HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まとめ好き2012年9月  

2012年9月(30日間)の練習内容集計

ファンダメンタル 2日(11%)

プライマリー 4日(24%)
-うちレッド 1日

セカンド 11日(65%)
-ハーフ 2日
-フル 9日

計17日
スタジオ 12日
自宅 3日
秋谷 2日

スタジオでハッパをかけられたおかげで、カランダやハンドスタンド~チクタクで、随分と変化がみられ、そっかー、だからスタジオ練から離れられない人が多いんだなー、とか思った。
後半はアレクサンダーテクニークの衝撃が強すぎて、一旦すべてがガラガラと崩壊して、さて統合・・・え?え?・・・と、なんかとっちらかっている模様。
さて、明日はどっちだ?
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

てんでチグハグ  

スタジオでフルプライマリー・レッドクラス

自分の呼吸と違うタイミングに、ムリクリ自分を乗っけていくレッドクラス。その言いなりになるシンドイ感じがM的に大好きだったのだ・・・が、今日の自分にはシックリこないコトの連続で、とにかく、とっても、疲れてしまったのである。

でもま、それ以前に、ここのところ、新しい感覚との折り合いがついていない状態で、いろいろとチグハグしている最中だから、あたりまえといえばあたりまえか。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

気負わない  

マットの上に立たなくても、姿勢を正して瞑想しなくても、普通の生活の中でも”常に気付いたまんま”が持続してて、不思議なかんじ。

今日は30分しかなかったけど、朝の指導後おうちでマットに立ってサマスティティヒ。スリアとスタンディング、ショルダースタンドだけやって、スリーロータスへ。

周囲に誰もいない環境での練習は、「気負い」の度合いが低いがゆえに、ダラケてしまうのが玉に瑕。でも今日は、その「気負いのなさ」が良い塩梅で、あーやっぱり宅練がいいかも・・・とシミジミ思った。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あら、こんなトコに来ちゃった  

スタジオでのフルセカンド。いままで正しいと思ってやってきた、身体の隅々までいきわたらすような強い刺激による集中は、いまはいらないや、って自然とそうなってた。

そういえば、この肉体を、思い通りにしようとか、コントロールしようとか、ずいぶんと傲慢な試みを、長いこと続けてきたんだなー、とかボンヤリ思ったり。

周囲をシャットアウトしては、自身の内へ内へと逃げ込むように、心身をガチガチに固めることが集中なのだと思い込んでいたけれど、それは単に世界とかかわりをもつことが怖かったのかもしれない・・・、だから多分スタジオが嫌いで、居心地が悪くてしかたなかのかな、とか。

そこがストンと腑に落ちたからか、フルセカンドなんて、どうってことないじゃん、ひとつもキツクないじゃん、ただ単に身体を使っているだけのことじゃん、とアタリマエのことが見えてきた。

肉体的にシンドくしてたのは自分だし、自分の内側へ閉じこもることを選択してたのも自分。内に生起する感覚や感情の襞が折り重なって作り出す幻影のようなエセリアル、そのドラマにあえて巻き込まれることで、見失ってしまいたかったものが、ぼんやりと姿を現してきた。

カポタもカランダもチクタクも、パッチモッタナーサナをするのと同じ向き合い方で、やっていたのが驚き。もちろんカラダという肉体の次元では、「失敗」とか「まだまだ」とか、そういう括りに収まってはいても、そこに向かう自身の在り方自体が、なんか根本的に変わっちゃったようで、違和感でイッパイ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ある意味ショック  

こんなに自由で解放された状態が可能であることに対する衝撃と、なんとも、だらしなく緩みきった自身へのとてつもない違和感。

これまでの人生はなんだったのだろう?

私は一体、自分をとりまく世界の何と戦っていたのだろう?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

つまるところは  

イヤイヤながらやってる感満載のフルセカンド@スタジオ。どこも、なにも、どうってことないのだが、なにもかもが、ドンヨリと怠惰なかんじ。別にそれはアサナの練習がどうのこうの、ってコトではなくて、私自身がどのように世界と向き合っているのか・・という、その現れなだけで。やっぱり、どこも、なにも、どうってことはないってことには、変わりがなかったのである。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

統合  

これまでのヨガやらボディワークやら、瞑想やスピ系のアレコレを通して、私の中での体験や気づきといった理解は、とりとめもなく断片的にアチコチに散らばっていたけれど、なぜかここ最近始めた活動を通して、それぞれが互いにつながり合い、ハッキリとした輪郭をもってカタチを成しはじめ、いろんな意味で「再確認」というプロセスの、その流れの中にいるなぁ、と感じる日々。

今朝はスタジオでフルプライマリー。なんとも全身が軽く柔らかく広がりを感じさせる練習で、そこに自然に謙虚にたたずむ自分を見つけたような、静かな心地よさに包まれていた。

ジャンプバックが、意図せずとも、力まずとも、すんなりと高く呼吸にのってできたのは、初めて。8年間の中で、ほんとうに初めて。そして、それに対して、「おおっ!やった!」とか、「よっしゃー!もっといけー!」という反応が生まれなかったのも初めて。滞らずに、流れるようにジャンプバックしている、その流れそのものがとても自然で、それに口をはさむ余地などいらないよね、っていう、そんなかんじ。

チクタクは、1歩進んで2歩下がるを繰り返してる。5-6回自力でトライしたけど、うーん、ナニかが欠けているのが、いまのじぶんだなー、って、確認作業に終始。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっぱりねー  

昨日の決意というか、宅練をしっかりやろうと思ったけれど、朝の指導後はアレコレと用事が入ってマットに乗る時間もとれなかった。早起きして日々の用事が始まる前にする練習が、やはりイチバン効率的。

地元の早朝マイソールクラスがある日は、少しだけ早起きして、指導前に練習を済ませちゃおう。と、これから寒い季節になろうという時に、あえて思ってみる。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

さて、そろそろ  

ここ数ヶ月の練習をスタジオベースに変えて、自宅では軽くスリヤかスタンディングくらいに留めているせいか、「スタジオで練習する」ことが、一種のハレの場になってきた感がある。やたらとワクワク楽しみで期待満載だし、はっちゃけてドリャーッ!と120%の練習しちゃうし。

それはそれで、リハビリ的には、とっても効果があった。でも、もう、充分スタートラインには戻ったかな、って思う。

今朝のスタジオ練習は、全身が隈なく痛くて、腰とか肩とか特定の部位が故障してる痛さじゃなくて、もっと精神的なものの表れみたいで。

確かにカポタもカランダも力まずに充分コントロールできるようになってきた。ハンドスタンドも安定してきたし、チクタクを挑戦するようにもなった。

・・・そろそろセルフに戻して、ここ数ヶ月で新たにインプットしたモロモロを、地味に消化吸収していきたい気持ちがムクムク。

11月から代行先生にきりかわるし、よいタイミングかも。

よっしゃ、まずは、自宅での練習をもちっと戻そうっと。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

いつのまにか  

指導前に道場でスリアからスタンディングまで。指導後におうちでサクッとスリア&セカンド前半カポタまで。アシュタンガのシーケンスというよりは、ストレッチ的に。

終わってからキノのyoutube動画を見て、あ、そういえば最近これトライしてないなーと思い、ピンチャのビンヤサインをヘッドスタンドみたいに両足揃えてやってみる。

最初は7頭立のバッダハスタCを試みて、多分おんなじ感じだろうなーと、アタマをあげてヨイショ・・・ おっ、ムニ~ン。。。笑えるくらいスムースに気持ちよく脚が上がっていった。

1年くらい前にトライしたときは、まったく歯がたたなかったけど、いつのまにか、それが可能になる土台が築かれていたのだなー、と感慨深い。

ここ3年以上1歩も進まないどころか、むしろポーズは後退しているだけの練習を続けているけれど、表面上のカタチではなく、目には見えない部分で、たぶんいろんなものが地味~に育っていってるのかもしれないな、と思ったら、すこしうれしかった。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

サプライズ  

そういや金曜日もそうだったけど、朝の寝起きがビックリするほど辛くて、練習するのが、とってもカッタルイ。宅練だったら絶対にスリア&シャバーサナで完了しそうな、そんなダルダルの朝。新月の影響なのか、大型台風の低気圧のせいか、はたまた夏バテなのか・・・。

スタジオでフルセカンド、かなりムリクリで涙ちょちょぎれ。あー、もー、こんなケッタイなアクティビティやってらんないわー、ガルル~、と荒んでいたら、一時帰国の懐かしい顔がひょっこりコンニチハ(^-^)/ あらあら、みるみる顔がほころぶ、心が解ける、ついでに身体も開いてくるあたり、やっぱり世界は自分次第。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あらま、なんでこんな日に?  

スタジオでフルプライマリー。

足の親指の裏側の皮がむけてイタイなー、と気が散ってばかり。

膝問題以降、半年くらい軽減法だったプライマリの前屈シリーズ、今日はかなり深くできるようになった。特にアルダバッダ系で、はじめて苦痛を感じなくなった。

ウッティタハスタがグラングラン。やらなくなると途端に土台が脆弱になるのが面白い。

ジャンプバックは最初の数回だけスルンとできたけど、あとは気力が保てず、まったく持ち上がらなくて唖然・・・(後で気付いたのは、腸にイッパイつまっていた模様)

バッダコナーサナで、なんでかな、涙がボロボロ出てきた。ま、別にいいんだけど。

チクタク、できましたー。まだちょっとタイミングをはずすこともあるけど。これまでと明らかに感じた違いは・・・
-足はあんまりジャンプしない。エネルギーは真上には向かわない、後方45度くらい。
-イチバン意識するのは、土台の部分、まずは胸をうんと開いておく。
-骨盤自体が自身を先導するように、1・2・3で揺らして、吸いながら土台に”乗る”
-身体の意識は、まず骨盤、はずみで反る、連動してアタマあげる・・・と、サソリに戻れる。
-そこから着地する流れは、まだサポートされてるので、よくわかんない。
以上、プチ・レポートでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

当然の帰結とか、マーヤとか  

前日すっごい食べちゃって、それも、夏バテを理由にアイスとかチョコとか、そーゆージャンクなものばかりパクパク。当然の帰結として今朝の身体は、重いわ、硬いわ、集中に欠けるわで、落ち着きとヤル気のない中学生みたいだ。6月にゲッソリ痩せてしまった体重も、そこそこ戻ってきて、太もも&ウエスト周りがムニムニして、ポーズ自体がパッツンパッツンでキツイのだ。パシャーサナヤバイし、ピンチャ辛いし、LBHは吐き気してくるし。しかしカランダだけは、意識的に「上げ下げ」できるようになってきて、それも腕力というよりは、呼吸に乗っかる感じがあって、むむむ?

ハンドスタンド~ドロップオーバーは、ゆっくりコントロールしてる”つもり”なのだが、まだまだ「手首支点」になって落ちてる、と指摘される。もっと胸を開いて、アタマをずっと上に向けたまま、肩をずっと手首の真上にキープして、その上でバランスをとって、シャチホコ→サソリ→着地・・・だそうだ。ふむふむ、ではさっそく、すこしづつトライ・・・ドッターン!あれ?もいっかい・・・バッターン!むむむ、またココに来て「バタバタうるさいヤツ」に逆戻り。

チクタクは、どこに重心を乗っけるのか、身体で納得できてきた。やっぱこれバックベンドなんだ。結局、かなり反らないと戻れない。2回くらい、「お!できたね!」的な感触があった。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

なんか全般的にスゴイことになってる  

スタジオでフルセカンド、今日はビックリの連続。

カポタ、身体はバリバリなのに、委ね具合がスゴくて、怖いくらいに深く入ってく。

カランダ久々軽々と、何回でもできちゃう。完璧に上がりはしないけど、上がりかける感覚が、けっこう自分のものに。

マユラーサナ、なんとなんと、かなり脚が強くピーンと伸びていった。お腹周りの強さが半端なく安定していたのは、カランダ効果か?

ハンドスタンド~ドロップオーバーやっとこ制御下になってくると共に、チクタクにトライする心身のコンビネーションが、やっと統合されつつあるかんじ。

チャクラバンダーサナ、両手同時に足首つかんでから、さらに少し上に動かしてもらう。脚をまっすぐに伸ばして、自立を促すアジャストで、ムニーンと底力が漲った・・・!

いやはや、どうしたんだ?全般的に

帰りしな、サードはいつでもできるから、いまはチクタクとカランダにもっとフォーカスしましょう、とでっかい笑顔で言われて、なんだかホッとした。ここ1ヶ月ほど、サードのポーズへ戻すのは、身体はできるだろうけど心が”う~ん”と躊躇してて・・・なんとなく先送りにしていたけれど、あながち間違っていたわけではなさそうだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

意外  

サックリとスタジオでフルプライマリー。カラダ重いっ・・・確実に太ってきてる!手抜きビンヤサで、お茶を濁したわりには、バックベンドが開いてて、アレ?最後のバックベンドシリーズ、セカンド練習した日よりも、楽チンで、アレ?チャクラバンダーサナも、ガッツリ!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

まだまだ暑くて昼練はムリ・・・  

指導後におうちでハーフセカンド。
やる気マンマンでマットに立ったはいいが、いかんせん、この時間は暑くてね~。
お腹も空いてるし、ピンチャで体力の限界を感じてリタイヤ・・・
速攻でシャワー浴びて、アイス食べて、それからシャバーサナっすよ、ああ至福。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

カラダあそび  

スタジオでフルセカンド。

おとついよりか、少し持ち直した感じで、元気が出てきた。

カポタで降りる感覚が、上に向かうエネルギーを解放して以来、着地点が少しだけ足裏に近づいてきて、あらまあ!

ハンドスタンドから入るバカーサナB、ほぼできるようになってイェーイとか思ってた矢先に、「カカトつけて!つま先お尻につけて!」のダメ押しで、うぎゃっ!ズルッと落ちる。こらキツイわー。

カランダUPがんばってます・・・とはいえ、できる範囲でしかやらないけど。最初のイグニションだけヒョイと引っ張ってもらって、残り自力でムニュ~と上げてく時の底力感が新鮮で楽しい。

チクタク、これまた感覚が変わって納得し始めたのと、先生の熱意に後押しされて、どうやら出来そうな気配がムンムン・・・「そこに重心乗っけるのは怖い~」とビビらなくなったのが大きい。もう、あとは、タイミングの問題・・・な気がする。

チャクラバンダーサナ、両手一緒に足首掴むバージョンへ。しかし、肩まわりが硬くて、シンドすぎ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ありがとう  

1週間ぶりのスタジオ練は、やっぱり落ち着く、でもカラダはお疲れちゃんモード。

カポタもカランダも、ちょっと手抜きっちゃー、手抜き。

バックベンドもギシギシしてて、超ツライ。

チクタク・・・以前にハンドスタンドがメッタメタ。

私自身と周囲のコンディションを考えたら、スタジオで練習なんて贅沢はアリエナイ!はずなのに、それでも、ここで、こうやって練習できること自体が、ものすごい奇跡のようなもので。

いろんなものに、いろんなひとに、ほんとにほんとに、ありがとう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

awareness  

週末ワークショップ2日目。

気分は最悪。何事に対しても超ネガティブ。心は折れるどころか、粉々の破片みたい。

それでも、マットに立って、フルセカンドを・・・いろんなアレコレに振り回されないように、淡々とやることをやる練習。

力みは溶けて、呼吸に乗る感覚が、普段の5割り増し。

肉体の極限は追わない、でも、内に潜む未知のパワーには全面帰依。

その駆け引きの按配が、ちょいとシフトしてきてる。

たとえば、カポタやドロップバックで、下降する動きのよりどころが、「上へ、上へ」向かうエネルギーに変換されてるな、とか。

たとえば、カランダで降りるときも、意識は下方ではなく、上昇しているのが、不思議だわー、とか。

カラダのアレコレよりも、このカラダを使った練習における意識のアレコレの変化には、いつもながらドキドキする。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

Short & Sweet  

週末ワークショップ1日目。

昨日から、朝起きてしばらく左脚が痺れて、ちょっとした動きで神経痛が走るのが気がかり。さらに週末ワークショップの準備で、いつもながらのテンテコマイ~。いやはや心身ともに、ジワジワと疲労が蓄積されているアルよ。

しかも朝からイロイロあって、オイオイ泣いたりしてガス抜き・・・。なんで、色んなコトって重なるのかな?

ま、そんな日は、短いけどシッカリと集中した練習で、サックリと解毒。30分ほどかけて、スリアからスタンディングまでを、しっかりと意識をキープしつつ、自身の深いトコロへダイビングするような感じで。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。