HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

目的のための意図や意志、執拗な努力が、ますます私たちを的から遠ざけている  

最近の練習は、あんまり「マイレシピ」を持ち出さず、基本通りに、シンプルに。

調子が悪いと、どうしても、今日はハーフプライマリー、明日は1/4プライマリーにハーフセカンドを足して・・・といった「マイレシピ」で心身コンディショニングを優先しがち。でも、ここのところ、アチコチがガタピシはしていても、それなりに身体は動くし、心も荒んでない(笑)ので、決められたメニューをサクっと。

日曜はプライマリーを自宅で
月曜はフルセカンドをスタジオで
火曜~木曜はハーフセカンド&サードのガーラヴァーサナまでをスタジオで
金曜はプライマリーを自宅、もしくはスタジオで
(あら、伝統的には日曜はフルセカンドで、月曜~金曜がフルの練習でしょ?と言われそうですが、まぁ堅苦しいことはナシで。。。)

数年前の、おそらく肉体的にピークだった頃と比較したら、外側のカタチ的には「できなくなった」アレコレが沢山あるのが、いまのわたしの練習なのだけど。それをどうこう思うこともなく、いまのじぶんがしていること、できていること・・・それは単にサマスティティヒで立つとか、大きな呼吸を全身で感じるとか、ごくアタリマエのことが、まるで奇跡のように有難いコトなんだなー、と、心の奥底からじわりと沁みてくる感覚が面白い。

ekapadagalvasana.jpg



一番新しい最後のポーズガーラヴァーサナ。気が付いたら「頭上げて浮いたら、そこから手で床おして、肘を伸ばしながら、身体を上へと押し上げる」という一連の動きが、自分ではないパワーに突き動かされている感覚が生まれてきてる。個人的には、おっ ”そこ”に入った~!みたいな、感じ。

で、明らかになったことが、ひとつ。

ポーズに入る前に、「できるかな?」「あがるかな?」と一瞬でも思ったら、もう”そこ”には至らないんだ、これが。肉体的なパーツがどうのこうのじゃなくて、心の在り方が、そのまんま現れるというか。本当に必要だったのは、ただもう無心に、呼吸に助けられるように、一貫してフローし続ける・・・それだけ。

一瞬たりとも止まったり、躊躇したり、呼吸を詰めて緊張したりといった、流れを妨げる要素が無意識レベルでも在ると、とたんに上がらない、持ちこたえられない、ドスンと落ちる、かろうじてホールドできても無呼吸でアウターマッスル大全開のプルップル。

こういう体験を実際にしちゃうと、肉単やDaily Bandhaの物質的な肉体ワールドで遊ぶように練習をしてはいても、時が満つると、自ずと、「弓と禅」やアカシックレコードの世界観が目の前に自然と広がってくるのかもしれないなぁ、なんて、妙に感心してしまう今日このごろ。







スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/10/23 21:16 | edit

Re: タイトルなし

えのうさん

コメントありがとうございます。
アシュタンガヨガをしている限り、いつかどこかでお会いする可能性は、とっても高い気がします。
もしくは、もうすでに、どこかで同じ場所にいたかもしれませんし、
あるいは、実際にお会いする機会はなくとも、大きな繋がりを持ち、何かを共有してるのかもしれませんよ~。
現在は週末に逗子で、ハタヨガとアシュタンガヨガのクラスを開催してます。

URL | Miwa2 #-
2014/11/21 21:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1290-0bc3a3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。