HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カラダを媒体として、私達は何を行っているのか?  

フランスのキュートな悪ガキles Twinの、やんちゃなダンスパフォーマンスは、テクニックの巧みさや洗練さとは別のベクトルへスコーンと向かう感じが、妙に生意気なパンクで、結構お気に入り。



同じくフランスのイケイケ・カリオグラファーYanis Marshall氏の、はちきれんばかりのオネエパフォーマンス(しかもマッチョなハイヒール姿)と合わせて、最近ひそかに盛り上がっているのだ。

↓コレは4:52から見てくださいまし。


アサナはパフォーマンスではありません!とか、エゴを滅するための修行です!とか、不思議なストイックさで規制をかけながらも、ポーズのディテールにこだわり、アクロバティックな写真や動画が指導者の人気バロメータになるという、ダブルスタンダートなヨガ業界のウザさとは違って、ダンスパフォーマンスの面白いところは、ヘンテコなロジック抜きに、"エゴありき"で全然オッケーだし、むしろそれこそを源流として、ただ肉体で感じ表現する「その刹那」の奔流そのものがキモって事かな、なんて個人的にはそう思ってる。

だいたい、踊るってことは、ニンゲンの本能に刻まれている衝動みたいなもので、いわゆる「神がかり的なイタコ状態」なんて、ドラッグの力を借りずとも、ヨガの修行を極めなくても、祭りのエネルギーに後押しされてフツーにあっけなく「なっちゃう」もんだし、私達の脳はそういう風にできている。だから、それを解脱だ、ワンネスだ、スピリチュアルな体験だ、なんて後付けされても、「それは何かの宗教デスカ?」って気持ちになってくる。

ま、ともあれ、しがないサラリーマンのちょっとした楽しみとして、Youtubeでダンスパフォーマンスをアレコレ見ていたら、上述したLes Twinsの、こんな動画を見つけました。



相変わらずのヤンチャな悪ガキ然とした双子達が、何故かアシュタンガヨガの女性プラクティショナーと共演しております。ストイックなアシュタンガヨガのサードを猫のようにしなやかに流す女性達と、だらしない腰パン姿でカクカクヘコヘコとパフォーマンスする小僧達。なーんだ、カラダという媒体を使って何かをするということにおいては、結局なんの境界線も本当はないじゃん、って思った次第。

では、最高にハッピーなYanis氏の動画で〆ます。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1291-de24db1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。