HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジャンプスルー  

先週の木曜日に初めてジャンプスルーできた。



ズルしてバンダを使わずに、ササッっと、まっすぐにした脚を床すれすれにくぐらせる、オンナノコジャンプスルーじゃなくて

とりあえずケツ上げてジャンプした後、腕力で自重を持ちこたえ→足クロスして→一瞬ロラーサナになってから、脚を伸ばして床着地、のオトコノコジャンプスルーでもなくて

ちゃんとお尻上げてジャンプして、肩に重心乗せてから、脚をまっすぐにしたまま空中で前屈状態になって、両手の間をくぐらせ、ダンダサナ状態で一瞬浮いてから着地、の正しいジャンプスルー。


Petri-Raisanen-Jump-Through.jpg



ちょっとやそっとのデブじゃない私は、そのゴツイ肉体と、ちょっとばかりの腕力に物いわせて、案の定これまでずっとオトコノコジャンプスルーをやってた(ヤッパシ!)

これはちょっとコツを掴むと結構楽チンなワリに、見た目はフンワリしててカッコイイ、というのが理由だ(基本エエカッコシイの見栄っ張り)





昨年インドのマイソールで、マイソール・マンダラというSheshadriのシャラで練習していたときに、「ジャンプスルーでは足を伸ばしてやりなさい」と言われたけど、それ以外は誰からもなにも言われず、ずっとずっと足をクロスしてやってきた。

マシューの本にも、「まずは足をクロスしてロラーサナになってから着地」という方法で初心者は鍛錬をつむべし、「足を伸ばすジャンプスルー」は、それができてからのハナシ、とあり、これに私は深ーく同意していた。

なんといっても、私がアシュタンガにはまったのは、そのビンヤサのフワンとした無重力な感じ、つまりアームバランス・ハンドスタンド・バンダ・バランスポイント・吸う息と吐く息の間の空間・・・という世界観だったわけで(笑)、一応フィジカルな目標としては

ふわんとケツ浮かす

であり、この足クロスのジャンプスルーは、そこへ至る絶好の鍛錬だったのだ。





この観点からすると、周囲のオンナノコジャンプスルーが、まったく無意味な「とりあえず無難に流す」だけのものにしか見えず(つか、ドリスティは、キミ?)
「それは、違う!ああいうやりかたで誤魔化してたら絶対進化しない!」と、意固地に反発していたという、ヤなヤツだったという、それだけのハナシでもあるのだが。






実は2ヶ月くらい前に一度だけ先生に「これからは足を伸ばしてジャンプスルーやって」と言われたけど、できたのは数回だけで、その後ぜんぜんできなくて、メンドイからそれきりやらなくなってた。別にそれだからどうだ、と言われることもなかったし。先生だって、いちいち自分の言ったこと覚えてないだろうし。何十回と繰り返すビンヤサは、慣れたやり方のほうが楽だし。ま、いっか、で誤魔化して、足クロスのジャンプスルーに安住。



そしたら突然、先週の木曜日にサクサクと気持ちよく練習してたら、「なんで足まっすぐにしてやらないの?」と聞かれ、ちょっとだけハッとした。言い訳以外の返答ができなかった(クソー)


先生:「はい、足伸ばしてやってみて」
私:ヨイショ、ヒュン、ドッスン(ケツ落下)

先生:「ドスンじゃなくて、コントロールして。もいっかい」
私:ヨイショ・あ、いけね、足クロスしちゃった、あわてて伸ばして、ドッスン

先生:「なんで足クロスするの?もいっかい」
私:ヨイショ・ヒュン・思いっきりドッスン!!!!

先生:「最後ちゃんと手で自分を支えてから、降りる」
私:ヨイショ・ズズッ、あ、足先ひっかかった、イテテ

先生、気がつくと立ち去ってる。
私、なんか、楽しい(笑)


うまくできないんだけど、でもなんか、コツがつかめてきたのよねー
肩に重心乗せるタイミングとか、角度とか、勢いとか、呼吸とか、バンダの入れ具合とか・・・。
などど言いつつ、この日はずっとジャンプスルーの度に足伸ばしてやっては

お、できた!

あらん、ズルルー

あ、またできた

えーん、勢いあまって、ドッスン

と、飽きないこと、飽きないこと・・・

気がついたら、ほぼマスターしてました、ヤリー!






先生はそれ以降、なにひとつ口を出さない。


私がやろうとやるまいと、できようとできまいと
これはあくまで私の練習であって
先生に見てもらうとか
他人に評価してもらうためにやってるんじゃない

ということを暗に伝えてくれてるのかもしれない。



できたからエライとか
できないからダメだとか

そんな次元で練習しているわけじゃない。



ただ、やる
そして、それを繰り返す

ってだけの単純なこと。



そしてその単純なことが
どれだけ大事なことか

そこに気づくということ。




先生に言われるでもなく
自分の行為や体験を通して
身をもって知る、ということ。

それが練習ってやつ。





最近ホラずっと、難関カポタで沈没してて、少なくともここ1年くらいは「ここ」でウンショウンショと留まるんだろうな、と、「わかっちゃいるけど結構ブルー」状態だったけど、こういうちょっとしたBreak throughがあると、張り合いがでてくる。ま、単純といっちゃ単純。



んじゃ、次はジャンプバックね^^




スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/286-3a200aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。