HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

さて、今日も  

最近ハイテンション気味である。
いわゆる躁状態というやつだ。

ただでさえ睡眠時間が少ない生活パターンなのに
ベッドに入っても、目はランラン。
ほとんど寝ずとも、やたらと元気。

こーゆー時は、ある事ないこと
ダダダダダーっと大げさにして
有り余るエネルギーを消費しようと
なんとも無駄なことやっている模様。

昨日の日記を読み返して
あららららー、と、ちょっと苦笑。
迸る欲情に任せるがままに垂れ流し
まるで思春期のすっぱいパンツみたいです。

自分自身のの問題を目の当たりにして
キチンとまともに対応しきれず
とりあえずは安易に外部へ八つ当たりして
うわーっと発散・・・ああ、幼稚だ。

昨日の日記だけ読んだらきっと
なんてヒドイ先生だ!と誤解されそう。

ヤバイ、反省。
あれは、私の脳内劇場です。

実際は、非常に生徒のコンディションを気遣って
必要以上に無理をさせないこと徹底してる先生です。




反省をこめて、下記、書き直し。

アジャストは本来、生徒の練習を深める手助けであるべきなのに、
できないポーズの完成型へスポーンとショートカットで連れてってくれる
そんな魔法使いサリーちゃんを期待している愚かな自分がいることに気づいた。

今の私にとって、カポタは辛い、痛い。
精神的にも、肉体的にも、まだまだ準備ができていない。
今は、まさにその準備中の過程、真っ最中なのだ。
なのに私は、それが気に入らないらしい。

だから、アジャストを受けるたびに
「今日こそイキナリ完成型できちゃってヤリー!」
みたいなミラクルを期待して、それが適わないと
「それをするのが先生なんじゃないすかー?」
と、不貞腐れているという現状・・・恥かしい。

自分の「可能性を広げる」ことへの過剰な期待によって
自身の現状を無視した「無謀をカマしてる」のは、私だ。

昨日のアジャストの最中に
私は自分で自分のカラダを壊そうとしている?そんな恐怖に襲われた。

それは、先生の意思じゃない、私自身だ。
私は「私の練習」をしているだけに過ぎない。
もっとも愚かで軽薄でミットモナイやりかたで。


大事なところをすっ飛ばしちゃって、イキナリ完成型を目指してたのは私だ。

自分の現状を直視せずに、ポーズだけを先へ先へと急いでいたバカ者は私だ。

カラダがそこまで開いていないにも関わらず、
一気にカカトまで手を持っていこうなんて
極端で無謀で無理なことやろうとしていた私自身こそが
間違っている、オカシイ!

といった、自身に向けるべき批判を、
そのまんま先生に八つ当たりしてしまいました。
最低ですね、ごめんなさい。

あーあ、私の業は深いね(ちょっと意味不明)




エゴのためにリスクを背負うのは、もうやめよう。
ちゃんと自分のカラダを大事にして
一気にショートカットではなくて
コツコツと段階追って、少しずつカラダを開いていこう。



っていう自覚を持っての、今日の練習。

カポタのアジャストも受けた。

全然できなかった。

でも、それでいいと思った。



いまは、ここ。

何回も自分に言い聞かせる言葉。

さて、今日も。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/282-f03fe508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。