HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奢りと謙虚さ  

しばらくおさまっていた月経過多が、また戻ってきたのか、ここのところ隔週でマイムーン。同じく隔週でやってくる満月新月のムーンディと合わせると、結局毎週スタジオ練をお休みすることになるので、なんかペースが乱れがち。

いずれのムーンデイであっても、自宅でアシュタンガじゃないヨガアサナは普通にやるのだけど。現在のサード前半の練習は、「継続してナンボ」みたいな部分があって、肉体的なポーズができる・できないの世界ではなく、「こんなシンドイこと、マジ無理」とヘコたれてしまう心の弱さへの規律を保てるか否かってトコで、コンスタントな継続が必要なんだなー、と最近シミジミ痛感。

このあいだ、風邪と生理とで1週間近く休んだ後で練習をしたら、最後のポーズ、ガーラヴァーサナで、「見つけた!」と思っていたモノが、あれ?となくなっていて、何度やっても崩れ落ちる。面白いくらい落ちる。その結果に対する自分の反応も面白いくらい焦っている。ま、今日は調子悪いからいっか、また明日~、と呑気に構えながらも、心のどこかではちぇっ!と舌うちしつつ(笑)結局2週間くらい「アレ?あれ?」と落ち続け、次第にその状態に対して冷静になり、ついに謙虚な気持ちが生まれてきた。

正直なところ、ガーラヴァーサナで楽チンにポーズに入ってキープができ始めてから、自分の中で「ヤリ~、イエーイ」的な奢った気持ちがあって、エゴがニコニコしていたのは確かだ。

面白いなと思ったのは、そんな得意満面な心持ちで練習していたときではなく、思うようにできなくなったポーズに頭を垂れて謙虚な姿勢になってきたときに、先生は次のポーズを手渡してきた。あれ?数週間前のバッチリイケイケの時じゃなくて、こんな低迷期で腰の低い時に、新たなチャレンジなの?と、不思議に思いながらも、同時に「だからこそ」なんだな、と腑に落ちた。

カラダが作るポーズというカタチじゃなくて、生徒がどのように練習自体に取り組むか、の姿勢の部分を、先生は見ている。美しさとか、カッコよさとか、それはエゴを満足させるけど、練習の目的じゃないでしょ?って、ニコニコしながら伝えてくれる。だけど、それは、決して「楽をしろ」ってことじゃあない。しっかりと、この肉体を使って、心の練習をしなさいよ、と。そう言われてる気がして、気が引き締まった。

dylan-bernstein-eka-pada-bakasana.jpg



そして、このエカパダ バカーサナが、死にそうにキッツイ。。。というのは、言わずもがな。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1293-150db34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。