HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

life goes on  

4月の始まりに弟が急逝した。

東京のど真ん中で会社に属せず自らの信ずる道を歩み、しっかりものの奥さんに支えられ、小さな二人の娘を溺愛し、山アリ谷アリの人生の真っ只中、心身共に至って健康、むしろ若々しさが自慢の40代半ば。人というのは、こんなに急に、こんなにあっけなく、何の前触れもなく、ある日突然に、いなくなってしまうものなのか、と愕然。

早くに父を失い、3年前に母を看取り、事故で弟が逝き、家族全員がいなくなってしまった現在、絶望的な喪失感と、それでもここに生きる自分自身の奇跡、世界や宇宙や意識の不思議に翻弄されながらも、私がすべきことは「それでも闇から光の方向へ歩いていくこと」なんだろうな、と漠然と感じている。



時を同じくして、主人が20年住んでいた日本を離れアイルランドへと発った。

彼が50代の半ばを迎え、これからの人生の終焉をどのように生きるかを熟考した上での決断。それに異議はないけれど、人生の伴侶として共に生きる身としては、知らない外国での生活はあまり乗り気ではなかったのは確か。

正直なところ、現在の仕事を理由に日本に留まっちゃおうかな、と密かに企んでもいたのだけど、こうして弟の突然死を目の当たりにすると、私達はいつ何時何が起こるか判らないし、「また今度」とか、「機会があったら」なんて、二度と来ないんだという前提で“いま”を生きていかなちゃ、って痛感するしかなくて-だって、それが人生における最大の真実ですから- 結果として、やはりちゃんと主人について行こうと、素直にそう思うようになった。



一方で、私個人的な問題が2点浮上してきた。

ひとつは、なんと、この私が心身症とやらになってしまった。しかもその要因が「仕事環境」という、20年も外資企業の過酷な環境でガッツガツ働いてきた身としては、情けないやら、申し訳ないやら、理性やロジックの部分では到底受け入れがたい現実にガツーンである。

もうひとつは、昨年末あたりからジワジワと肩の調子が悪くなり、スポーツ整形外科で診断を受け、理学療法と東洋療法のリハビリを続けてきたのだけど一向に改善されず。普通50代中年女性なら、痛みのコントロールをしつつ身体に負担をかけない生活を送れればOKとされるけど、私個人的見解が「ゴメン、あと10年はヨガやりたいんですよねー、しかもガッツリと」とアスリート魂全開なため(だからスポーツ整形外科なの)、手術という選択肢も視野に入れ始めている最中。



ところで、このブログはヨガブログであった。

1月からお休みしているアシュタンガの練習は、肩を安静にさせることが第一の理由だったのだけど、4か月休んでも悪化する一方ならば、痛まないやり方を模索しながら練習復帰してもいいんじゃない?と、ふと思い、ちょうどGW中のお休みを利用してリハビリ練習を再開してみた。

身体は思うようには動かないけれど、1/4プライマリーをじんわりやるだけで、バンダちゃんがみるみる活性化していくのが実感できて、面白かった。ポーズを獲得する練習というよりは、バンダちゃん養成練習みたいなかんじで、しばらくゆるゆると続けてみることにする。


ま、全てこの世はこともなし Life goes on anyway.

IMG_0096.jpg


スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2016/05/05 23:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1317-2a83826c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。