっくりと、自分に必用な時間をかけて
氷が少しずつ溶けていくように
カラダとココロの自然な変化に委ねる。
気がつくと、そのポーズが「あれ?」ってカンジで
スンナリと自分にパチンとはまってくる。
多分そのころにはガジガジのココロも溶けている。

体型的に不利な人ならではの変容のプロセス。
これぞヨガの醍醐味であって
フィジカルなエクササイズの楽しみとはまったく別のもの。

今まであれほど嫌悪していた自分自身の体型が
やっと愛おしいものに感じられるようになってきたのは本当に最近。




デブにも関わらずアシュタンガヨガを始めてしまい
時間をかけてマリーチDができるようになったから
ゆがんだ自己イメージを整えることができて
それに伴う摂食障害も治りました!



単純に書くと、こういうこと?

・・・なんか、深みにかけるなぁ。





スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

コメント

えー。わたくしも、太めで、マリーチDもできるようになったのですが。
アシュタンガヨガの実践で食生活における変化は、特になく。
昨日はロールケーキ1本食いました(笑)<--バカ

URL | mayuge #-
2008/11/07 22:53 | edit

マリーチCとD

MiwaMiwaさん、初めまして。いつも読ませていただいています。

ぼくはアシュタンガ1年半になりますが、マリーチCの左への捻り(左足を曲げる)が未だに出来ません。
右への捻りもようやく指数本が繋げる程度です。

体型的には普通の体なのですが、内臓が他の人より硬いようなため、捻ることが苦手です。

なので当然マリーチDはただマリーチBで少し捻る程度だけしか出来ません。

一応レッドクラスでフルプライマリーを練習していますが、マイソールクラスならハーフで止められるでしょう。

「出来ない、出来ない」と思いつつ、軽々とこなしている人たちを見てげんなりしながらやってきましたが、ずっと教わっている先生からは「始めた頃と比べたら随分練習が深くなってきているのだから、根気強く続けて」と励まされています。

ぼくも「マリーチDは一生無理だろうなぁ」と思っていますが、MiwaMiwaさんの数年かけて出来るようになったというのを目にして、めげずに無理の無い範囲で頑張ろうと思います。

URL | Yogijun #A5De6YjY
2008/11/08 11:23 | edit

Mayugeさん

ははははー^^
それはきっと修行が足りないのではないかと?

もしくは
基盤となるべき、深くて重~いルサンチマンに欠けているか

もしくは
腕が長いから「わー、マリーチ不可能!できない~!」を経ていないからか


もしくは
まゆちゃんにとっては、マリーチではなくスプタクルマなのかもしれない・・・なのか

もしくは
もうすでに悟っている状態だからか


神のみぞ知る、ってことで。

でもロールケーキ1本は、チャレンジャーやね。



URL | MiwaMiwa #-
2008/11/08 22:06 | edit

Yogijunさん

メッセージありがとうございます。

男子はマリーチ苦手派多いですね。

捻りそのものよりも、肩周りの硬さ・・・大抵が鍛えられた筋肉によるもの?・・・が要因な方が多いですね。

内臓が硬い・・・というのが、ちょっと想像できないのですが、

「○○○だからデキナイ」を自分の中で言い訳にしている限りは、きっとずっとデキナイ!

私は本当にこの傾向が強く、だから、肉体的はもとより、精神的にとーーーーーっても進歩が遅いです^^

アシュタンガだけに限らず、習い事ってだいたい3年くらいが目安、というか、そのくらいの期間の練習は単なる土台つくり、そこからがスタートラインなんじゃないかな?なんて気が最近しています。

1年2年で「できない」「一生できない」という結論を出しちゃったら、その先進めないですもん。

結果よりもその過程を味わうことにフォーカスしていくと、結構あっという間ですよ。

ゴールにばかり執着せず、自身の変化を大切にする・・多分こちらのほうが、ずっと大事なのではないかなー?と。

そういった意味で、早い時期にポーズでつまづくと、色んな葛藤や気づきが生まれてきます。これはラッキーなことです。お互いに感謝しましょう^^


URL | MiwaMiwa #-
2008/11/08 22:23 | edit

MiwaMiwaさん

なるほど、腕を膝に巻きつけるのが大変なのは確かに肩の筋肉が邪魔しているというのも原因かもしれません。

元々身長の割には肩幅があるほうですし、若い頃水泳やっていたので、肩の筋肉はかなりあるみたいです。

「内臓が硬い」と言う表現は、思いつきなのですが、右側の捻りで両手が繋げると、内臓が悲鳴上げているのが分かります。今までの人生でそういう捻りをしていないから、ビックリしているんでしょうね。

ぼくは「駄目だなー」と思うたびにMiwaMiwaさんの昔の日記を読ませてもらっています。そうすると「まあ明日も練習するか、それしかないもんね」って思うことが出来ます(すいません、変な使い方してしまって)。

そうですね、右への捻りも最初は「一生無理かも」と思っていたのが出来るようになったのだから、いつか左、そしてDも出来るようになると信じて地道に練習します。

URL | Yogijun #A5De6YjY
2008/11/09 13:04 | edit

Yogijunさん

単純にねじれないのか、肩が回らず腕が巻きつけられないのか、Dだったらロータス組んでるほうの股関節が開いてないのか、あせる気持ちで緊張してしまうのか、デデキッコナイという思い込みで頑なになっているのか・・・いろいろな要因が重なっているんじゃないかな?と推測します。

どこか一箇所だけを劇的にバーンと改善する、のではなく、少しづつ全体を整えていく(肉体面も精神面も共に)・・・のがヨガなんだと、個人的にそう思います。

練習あるのみ、っていうのは、ただガムシャラに「それ」にだけフォーカスするのではなくて、「それ」をとりまくモロモロと一緒に、ちょっとづつ成長していくことの大切さを表しているのではないでしょうか?

なんかうまく表現できなくて、ごめんなさい。
でも、私の日記が少しでも励みになれば、これ幸いです^^
お互いに精進しましょう~!




URL | MiwaMiwa #-
2008/11/11 22:37 | edit

励みになりました!!

はじめまして^ ^
アリーチアーサナのポーズが同じくとれず、強烈な壁にぶち当たっていたところでした。

3年半かけてやり続けたことに感銘しました>_<
自分も全く同じ状態だったので安心したというか、忍耐強く続ければ良いのだと分かりました。

途中のヨガならではの説教も笑いました。あるあるって

動画見ても手足が長い人は楽々出来るし、同じく不公平さを感じたので(笑)自分だけそう思ったんじゃないってホッとしました。

記事を読めて本堂に良かったです^ ^
ありがとうございました!!

URL | しん #-
2016/11/25 10:18 | edit

Re: 励みになりました!!

こんな私でも他の誰かの励みになるなんて。。。。逆にありがとう!です。

URL | Miwa2 #-
2018/01/27 23:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/302-49b9fe1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。