HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おおそうじ  

12月の後半は有給消化でのんびり過ごし、久々に「おしりを気にしなくてよい」練習を再開。

身体全体に染み渡るように、やわらかなエネルギーを一呼吸ごとに充電していくような、自己ヒーリングっぽい感覚のプラクティス。心のありようで身体の状態なんて(ましてやアシュタンガヨガの練習なんて)ガラリと様変わりするものだとは判っていても、ここまで自分自身の中に、暖かでやわらかいパワーが源泉のように湧き上がってくるのを感じるのは、ちょっとした驚きでもあった。

あれだけシンドくて辛くて肉体的限界マックスで心が折れまくっていた、あのポーズやこの動きetc それらに対してとっても冷静に静謐に対峙する余裕が生まれていた。すごいなぁ、人間のパワーって。

アシュタンガヨガだけに限らず、ひとつの世界にどっぷりはまっていると、視野は当然狭くなる。その世界だけで通用する価値観に疑問を持たなくなり、“ワタシタチ“という内々での共通言語に寄り掛かった物事の捉え方に支配されていく。私自身がそうだったし、そういう人達を沢山目撃してきたけれど、いまの私にとってそれは要らないんだ、と、久々の開放感あふれるプラクティスの中、そんなことを感じていた。

「私の身体は固い」と、そう信じている沢山のアシュタンギ。エゴの指令で心と身体をコントロールしすぎて、ニンゲン本来の自然な柔らかさやパワーを失ってしまった、ギクシャクとした身体と動き。まぎれもなく、それは私であったし、私を取りかこむ小さな世界での“アタリマエ“みたいなもので。だけど、いまの自分が行っている「アシュタンガヨガのシーケンス」の練習の只中で、その固さがユルユルと解けていく体験を目の当たりにして、なんかちょっと気が抜けちゃった。

人間ってスゴイよなぁ、からだ全体がそのまんまで、まるっと自然そのもので、パワーと柔らかさに満ち満ちている。赦せばいくらでもやわらかくなるし、委ねればものすごいパワーを生み出す。

IMG_0092.jpg



なんてことをね、ぼんやり感じながら、ゆったりと毎日2時間ちかく練習する、至福の時を味わわせていただいた年末の2週間。こころとからだのおおそうじをして、風通しが随分と良くなったような、そんな気がしております。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1313-a239cd06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。