HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミステリアス ウルドゥヴァ ククターサナ  

私は普通に筋力や腕力でヨガのポーズを征服しようとする、典型的な「粗雑な次元=グロスボディ」の練習生です。

目に見える物質的な筋肉を意思の力で意図的にコントロールすることで、しかるべき目標(=ポーズのカタチ)へ向かっています。

物質的に不可能と思われる部位があれば、その改善や向上を目指し、意識的にフォーカスし働きかけることも厭いません。

もちろん、これらは執着です。だけど、そこには否定ではなく愛がありますが。

自分の肉体にしっかりと棲んでいないような、ヘンテコな違和感を抱えて生きてきた自分が、このままならない肉体を使って「アサナ」と呼ばれる練習をするために、まずは非常に粗雑で物質的な次元で、限りなく意図的に、一種の執着をもって、アーサナ・ジャンキーとなる覚悟は、アシュタンガヨガDay1から、そこにありました。

ジョンスコットやメイちゃんのように、しなやかに、軽々と、繊細な次元で、肉体を操ることを、(それをステキだと思いこそはすれ)この自分が行おうとは、思いませんでした。なぜならば、それ以前に、私は、この肉体を手懐ける必要があったからです。

「ヨガはアサナだけではない」という言葉を自分に言い聞かせることで、弱い心を慰めることはできても、単なる言い訳としての免罪符にはしたくなかったので、あえて「まずはアサナありき」と自身の立ち位置はブレないように心掛けています。

10年経った現在も、ガッツリと筋力と意思の力を使って、ガサツに荒々しくゼイハア言って、「なんでこんなコトやってるんだー?」というようなポーズや動きを、毎日ドッタンバッタンやっています。心の静謐とかいうヨガのイメージぶち壊しもいいところです。

正直、超カッコ悪いです。身体のカタチだけでなく、そこに生起する自分のマインドの揺れ具合も、半端なくダサダサです。ありとあらゆるネガティブな感情や反応が入り乱れての大騒ぎです。

でも、そのカッコ悪さに、言い訳をつける必要はないし、そこから逃げ出す筋合いもないってことだけは確かだから、いまでもこうやって、同じ事を続けてられるのかもしれません。

ただひとつ言えるのは、こうやってガサツな肉体の練習を続けていると、繰り返される動きやポーズのいくつかは、いつのまにか空気のように呼吸の一部となって、意図や筋力を必要としなくなってくるということ。

それは、意識的に「コントロールしようとする意図を手放さなきゃ」とか、「力技でドリャーッ!ではなく、呼吸のパワーで自然にやらなきゃ」っていうエゴの指令とは、別の次元で、自然発生的に、あるとき、とつぜんに、生起するみたいです。

練習全体が劇的に変化するというよりは、たった1回のジャンプバックとか、ドロップバックで描く軌道のほんの一部とか、何気ない瞬間瞬間が、いつのまにか蓄積されるような感じで。

なんてことが最近、「永遠の謎」ウルドゥヴァククターサナBの微かなシフト感の中に現れてきて、なんか面白いなぁ、と、そのマジカルぶりに驚いている真っ最中だったりするのであります。

変に気取って、意識的に「意図しない自然な」練習をとりつくろうより、ガムシャラの果てに、おおーっ!なんていうミラクルに出会える方が、なんかステキな気がします。

ということで、普通のオバチャン肉体を持つ身にとっては、「永遠の謎」であるウルドゥヴァククターサナB




とりあえず力技でよじ登るという驚きのショートカットバージョン。私個人的には、コチラの方向へは向かうつもりは毛頭ない。


スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

きゃ~、今日のお題は「ウールドヴァククタB」ですね!
私も今生で出来る気がしないポーズ、第1位っすよ。
「この動画の姉ちゃん、お腹に飛行石でも埋め込んでるんとチャうか?」と
ぶつぶつ文句言いながらイメージトレーニング用に見てますが
キノを真似て肩を怪我したのは去年の今頃。。。
「馬鹿夫婦、春画を真似て、手をくじき」って川柳があるけれど
さしずめ私は「あほたんぎ、動画を真似て、肩くじき」ってなもんでしたね(笑)

ごくごく稀に、手首のチョイ上にひょいっと乗れることがあって、、
同じくおばちゃんボディの持ち主としては、そんな超低空飛行であっても
つい嬉しくてニマニマとほくそ笑んでしまうのであります。

URL | kishico #-
2015/03/09 14:25 | edit

Re: タイトルなし

おー、姐さんも!

私の場合、ロータスでのジャンプバックを、
ずーっとごまかしてたので
エヘヘヘ~、って感じです。

でも、できないなりにも、毎日数回トライしていると
いつのまにか、ジャンプバックの質が変わってきたり
バカーサナやティッティバーサナからのリフトの上がる向きが
あれ?っと変わってきたりして

なんか、このポーズができようができまいが、どーでもいいけど
それに伴って生まれる小さな変化が面白いな~と、感じてます。

でもね、よじ登るバージョンは
とりあえずカタチだけとりつくろったらOK って感じで
本来ここで培う非行石が育たなくなっちゃうよね。。。

なので、今日もまた、あがらないおしりを、うんしょっ! っとやってみますわ

URL | Miwa2 #-
2015/03/11 20:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1304-575efb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。