HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

8/19~8/23 リハビリです~  

月曜 スタジオでハーフプライマリー
火曜 スタジオでフルプライマリー
木曜 スタジオでフルプライマリー
金曜 スタジオでフルプライマリー

今週に入ってからは、とりあえずプライマリーを、ヨーガセラピーとして行おう!と。どんなに調子がよくなっても、とりあえずプライマリーをやることにした。ある程度の規律を保ちながら、過剰に楽な方向へ流れないように、自宅じゃなくて、スタジオで。

ここ数年、プライマリーをオザナリにしてきた自覚はあったけど、ここまでないがしろにしてきたんだー?というのが、率直な感想。セカンドをやる気持ちで、サードの導入部分をやる気持ちで、プライマリーをシンプルかつ真摯に行う、というのは、実はとってもチャレンジングなのであった!

ドリスティやヴィンヤサを守りながら、グロスな肉体レベルでは慣れきったポーズや動きを、もっと微細な次元でドラマティックに活き活きと脈動するように、意識をミニマムなフラット状態に保ちつつ、決して「自分の内」に閉じこもるのではなく、自身の知覚場が大きくスタジオいっぱいに広がるようにしてみる。。。あら不思議!プライマリー・マジックのはじまり、はじまり!

そういえば、練習がイチバン楽しかった頃って、こういう練習をしていたんだなぁ・・・

筋肉や骨格といった解剖学的な視点を持って、一番粗雑な肉体レベルでアシュタンガの練習をしたって、それはガチガチに硬く緊張するだけで、「私というエゴが肉体という持ち物を、とことん細部にわたるまでコントロールする!」というエドワード・ワトソン(英国ロイヤルバレエの男性プリンシパル)のような気持ち悪いオーラ満載になっちゃう。スタジオに通うと、そいういう「○○筋をこうしてああして」風のコントロールフリークみたいなベテラン練習生がイッパイいる。それが良いとか悪いとか、じゃなくて、ただ私自身は、そういう超物質的な肉体ではなく、呼吸や感情や直感や潜在的なパワーを委ねるように、一瞬一瞬の隙間に溶けるように、ちっぽけな自分を手放しちゃうような、そんな練習が好きなんだな、ってことを、久しぶりに思い出した。

・・・のは、いいけどさ、金曜の練習後に、また生理来てます。今回は結構重いよ~。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

8/13~8/18 ギックリ腰ウィーク  


火曜 ギックリ腰で動けず・・・・休み
水曜 ギックリ腰で動けず・・・・休み(パワンククターサナをやる)
木曜 ギックリ腰で動けず・・・・休み(パワンククターサナをやる)
金曜 ギックリ腰で動けず・・・・休み(パワンククターサナをやる)
土曜 スリアとかやってみたら結構できた
日曜 スリアと、ついでにスタンディングもやっておく

月曜に発生した「もしやギックリ腰?」の症状は思った以上に長引き、最初の3日間は寝ても起きても、どんな動作をしても、ズッキーン!と激痛が走り、ヤレヤレトホホ。。。 練習というよりは、日々の生活をマットウすることの方が先決なので、まずはコルセットしてソロリソロリと日々を過ごす。痛みは背面から前面に移り、ギックリ腰というより、肋骨でも折れてるんじゃないか?とか思ったり。。。あんまり動かないと、身体全体の流れが滞っちゃって、心身ともに「病人」みたいになってくるから、その解消法として、なつかしのパワンムクターサナを、グルグル。グルグル。。。。その週末には結構動けるようになって、軽いストレッチで股関節や肩周りをほぐしたり、地元のハタヨガクラスで一緒にユルユル全身を緩めたり、なんともまったりと1週間を過ごしましたのだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

本格的にギックリ腰  

スタジオでフルセカンド

先週まるっとリハビリモードだったので、そろそろセカンドへ戻してみることに。
痩せてきたので、パシャもLBH系も(ティッティバBも!!!)すんなりとやりやすくて

あー、やっぱ、デブのアシュタンガはキツイ修行みたいなもんなんだ!

と痛感。これじゃ、「ポーズができるようになりたいから、痩せる!」とかいう、およそヨガの本質からかけ離れた思考が、あたりまえのように生まれてきちゃうのも仕方というか、ニンゲンやっぱり「楽」や「快」に走りたがるものなのねー。でも、やっぱり、練習が楽チン!

なんて、調子に乗っていたら、久々のセカンドにご老体がビックリしたのか、ドヴェィパダあたりで背筋あたりがピキっ・・・っと。ありゃー、ヤバヤバ、と感じながら、ヨガニドラからは75%くらいの緩いモードで、軽めに流す。

無理はしなくても、気持ちよく練習するだけでも、今の私には、アシュタンガのセカンドは負担が大きいのだなぁ、しゅーん・・・とか思いながら、最後のバックベンドで、ドロップバックをしようとしたら、あら!ダメ!カラダが後ろへ降りていかない。。。ハーフベンドくらいまで降りていっても、そのアト身体は、ピタリと動くことを完全拒否してる~。ということで、本日ここで終了。

練習後、背筋のバリバリ感は次第に悪化し、脇から肋骨にかけても同じようなバリバリ感に襲われ、4時間の立ち仕事のバイトを終えた後には、立ったり座ったりはモチロン、靴を履くとか、トイレでオシリを拭くとか、クシャミをしてもバリバリズッキーン!と激痛が走るように・・・ えっ?なにこれ?ギックリ腰45秒前のゾワゾワ感は、とっくに通り越して、これはほぼギックリ腰じゃありませんか?やーん。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

自然が一番だね  

おうちでフリースタイルのヴィンヤサヨガ・ミーガン風

今週に入ってから、カラダが自然と節食モードに切り替わり、心身ともに軽くてラクチン。やはり、意思の力で無理やりダイエットするのは、実はとっても不自然な行為なわけで、こんな風に自然と過食→節食へ切り替わるのを待てば、そういう時が自然に来れば、それが一番適切な体重や食嗜好なんだなぁ、と身を持って感じました、マル。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

生理はガン無視しときました  

スタジオでフルプライマリー

とりあえず首筋は持ちこたえたものの、こういう時期はちょっとした弾みで怪我とかしそうだから、あまり先の長くないオバちゃんとしては、慎重に(笑)、プライマリーで、どっしりと安定させることにする。昨日来た生理は、かなり軽めなので、気にせず練習しちゃいましたわ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ムーンディ&ついでに生理も来てますよ(笑)  

更年期の閉経前に生理不順が起きます。月経周期の短縮と遅延が起きて月経回数が減少し、最終的に閉経に至ります。これが更年期の生理不順(月経不順)です。更年期に生理が1年以上ない場合、閉経したと見られます。
生理不順(月経不順)と共に卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。ですが、このエストロゲンは閉経後1~2年、長い場合は3~4年も分泌されます。この分泌が止まった時に更年期が完了したと考えられます。
更年期の生理不順の特徴
生理不順(月経不順)は更年期初期の特徴的な症状です。月経不順を経ずに突然生理が止まる人もいますが、多くは生理不順(月経不順)を経験します。

○月経不順(生理不順)から閉経に
更年期の生理不順(月経不順)は、月経周期が短縮した(頻発月経)後に月経周期が遅延(稀発月経)、またはこの合併した症状が現れて閉経します。主に卵胞期と黄体期の短縮が原因とされています。
その期間は2~8年の事が多く、閉経後の数年を加えると8年~10年前後となり、更年期が8年~10年といわれる所以です。

○更年期の月経は出血量に変化が現れます。
月経血量にも変化が更年期に起きます。出血量が多い「過多月経」や少ない「過少月経」があります。また、生理ごとに多かったり少なかったりすることもあります。

from
女性の更年期事典
http://www.kounenki-ikiiki.com/

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

そして首にキタ~  

スタジオでフルプライマリー+パシャーサナ

腰は、まだまだ違和感タップリで、動くのがコワイ・・・気がするけど、エイヤッと気合いれて、無理しないよう最新の注意を払いながら、フルプライマリーを軽めに、だけど、ドリスティ超キープで、ヴィンヤサしっかり重視。

あー、やっぱりねー、と思ったのは、ジャンプバック。腕力の力技を使わないと、おしりが持ち上がらない・・・ コアのパワーのみで、クロスした足をフワンと後ろへ抜くことができない・・・(ウトプルティヒ的に、上には上がるけど、それを後ろへスーッと送れず、どうも足先が床についちゃう・・・) これじゃぁ、カランダが上がるハズがないね、と妙にナットク。こりゃしばらく、プライマリーでジャンプバックをマジメにやり直そう、っと。

セツバンダーサナ終了後、ちょっと時間があったので、パシャーサナだけ追加してみる。・・・これって、スゴイ出来事だなー、と思った。だってさ、大嫌いナンバーワンの「デキナイ・体型がジャマする・ヤダヤダ」ポーズだったの、なんかキューッと雑巾みたいにカラダを絞らないとスッキリしない(笑)

ハンドスタンドで、やっと「手で床をグッと押す」感覚が生まれてきた。「押す」から、全身がピシーっと爪先まで気持ちよく伸びる。「押す」から、安定感が半端ない。「押す」から、独りヴリシュチカーサナで、下半身の重さにひっぱられてドスン・・・とはならない。そかそか、だから、ヴリシュチカーサナができてくるんだ・・・、と妙にナットク。

しかしながら、フィニッシングで、特にヘッドスタンドで、首に嫌~な違和感が。。。 そして、そして、練習を終えて着替える頃には、首筋がピキ~、と引き攣れた感じで、アウアウ・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

おうちでフリースタイルのヴィンヤサヨガ・ミーガン風  

夏バテ的に、疲労回復モードで

そういや、6月から日曜日は、朝6時から夜9時までノンストップでフル稼働のため、やたら体調を崩しがち・・・でも、ま、これも来週で一旦区切りがつくから、それまでは「練習二の次」モードですわ~、と様子見的な月曜日の朝。

腰は相変わらず、「ギックリ腰45秒前」みたいな、ゾワゾワする違和感をかかえており、スタジオへは行かずに、自宅でスタンディングをやってから、ミーガン風フリースタイルのヴィンヤサヨガで小一時間ほど、全体のエネルギー流して、汗かいて、ああ健康的なかんじ。

あまりに暑いからか、自然と節食モードにシフトしてきて、フルーツとスムージーで、なんとなく1日を過ごす。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

7/29~8/2 右足首いたっ→右肘グキッ→そして腰~!  

月曜 フルセカンド@スタジオ
生理明け~、で意気揚々とオンザマット。実際のところ調子はすこぶる良かったんだけど、先週2日しか練習してなかったので、急にガッツリとフルの練習をしたら、翌日以降にガタが来るんじゃないか?という、なんともトホホな弱腰姿勢が、「とりあえず無難にフルセカンド」にワタクシを留めたのでありました。あ、でも、このくらいの練習が、やっぱり楽で、いいね。

火曜 フルセカンド+5(バイラヴァーサナ)@スタジオ
ギシギシと固め設定の火曜日。軽め・軽めで、体力温存に努めてみるも、最近はどうもカランダでつっかかる。そうそう、朝起きたときから、右足首をひねったような痛みがあって、歩くのも難儀。練習も、意外なところで、ズキッとかくるもんだから、なんか苦行みたい。最後のチクタクは、着地の衝撃が怖いので、「今日は、やらない!」と宣言するも、「じゃあ、呼吸に合わせて動く練習をしましょう」と、どこにも負担のかからないアジャストをしてくれるタリ様、やさしい・・・。

水曜 フルセカンド+5(バイラヴァーサナ)@スタジオ
フルセカンドはサックリと45分くらいで終了、サードに入ったら、ゆったりめに、丁寧にポーズをするようになってきた。いままでは、ドリャー!と鼻息荒く、粗雑でグロスな、がむしゃらサードの入り口って感じだったけど、(言い訳:だってさ、この気候のスタジオ練なワケで、しかもフルセカンド終えてからのポーズ追加で、もうヘロヘロなのっ) でも今朝は、やっと余裕が出てきたような感じの練習だった。暑さ湿気滝汗に慣れてきた、ってのもあるのかな。そうそう、今日は右の肘がグキッ、ってなりやすくて、色々とメンドウだった。なんか関節が弱いのかしら、ゆるいのかしら、それとも支えるべき体重が重すぎるのかしら(←コレダ!)

木曜 フルセカンド+5(バイラヴァーサナ)@スタジオ
今日から3週間タリ様不在。とにかく身体が固くって、もうサラリとやらざるを得ない。昨日と打って変わって、「フル練習を遂行する」こと自体が超チャレンジング。練習の途中で何度も何度も、「あー、もうここで辞めよう」とか、「あー、ムリムリ、今日は○○○でおしまい!」とか、本気で投げ出したくなった。あー、辛い、きつい、シンドイ、ゲロ吐きそう。クーラー入れろ~!水浴びさせろ~!

なんてウダっていたら、あらやだ、腰痛めちゃったわ、ガーン。

指導してくれているアシスタント先生のバックベンドのアジャストが、とっても深くて、キツくて、「あの、わたし、そこまでバックベンダーじゃないですから~」とご勘弁願いたいくらいだったのだけど、それを言えずに、我慢したワタシがいけなかった・・・。腰というか、背筋全域がバッリバリになって、「ああああ、これ、ギックリ腰45秒前じゃないの?」というような旋律的なゾワゾワ感。ヤベーヤベー、とフィニッシングして、とっとと帰路に着くも、もう道すがら、「ヤベーヤベー」の連続。ちょっと気を抜いたら、動けなくなりそうで、怖い~。


金曜 休みますっ!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。