HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヨガのいらない人生  

年明けとともに、また新しい職場で新たな業務が始まり、なんだかんだいって自分はサラリーマンであることにある種の居心地の良さを感じているのだな、と苦笑しながら、相も変わらず横須賀線に乗って長距離通勤をしております。

IMG_0134bbb.jpg



前回の勤務先から業界を路線変更したのだけど、その延長線上で以前から興味のあった部署での仕事が紹介され「おお、そう来るのか!」と、膝をポーンと打ったり。

ダンナさんとのイギリス行きも、健康上の理由でちょっとだけ延長になって、物事はホント面白い展開をしてゆくのだなぁ、と感服しきり。

自分の意志や意図ではどうしようもない事柄が、歳をとるにつれどんどん増えてゆくけれど、いまよりもっと自由だった若かりしときよりも、現在の方がずっと楽チンに生きてるような気がします。

時間も、お金も、環境も、身体も、関係性も、なにひとつ思うようにはならないけれど、「それらを自分の不幸の理由づけにする必要はないよね」っていうか、「だって大切なのはそんな些細なことじゃないじゃん」と、本能レベルで腑に落ちてるのかな。

昨年末から頸椎ヘルニアの症状が強くなってきたため、アシュタンガヨガのフルプラクティスは、まるっとお休みしているけれど、特に不満もなく、どちらかというと満ち足りた気持ちで、日々を過ごしています。

毎朝のヨガアサナの練習が必要じゃないくらい幸せ度合いが高い理由のひとつに、ビーガンとかベジタリアンとかの偏食を止めた・・・というのもある。栄養素が充分ゆきわたっていればニンゲン結構ハッピーでいられるものなんだ、と痛感。



あ、いまの私って、ヨガがいらいない人生なんだ

No Yoga No Life なんてことは、決してなくて

Life is Yoga なんて、あえて声高に言う必要もナシ



むしろ、ここで、アシュタンガヨガのアサナを追っかけるような練習は終わりにする時なのかなと、静かにそんなことを思っていたりもします。

もちろん、まるっとヨガやアシュタンガを止めるワケではなくて、やり方というか姿勢を変えて、これから老年期を迎える自分自身が、より豊かに幸せに生きていく上でのサポートとなるような位置づけであれば充分じゃない?


いまのこの気持ちも、明日目が覚めたら、また変わるのかもしれないけれど。

それはそれで、またワクワクと楽しめば、よいのかな、と。

ま、そんなとこ。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1314-1151fa6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。