HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

どうってことない、というのが最も素晴らしいものなのかもしれない  

土曜日の鎌倉マイソールでの練習は、週に1度のご褒美。今日も気持ちの良い初夏の匂いを全身で味わいながら、山のふもとで神社の霊気を感じながら、遠くの江ノ電のゴトゴトを聞きながら、お琴の調べをBGMにフルセカンド。

すこし汗ばんだ、でも昔みたいに汗だくにはならないのが寂しい。ディティールはこだわらず、流れに身を任せるようにして、1時間半。全般的に特に可もなく不可もなく。カポタで踵はつかめないし、カランダは上がらないし、マユラーサナは3呼吸だけど、それが現状なんだ、ってだけで。

バックベンドが少し開いてきたかな?って気がしたので、ハンドスタンドからドロップオーバーを、今までよりもっと胸を開いてヴィリシュチカーサナ状態でトライすると、一気に背骨がゴリゴリする。あ、そうか、これ、やってなかったわー。ハンドスタンドから降りるときに、せっかくアーチしていた背骨をまっすぐに戻しちゃっていたから、両足着地後起き上がるのに1・2歩歩かなきゃなんなかったんだ。ドロップオーバーはバックベンドなんだ、ってつい見落としてた。

7ヘッドスタンドのビンヤサアウト。単純に頭頂部にちゃんと重心乗っければ、割と解決。手の位置は変に焦らずに、後からゆっくり床につけばいいから、その余裕が生まれるくらいゆっくり身体を下ろしていくのが、ポイントなんじゃないかと、なーんだ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1059-1c561f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。