HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夏場の老体にムチうってますw  

身体がキツイ。朝の指導がシンドイ。でも、やることやるのがお努め、と、言い聞かせるように自らを奮い立たせる日々が続くサマータイムブルース。

ドロップバックとスプタクルマのアジャストで、腰へ肩へと負担がかかり、日に日に疲労が、痛みが、ジワジワと全身を侵蝕し、どんどんと蓄積されてく。

3時半に起きて、肉体労働をひと仕事済ませて、そのまま空腹抱えて11時からアシュタンガヨガの練習なんて、よほどのモチベーションでハイテンションにならない限り、やらんと思うが(笑)、それでも2週に1回、ヘロヘロの身体をひきずり、重たい荷物抱えて東京へゴー!する元気がでてくるのは、それだけスタジオでの練習が楽しみだからなんだと思う。

2週ぶりのスタジオ練。肩と腰の痛みは変わらず、ビンヤサは半分歩いて、フルセカンド+バシスターサナまで。肩にビリッと激痛が走るのは、チャトランガから上犬への移行、カランダで腋の下に着地した瞬間、ナクラーサナ。意外とバカーサナBと、ハンドスタンドは大丈夫。腰はバックベンド全般、特にドロップバックで腰骨がゴリゴリ鳴って、ピリリと神経がうずく。

痛みに制限されてる状態で、探るようにする練習は、わりと好き。思いもしなかった発見とか、思い込みの塊を見つけるのは、楽しい。いつのまにかついちゃった癖とか、どこかを守るために頑張ってくれてる部位とか・・・。結構この身体は、あながちオバカサンでもないし、むしろ、すんごい工夫して頑張ってくれているんだなー、と。

最後のバシスターサナ、実はいろんな想いがあって、複雑なんだけど。とりあえずは初めて、ムニーンとキノっぽく、土台しっかり押して上へ広げるようにポーズに入れて、おおおおー、と慄いた。でも、まだ軸の腕がプルプルしてて、いつブッ倒れるか・・・という恐怖感を面白がりつつも、“それ”を信頼する覚悟みたいなものがスコーンと全身全霊を突き抜けた瞬間が確かにあって、・・・うーん、ちとヤバ。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/tb.php/1007-bc3c5e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。