HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イチ健康法として  

夕方にサクリと軽く自宅でハーフプライマリー。

身体に負担のかからない健康法として、現在の私の身体には、ハーフプライマリーくらいが丁度いいのではないかと思う。 
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっぱりなー  

突然時間作って渋谷の朝マイソールへ行った。がっつりフルセカンド&2ポーズやってみた。

ほれみたことか!というくらい、身体は軽いし、柔らかいし、恐ろしい集中力だし、天下無敵でござる。

近年まれにみるブッチギリに爽快な1時間半の練習を終えたときに思った・・・というか、スコンとなにかが降りてきて、はっきり、くっきり、見えてきた。

あ、それ、もういいワ、なのである。
ちょっとバカらしくなってきたのが本音。

自分の拠り所というか、帰依してる部分は、はたしてなんなのか?が浮き彫りになってきた。それは、少なくとも「アシュタンガ・ビンヤサ・ヨガ・システム」ではないし、現在の中央司令部の総統閣下および、その家臣達いわくの「伝統」ではないことは確かだ。

これからも健康法として、アシュタンガヨガのポーズの練習は可能な限り続けるけど、そこに全てをこじつけたり、世界の中心に備えつけたりして、人生の色んな側面を疎かにする言い訳つくりは、もう卒業よん。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ストレッチ  

とはいえ身体はってる仕事なので、朝イチに全身ストレッチはする。

いわゆる太陽礼拝ってやつだ。

これは、全身に元気なエネルギーを、それこそ隅々にまで行き渡らせるような、健康法らしいですよ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

予測された小休止  

いや、まいった。プライベートでハプニング続出・・・悪いことは重なるもので、なぜそれが「いま」起こらねばならぬのか?というアレコレが、神に書かれたシナリオのごとく、一斉にドドドドドー!と多発してくださるとは。

とりあえず9/24を境に、練習はブッチでごわす。少しでもやった方が心身は安らぐかもしれない。だけど「プライオリティをマジ冷静に捉えよ、ばかものよ」って時は確かにあるものだ。それは熱を持つ人間として、おそろかにしちゃいけない大切なモノを、再確認するプロセスみたいなものだったのかな、とか思う。

私のような「アシュタンガホリック」な馬鹿者にとって、こういうリセット期間は、ある意味必要不可欠なシーズナル・イベント=季節的行事みたい。もし誰かがHow's your pracitcie these days?なんて尋ねてきたら、Oh, she's on holiday at the momentとだけ答えることにする。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

きゃーっ!  

練習なんてやってる場合じゃない~!
あー、もー、信じられないー!
神様ドーシテ?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あったかい  

鎌倉のアシュタンガ練習生が集まって、セルフプラクティスをする場として作られたコミュニティに参加して練習。

みんなで手助けし合って、言葉じゃ形容できない、暖かいものを静かに共有する、心も身体もほっと緩むような、そんなかんじ。

窓を大きく開け放って、裏庭を見ながらスーハー。すっかり涼しくなって、汗もうっすらにじむくらいで、身体も夏ほど柔らかくないけど、不思議とやさしく満たされてくる。

あのポーズと、このポーズを、確信犯的に飛ばして(笑)、軽めにフルセカンド+2ポーズ。

カポタでの詰まった感じが、「ああ、夏も終わりなんだなぁ」と、シミジミ。

ところで、ティッティバBがヤバいんですけど・・・、手が届かない!ガーン!太ったのか?

ま、そんなこんなで。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

さわやかー!  

朝の指導後、立ち寄りがあったので、自宅で練習開始が13時ごろ。お腹もすいたし、後の予定も詰まっているし、練習やめちゃおうかな?と思ったけど、身体が「やろーよ、やろーよ」とワクワクしてたので、とりあえずスタンディングでも・・・とマットを敷く。

隣でずっとダンナさんが見学してたので、あんまりダラケることもなく、サクサクとハーフプラマリ+ブジャピダーサナまで(なんか中途半端)。バックベンドは足幅超狭くして6回。フィニッシングもゆっくりめにして、シャバ5分。1時間未満でサクッと終了。

すがすがしいくらいに心地よい練習で、さて今日もいちにち頑張りますー、って感じが、爽やかな秋っぽくてステキ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あら?なんか拍子抜け  

昨日、左腰をグキと捻って、アタタ・・・となったが、私の驚異的治癒力は目を見張るものがあり、速攻で身体の詰まりをほぐしてもらって終日休息をとったら、随分と復活していた。

今朝の指導は身体に負担かけずに、その分気持ちを普段の倍くらいかけて、ていねいに。

自分の練習も、無理せず&怠けず、ちょうどいい塩梅で心地よくできる、やさしい空気に包まれたカオリさんのマイソールで。

プライマリーでいいかな、と思ったけど、思った以上に普通に元気で、あんまり過保護にする意味も見つからず、普通にフルセカンド&2ポーズ。

クランチアーサナ、楽はいくらでもできるけど、ゴムカーサナ並みのバンダ力でしっかり自分をキープ。シャラバーサナ、AB共に大変きっつい。カポターサナ、足幅狭いバージョンで楽して軽く表面だけで。バカB、冗談みたいなスローモーションでビビる。ティッティバA、肩が変に圧迫されて両手が回せないまま、ゆるめに続ける(これ!初めてやったチーティングだけど、ラクチンだ・・・!)。マユラーサナ、不調。ナクラーサナ、失速。バタヤーサナ、上半身と下半身が分断されたままで、バランスがグラングラン。パリガーサナ、どこか安定感に掛けて、なにかが違う気がする。ゴムカーサナ、バンダゆるくて、笑えるほどグラグラゆれる!バッダハスタC、バランスとれてからモゾモゾと前腕をハの字にしないて平行にしてみた、これはタイヘン。

・・・まだまだ課題がイッパイのフルセカンド。特にマユラーサナ以降の後半は、ここ数ヶ月で一気にテキトーに自己流でやってるから、モロいこと、脆弱なこと、ひ弱なこと!

でも、こういう「できないながらもやる」という練習は、イッパイイッパイでしんどいけど、逆に「余裕なんかカマしてらんないわよー」と必死な分、すっごい集中力。

ハンドスタンド~ドロップオーバーが安定してきたのと、肩と胸が開いてきたので、タクで戻る練習。腕と肩に重心をしっかと乗せるとこまでは大丈夫(=ヴィリシュチカーサナの体制までは戻れる)。あとは、勢いのモメンタムに乗せて、ヨイショッ!と「クルン」するのが課題。でも、チクタクの練習自体「できそう!」って時しかやんないから、ま、ボチボチと。

なんだかんだで、ヘロヘロではあるけれど、フルで練習できたのは、とても嬉しいことです。合掌。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

Dip in the water, kick in the sky  

連日繰り返すドロップバックのアジャストで負担が蓄積されていたのか、本日ふとしたはずみで左腰をグキッ。。。

マッサージ師さんに応急手当してもらって、ちょっとは抜けたけど、なんかモワモワしてきちゃって、不安定大全開。。。

とりあえず、練習はおやすみ。台風の空模様を窓から眺めては、モワモワを探りに自分の奥底に深く潜っていくナリ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ちょっと根性入ってきた?  

昨日まで「暑いよー」と文句たれていたのが嘘のように、一気に涼しくなってビックリしながらの昼練@おうち。

いやー、この涼しさ、この清々しさ、ああ夢みたい~!

あの灼熱地獄で練習できるんだから、ワタシもうどんな環境でも怖いモノなしだ、と思っていた矢先。「練習=自己への挑戦」と刷り込まれつつあったので、今日のノー・ストレスな環境は、ある意味拍子抜け~!

「辛くない」という状況が、「嘘でしょ?」と変換されるあたり、随分とひねくれちゃったわー、とか思いつつ、ゆるやかにフルセカンド+2ポーズ。涼しいと、汗もにじむ程度だし、身体も極端に柔らかくない。いよいよ、寒い季節へ向かっての第一歩的プラクティス、ワクワク。

パシャーサナ、何を思い立ったか、足の下に丸めたマットを敷いてみた。IYCのマイソールでよく見るアレ。昨日カカトを踏ん張ったらポーズに力強さが生まれたので、もうちょいその強度を高めるとどうなるのかなー?と思って。で、結果、なんも変わらん。足首の柔軟性が問題ならば、よいサポートになるのかもしれないけど、私個人的には無意味だった、残念。

後屈シリーズ、昨日に引き続いて、弓・横弓はもとより、駱駝・小雷・鳩の各ポーズも、膝がくっつくくらいの狭い足幅でやってみる。あまりの違いに愕然となる。特にカポタは、まったく別のポーズみたいで、3回トライしてみた後、呆然としてしまった。

後屈は、「背面縮めて前面伸ばす」ではなく、「背面広げて全面伸ばす」なんだと、理屈ではわかっていたけど、実際にこんなに極端に体現できるとは・・・ガーン、いままで何をやっていたのだろう?とにかく最大限に後ろに沿って曲がる状態を目指してたから、どんどんコンパクトに小さくなっちゃってた。イコール=潰れちゃってた、ってことか。よし、これからは後屈の新しいフェーズに突入ということで、大きなアーチで、気持ちよく、やっていくぞー、おー!

LBHシリーズ、やばいです。かなりキツキツ(笑)あんまりにアンマリだったので、水スプレーで肩と膝裏にシュッシュして、ツルンと滑らせてチーティングさせていただきました。ビンヤサアウトで滑る!というのは、いわずもがな・・・。


ピンチャ・カランダ、脳内イメージが先行しすぎ(笑) 身体がいまいちついていかず、何回もトライし過ぎて、途中で自粛。


マユラーサナ、足を高く上げりゃいいってもんじゃなさそうです。ようやく顔と胸が床から離れて「沿ってる」感じに(感覚的にだけど)、どんどん移行中。

後半、かなりダラけてきたけど、とりあえず現在のポーズは全部終了。途中で、「あーダルッ、止めちゃおうかなー」攻撃に幾度もあうが、それでも、どんなヘロヘロでも、とりあえず最後まではやる、という根性が少しずつ身についてきたのかもしれないです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

撒いてた種から芽が出てきた?  

宅練初めて半年、回数にしたら、たかだか100回くらい。まだまだ試行錯誤でアーダコーダの真っ最中だし、これっぽちの経験で「語る」ほど厚顔ではないけど、なんとなく「自分ひとりで責任を持つ練習」に慣れてきたな、という感はある。人は簡単にモノゴトに夢中になって、そしてあっけなく醒めていくものだけど、そんな中で継続することの難しさは、特にヨガに限らず常にヒシヒシと痛感。

さて本日の昼練@おうち・・・やはりうだるように暑くて、風がひとつも入らない、ゲー。しかもスタートがちょっと遅れて11時過ぎってアータ、いわゆる日中の最も暑い時間帯にアシュタンガ~v(・n・) アラームの温度計見たら34度だって・・・ハハハ。

ともあれ、まずは床を掃除して、マット敷いてスーハー・・・あー、シンド。脂汗出しながらスタンディングをねっちり、サクッとパシャに入って・・・あれ?と違和感ひとつ。ま、いっかー、と続けていって、クランチアーサナで、あれ?と違和感アゲイン。

なんかね、ひとつひとつのポーズの感覚が、違うのだ。

パシャではカカトが普段の倍くらい床を押し付けていて(基本カカト浮いちゃうタイプ)、ムニーン!とねじりのパワーの原動力が床!って感じが強くなってた。

クランチアーサナでは、曲げた足の膝を床に押し付けながら座骨でも床を押して、そこを支点に上半身をまっすぐ真上に伸ばしていって、そこに近づけるように伸ばした足を引き寄せるから、すっごいバンダ意識してる・・・普段は「なんにも感じないブラインドポーズだわー」とヘラヘラしていたのが嘘みたい。

で、言い出したらキリがないんだが、ほとんど全てのポーズが様変わりしていて、力強くなっている・・・不思議。

カポタでは2回目のトライのときに、無意識に足幅をうんと狭くしていて、感覚的には「膝同士がくっついているくらい」の感じで、やってみたら、身体の前面の表面がジワーンと伸びて、ふだん感じている身体の裏側、特に腰周りの負担がまったくなくて、いつもより軽く足首あたりまで手がとどいた。カポタは結構開いてきたけど、腰骨同士が当たる感覚があったので、これ以上深めるのは物理的に無理なんだろうな、と思っていた矢先だったので、ちょっとビックリ。

ヨガニドラサナで休憩が入ってしまったけど(横たわるとついつい・・・)、仕切りなおして後半戦は、サクッとやる。

マユラーサナ、ナクラーサナ、共にチカラ強いですよー!グワー、と。

バタヤーサナ、股関節がずいぶん開いてきた感じがするけど、まだまだ伸びそうで、つい頑張っちゃうけど、ギリギリだから、ブルブルしてる。某若手男子がマイソールのレッドで、このポーズでパーン!と後ろへすっ飛んでいった、ってのが判る気がする。

ゴムカーサナの足、ちゃんとくっつけてます。かなりバンダちゃん意識しないとグラングランになる。足が太いのは、うーん、正直ムチムチでじゃま~。

7頭立、手はあくまで添え物、あんまりそこに頼らないようにして、頭頂とつま先を両極にして、かなり意識的に上下に伸びるようにして、各10呼吸ずつ。ちょっとスティラでスッカム入る。

バシスターサナとナントカミトラーサナも、気持ちよく、グワーンと上に開いて伸びるように。

ドロップバックも足幅うんと狭くしてやってみる。カポタ同様、使う部位がずいぶん違う。しばらくこれで試してみよう。

で、ハンドスタンド、やばー!何の気なしに、昔やってた「半分パイクハンドスタンド風」でやってみたら、ゆっくりコントロールしながら、足を伸ばしたまま、お腹つかって上げてくハンドスタンド一丁デキアガリ!なんだー?腕肩の土台が昔と違って、ちっとも力まずにできた。なんか不思議。

なんか色々と、ビックリすること満載の昼練でございました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

宅練の罠  

指導前におうちでプライマリー、とマットを敷いたはいいが。
リビング床の隅に溜まってる埃が気になってしょうがない・・・ので、雑巾がけを始める。
やっぱり練習は清潔なところでしたいものです。

さて、ではサマスティティヒ・・・と思いきや、尿意に襲われトイレへ。
トイレもなんだか薄汚れているのが気になってしまい、またまた雑巾持ってきてお掃除開始。

実はズボラで生理整頓不得手なのだが、衛生的に汚いのが、ピキッ!となりがち。
変なスイッチ入ると、アルコール片手にゴシゴシ始まるのだが・・・案の定、今朝はそのスイッチ入ってしまったもよう。

とりあえず、狭いアパートなので、チャチャチャーと掃除して、ひと汗かく。

さ、気持ちよく練習しましょう!思ったころには、残り時間1時間ナリ。

でも、掃除すると空気がキレイだし、心もすがすがしいので、スリヤとスタンディングで、けっこう満足して、とりあえずプールボッタナーサナまでやって、フィニッシング。

やっぱり、掃除は、もっとこまめに(教訓)



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

早朝のれんしゅう  

土曜の朝はフリーなので、まだ涼しい早朝に、フルセカンド+2ポーズの練習。

かなりの集中をもって、途中で途切れず、決められたビンヤサで、ポーズの精度をゆるめずガッツリと、だけど力まず、ほどよい中庸ドコロで、内から外向かうエネルギーを強く感じての練習。

カポタでポーズに入るとき、いかにゆるめるか、を意識的に。だけど足首をつかむ手の動き(キラキラ星@Makity姐さん)はアキラメを入れずにガッツリと。

バカB、やっとこ戻ってきた。以前と重心の載せどころが全然違っているけど、腕肩への負担がないから、こっちのがいいや。

LBHシリーズ。時間をかけてスッポリはまるように。でも、まだまだ、キツイ状態は、あまり変わらず。

ティッティバAがズリ落ちる。いや、今までも飛んでポーズに入ったときって、結構ズリ落ちてるから、肘を曲げて身体を床と平行にしてヨッコイショと膝裏を肩の上に滑らせてたんだけど、それが出来なくなってる。しかたないから、屈辱の(笑)足を一旦床に付けてから肩に脚を深くかけて、再度のティッティバA。

カランダ、最近復活してきた。食生活がキーなのかもしれない(笑)

マユラーサナ、現在メキメキと進化中・・・これまでの冬眠生活から目覚めて、やっとこ、「シャラバーサナ」に向かって頑張っております。

ナクラーサナ、いまいち分らん、というか、こんなんでイイの?と不安になるポーズ。行きは元気で、バッタンバッタン超ウルサイんですけど、もうちょっとコントロールすべきものなのかな?一方、帰りがぺトン、ペトンと病弱で情けない、こんなに差があっていいの?

7頭立やりました、特になにごともなかったです^^

バシスターサナ&ナントカミトラーサナ、左右差がけっこう大きいのに気づきながらも、かなり安定してきて、身体に馴染んできている模様。

ハンドスタンド、ドロップオーバーも久々にやって、元気が出てきた。

けっこうみっちり2時間かかって終了。早朝は確かに練習しやすいなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

気構え無用でござる  

指導後おうちでフルプライマリー。

なんでこんなに暑いのー?もうウンザリだよ~!と、風の入らないオーブンハウス(我が家)で、脂汗まみれのグダグダになってフルプライマリーなんとか完了、ふー。

身体がどうとか、ポーズがどうとか、そういうことよりも、いろんな障害に囲まれた逆境で、いかように物事に立ち向かい、対処していくか、っていう練習をしているんじゃないかな、ってフト思った。

やりたいこと、やりたくないこと、できないこと、できること・・・の組み合わせパターンはいくらでも作れるけど、結局「それをおこなう、どんなかたちであれ」ってことでしかなくて。

たとえば、こんなうだる様な暑さの中で、ゼーハーいってプライマリーなんて、正直シンドイがら、ヤーメタ!とイチ抜けしちゃうのは簡単だし楽チンだ。たとえやったことろで、朦朧としたり、手を抜いたり、中途半端になりそうだけど、それでもあえて、それを「やる」覚悟、ってのが大切だと思っている。

たとえば「イチからやり直しジャンプバック」は確かに、新しい感覚で、今までと違う動きが身についてきている。だけど、それをどうやる、こうやる、ってことより、できないんだけど「やる」努力を、黙々と続けること自体が、私にとってとても愛おしいものに感じる。

そんなこんなで、ポーズや動きの良し悪しとは別の階層で、とっても充実した練習を堪能して、結構満足満足。気がついたら、首~肩~背中の違和感もナリを潜め、全身がすっきりとしてる。

それもこれも、おうちでひとりきりだからこその、気構え無用な環境が、ずいぶんと助けてくれてるからなんだろうなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

それはいつだってちょっとした冒険なんだ  

んで、カオリさんマイソール。

ゆっくりと、ひとつひとつのこわばりをほどくように、スリヤナマスカラ。シンドいながらも、ていねいに探るうちに、ほどよいポイントが見つかったり、見失ったり。

スタンディングで終了しておこうかな、という気持ちが湧いてきたのが、プラサリータあたり。一時の気持ちの不確実。わかっているのに翻弄される不思議。

脊髄故障中の踏み絵ウトゥカターサナ。辛いからと、簡単に諦めて楽せずに、背骨の各パーツの湾曲状態をミリ単位で微調整するように。頚椎ヘルニア同士の某先生が、やはりこのポーズで「学び、癒し、かけがえのない友となった」というのを思い起こしては、励まされ、助けられる。

元気がないときのヴィラバドラーサナ効果。結構単純にバッチリ効いてきて、よしプライマリーをやろう!という勇気が湧いてきて、続行。

調子が悪い時、自宅では簡単にジャンプバック&スルーを「歩いて」しまうけど、今日は「肩に負担がかからないポイント」でのジャンプバック&スルーを、いっこいっこ丁寧にやる。

ナバーサナが変にキツかった。ブジャビダもちょっとした油断で肩と腕に負担がかかる。スプタクルマーサナが「こじんまりと落ち着いて」超気持ちいい。バッコナ飛ばした気がする。セツバン流石に用心して両手で支える予備ポーズで。

かなりていねいなフルプライマリーを終えるころには、身体の不調もどこかへ吹き飛んで、全身の風通しがよくなっていた。さすがのプライマリーである。

さらに軽く後屈のポーズを行って、背骨全体をバランスよく調整をしておくことに。カポターサナまでを、のんびりゆっくりやってフィニッシングへ。

以前の私なら、こういうリハビリヨガは、ひきこもった猫のように、自宅でこっそり誰の目にも触れずにやっていただろうけど、なぜか今日は、周囲に人がいる環境で、指導者に見守られている環境で、やりたいな、と自然にそう思った。多分、このスタジオのこの雰囲気が、私にそれを赦してくれたんじゃないか、って気もする。過去に習ったどの指導者も、過去に通ったどのスタジオも、そんな風に感じることはなかったのに、不思議・・・。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

脊髄稀譚  

日曜 
珍しく、寝る前に肩が凝ったな~、と感じた。

月曜 
練習後の首~肩のはりが気になる。夜はシップを貼って寝る。

火曜 
寝起きの寝違え感が気になる。首が回らず指導にも支障が。昼練は、あんまり暑いので気合と勢いでドリャー!と畳み掛けるように。7頭立を身体が拒否していたのが印象的。

水曜 
背中全体がバリンバリンで寝床から起き上がれない。はいずるようにして熱いシャワーを浴びてなんとかしのぐ。指導後ランチ仕事のため、昼練はおやすみ。夕方以降も、おうちでダラダラと休息をとることに。

木曜 
首~肩~背中の違和感は残るものの、練習して全身の流れを整える必要を身体が欲しているかんじ。久々に心身のリハビリっぽく、東京のマイソールクラスへ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今日は練習中に眠らなかったよー  

今日も暑い。

朝の指導後ヤボ用があり、練習開始が11時過ぎ。なぜかピタリと風が凪いで、炎天下でオーブンみたいに暖まった自宅で、クーラーも扇風機もなしに、サマスティティヒ・・・こりゃ、相当気合いれないと、途中で「あじーよー」とくじけること必須だなー、と思い、普段の3倍のウジャイ呼吸で、超ピッタでタパスで暑さなんか吹き飛ばせー!と、それはもう・・・(笑)

カポタもガッツシ、LBHもピッチリ、カランダもバッチリ、勢いで突っ走るのも、ある意味有効だわねー、とか思いつつ、フルセカンド終了。なぜか7頭立をやる気が沸き起こらずパス。そのままフィニッシングへ。テイクレストへ入ることに、風が出てきて、それがもう涼しくて心地良いったら、アータ。

とりあえず、やることやって、仕事にとりかかる。こういうサク練はダラけない分、充実感でイッパイ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

インディアンサマー  

9月なかばの空はとても高くて、だけど日差しはまだまだジリジリと熱くて。暑いの好きだけど、あんまり長引くと、疲労が蓄積されるようで、キツイ。それでも明け方は、すっかり暗くなった分ほんのり涼しくて、きもちよい。この時期の、両極に大きく揺れ動く感じと、それに振り回される様子が、結構楽しい。

で、掟破りの満月練習@誰もいないスタジオ。

先週の金曜日はストレッチみたいなもんだったから、3日ぶりの練習。全身が思ったよりもこわばっていて、心もかなりお疲れモードなのが、マットに立つと丸分かり(笑)

ゆったりめにスリアx10回ずつやって地道にほぐして、スタンディングもミチミチとねっちりやって、あー伸びるわー♡なんてヨガってたら、案の定「まったり、タマシックなモード」のスイッチが入ってしまい、プラサリータで寝ちゃいそうになった。

こりゃヤバイ!とプライマリーの予定を急遽セカンドに変更して、シャキっとお目覚めモードへシフト。

最初の難関のシャラバーサナ(腹ばい体勢は、つい寝てしまうのだ・・・)からダニュラーサナまでを、ダーッ!とやって、危機一髪セーフ。とりあえずは、途中でダラッとしかけながらも、フルセカンド完了。ついでに次の2ポーズもやっといた。

あ、今日はなんとバッダハスタCで、ポーズに入りかけた瞬間、誰かに突き飛ばされたみたいに、ナナメ前にスコーンと倒れた。なぜ?

スタジオには鏡があるので、バシスターサナとナントカミトラーサナの左側が、丸見えになっちゃうのだが、思った以上にパッカーンと上向きに開いてて、これは過剰ではないか?と、チト思った。こういう時、指導者がいないと不安になるものなんだなー。

それにしても、暑いね、すっごい滝汗。ちょうどいい解毒になったかな。
この暑さ、まだ去らないでほしい反面、そろそろ涼しくなってほしい気もする。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

まとめ好き 2011年8月~9月  

ヒマだったので、過去40日間の練習内容の集計をとってみた。

プライマリー:11日(35%)
プライマリー&1/2セカンド:2日(5%)
セカンド:19日(60%)

計:32日
うちスタジオ練:6日(20%)

数字上では、思ったよりバランスとれてる。ま、その質は別として。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

特効薬  

きんようびはおやすみの日、と勝手に設定してたけど。

朝のお勤め後、あまりの疲労感にうちのめされ、放っとけなくなって、軽く太陽礼拝~スタンディング&シッティングを少々。

意外と蒸して暑くて、普段と違った濃ゆーい脂汗が出て、かなりの不快感。

ずいぶんと毒素が出たのか、シャバーサナがアリエナイ爆睡。どこまでポーズをやったのかすら覚えてない。

でも、やってよかった。心身の調子が全然違う、ビフォー&アフター。いつになく、ヨガ効果のありがたみをヒシと感じた。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

1本芯が通るというより、1枚余分な服を着込んだ気分で、自分がどんどん鈍感になっていくようだ  

週に一度のスタジオ練でフルセカンド+2ポーズ

毎度のことだけどスタジオならではの魔力をお借りして、身体がしっかりと安定しつつも軽くて柔らかい、という、普段の宅練との落差に大笑い。しかし人いきれというか、熱気と邪気にあたってクラクラしてくるのは難点。

初めての先生の指導は、ソフトでやわらか(同じ意味だ)な印象。触れてるか触れてないかの微妙なところで、しっかり的確な方向へ誘導される。カランダUPのサポートと、ゴムカーサナの「カカトつけて」が挑発的で好感が持てた。

つか、ゴムカーサナでカカト同士をつけるなんて、初めて聞いた。やってみたら超タイヘンで、バランスがコロコロ崩れて、ゲームみたいだった。

それにしても、息切れが酷すぎ。ティッティバあたりでギブアップしたくなるほど、心臓バクバク。多分家では知らずと、休み休みになってるからだろうなー。

この新しい先生はちっちゃいので、アジャストの仕方が独特。ヴリシュチカーサナでは、小柄な人による小柄な人対象の、不思議な小ワザを発見・・・、これいつか試してみよう。

久々のアジャストされたバックベンドで足首つかんで、これまでにない安定っぷりに(たいていムリクリなので・・・)、なんか不思議な感覚をおぼえた。肩の回り具合が変わったのかな、肘も内側に自然と治まっていたような感じだったし。

あー、でも、ちょっと前にキシコ姐さんが書いてたけど、スタジオでの練習は、いつもの本来の自分の練習と、あまりにかけ離れすぎてて、なんか嘘っぽい感じがする。でも、週に1回の余興というか、レジャーとして捉えれば、ちょっとしたメリハリ効果があって、それはそれでよろしいかと。

普段かかない汗をしこたまかいて、爽快っちゃー、爽快。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

私の心と秋の空  

台風が去って、気候が落ち着いたからか、我が心身もわりかりフラットな状態が続く。暑い~とか、寒い~とか、から解放されて、なんとも心地の良いストレスフリーのこの季節、今のうちに充分堪能しておくことにする。

こういう環境だと、呼吸も自然と深くなるし、一定のペースを刻んでるから、そこに意識を向けるのが容易になり、結果ほどよい集中が持続するのか、スリアからスタンディングにかけては、まるで工場の流れ作業のような感じで、ポーズに次ぐポーズを淡々とこなすロボットみたい。あんまり無心で流していたからか、途中で「あれ?あのポーズ、いつやった???」とハッとすることしばしば。

今日はフルセカンド+2ポーズ。肩周りの安定感が、日に日に良くなってきてる。まだ、100%信用して重心を預けてはいないが、そのうち委ねられそうな予感。

ベカーサナで背筋が急激に固まって、ヤベー!と冷や汗かいた。あれ、一気にドリャー!とやるアドレナリン大噴出が変態的に好きなんだが、そろそろ涼しくなってくるので自制しとこう。

ダニュラーサナ、膝をピチッっと閉じてみました。宅練になってから奔放すぎて、いつも膝パカーンと開けてたので、たまには別のストレッチも兼ねて、ピチッと。

カポターサナ、めずらしく2回トライ。1回目なぜか心がポキッと折れて、足裏にすら手を伸ばす気力がなくなり、Bの状態で20呼吸くらいして全身を隈なくジワジワと伸ばしてみた。ベカーサナで痛めた背筋も、良い感じに緩んだので、再度トライで、グワーッとガッツシいかせていただきました。

バカーサナB、アームバランス脱構築に伴い、ポーズへの入り方がモロ試行錯誤中。3回トライで、3回とも「浮くけど降りれない」状態・・・。これが、この先どう進化するのかが、楽しみ。

LBHシリーズ、やっばいです。股関節がどうかしちゃったんでしょうか?エカパダからして、キッついです。身体のいろんなとこが「現在調整中につき」の看板出してる模様。ちょいズルで、肩と膝の裏にスプレーで水シュッシュして、ツルンと滑り込ませて、なんとかしのぐ。

ピンカラ、各1回でサクリと。あんまり何度も繰り返すと、首も肩も腕もヘロヘロになっちゃうから、ほどほどでオッケーを出すようにしてるのだ。(という言い訳)

マユラーサナ・・・。あー、こんなチッポケな、こんな些細な体型への配慮で、こんなにこのポーズが安定するなんて、嬉しいというよりは、いままでの苦労はなんだったんだろうか?と、人生ブルースの真っ最中。ずーっと生理のウザさに辟易していた女子高生が初めてタンポン使って、「うわー!!!なにコレ???こんなに楽チンでいいの???今までの苦労はなんだったのよー、キー!」という感じか。

後半はサクリと流してしまうあたり、今の私にとっては、セカンドの肝はマユラーサナまでな気がする。イコール、セカンドの前半で、まだまだイッパイイッパイってことで。これが、もう少しこなれてくると、また違った意識が生まれてくるんだろうな。それはそれで楽しみ。

今日は久々にドロップバックをやった。ずっと腰が違和感あって、ブリッジで充分!だったのだけど、ちょっとだけ勇気を出して、エイヤっと!ちょっと肘が曲がって、頭がスレスレになりながら、ドスンと床に落ちて、昔のドロップバックみたいでニヤニヤした。2回目、3回目で、少しずつ戻ってきたけど。

ドロップオーバーはやらずに、安定してきた土台に重心を載せるようにして、ハンドスタントで10呼吸。私にしては、これ重大事件的なデキゴト!なにごとも継続と忍耐、あと焦らないことが大切なんだなー。

汗もあまりかかずに、気持ちのよい練習。秋の空は高くてキレイ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

身体のエクリチュール  

時間配分が想定外のハプニングで大幅に変更、ま、人生って、そんなもん。

胃の中でアイスラテがタプタプしたまま、マットに立って、ヨッコラショとハーフセカンドをば、正味かれこれ1時間ほど。

ジャンプのフォームが大幅に変わりつつあり、これまでのものを一旦解体してるみたい。

食事の変化に伴い、身体が締まってくるにつれ、前より肉体が邪魔に感じるのはなんでだろう?

カポタが非情なまでに辛かったのと、LBHシリーズが壊滅してたのが、印象的。

前夜の寝不足がたたったのか、練習中はずっと朦朧としてた。

フィニッシングもそこそこにシャバーサナCで30分ほど昼寝。

あらま、ずいぶんとサラリとしたプラクティスですこと!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ショルダー・ガードル  

アラーム鳴らず寝坊した朝、猛ダッシュでオツトメにむかう道すがら、色んな動作で腰をかばっている自分を発見・・・・なぬー?腰が痛いのか、ワシ?

一仕事終えて家につく頃には、雨がパラつき、マットを敷いて練習始めたら、スコールみたいにザーザー降り。おかげで、涼しくて、気持ちよくて、練習終わったら暖かいシャワー浴びよ~v(・▽・)~ワーイ、とワクワクしながらフルプライマリー&1/5セカンド(ダニュラーサナまで)

昨日のプライマリーは、あまりに簡易バージョンだったし、急にジャンプバック&スルーの練習したくなり、フルプライマリーを、まずは真面目にしっかり。

ジャンプバックを改善しなきゃ、いつまでたっても肩にうんと負担かけちゃうなー、と色々と試行錯誤をしている過程にいるのだが、別にジャンプバックに限らず、両手をついて身体を支えるという動作はすべからず、肩をすくめずに肩甲骨下ろしてスペースつくって、腕が背中の真ん中くらいから伸びてる感じで、肩関節近辺がグチャッとならないように、地道に活動を行っておるのです。

今日はジャンプバックの脳内イメージが相当に変化してて「?」とか思ったんだか、実際練習してみると、やっぱり変化の兆しが顕著であった。肩を詰まらせてない分、腕が相対的に長くなってるから、スペースが広くて余裕がある。あとは呼吸との連動がスムースになってくると、いい感じ。



プライマリーの慣れ親しんだポーズは、立ち返るごとに、新たな発見がポロポロ出てくるから面白い。今日はジャーヌABCがツボ入った。つまんないときは死ぬほど退屈なポーズなんだけど、今日はめくるめく怪しい曼荼羅ワールドと化すナリ。

腰の不調も、すっかりほぐれて、ちょこっとだけ後屈をダニュラーサナまでやってオチマイ。バックベンドはブリッジのみで、その分フィニッシングをゆーっくり時間かけて、シャバーサナは肌寒いくらいで、でっかいバスタオルのヌクヌクに包まれて、グー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

人はルーティンを生み出すことで安心するのか  

地元での指導前に自宅でフルプライマリー。

寝起きで、ウンコだけして、すぐに始める練習は、全身がどこもかしこも、バリッバリに固まってて面白い。なんたってウッタナーサナでは、膝を曲げて背中丸めてやっとこ頭を下に降ろせるくらいで、次のアルダウッタナーサナが辛くて目線だけ上げるにとどまる。スタンディング全般がエラくカチカチで、ちょっと頑張ったら筋切れそうな感じでヒヤヒヤ。

でもね、寝起きの練習って、不思議と、無心になれるんだ。

ワケわかんないくらいヨレヨレの身体に向かう意識が、すんごく素直で単純。ポーズのディティールを細かく企てなくていい分、「こうあるべき、あああるべき」といった規定から自由になれるし、なんたってそこに潜むアシュタンガエリート意識のような、馬鹿げたエゴの出番が、まったくなくて。自分の内にも、周囲にも、グルグルと見回りながら、否定とジャッジと矯正に奔走する、アシュタンガ・ポリスの姿が見えない、まさに、心穏やかな練習。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=IBH97ma9YiI&w=560&h=345]

トリコナーサナ、無理して足の親指をつかまず、全身を大きく広げて伸ばして、気持ちよく呼吸を感じる。身体で作り出す三角形の辺をピンと伸ばして帆をはって、時にたわみゆるませ躍動するに任せる。

ほとんどのコアアーサナは簡易バージョンで、やわらかく流すプライマリーは、なんとも心地よくて、1日の始まりにうってつけのバナナフィッシュ。

練習後は湯船に浸かって朝風呂。細胞一個一個が震える感じが溜まらないー。それから改めてのシャバーサナで、極楽極楽。

日:フルプライマリー
月:1/2~フルプライマリー+1/4~1/2セカンド
水:フルセカンド
木:フルセカンド+2ポーズ
金:からだメンテ
土:フルセカンド+2ポーズ

最近のルーティンは、こんな感じが多い気がする。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

なつのおわりのあらし  

台風の風をぴゅうぴゅう受けて、窓を開け放った部屋でフルセカンド+2ポーズ。

湿気や気圧やその他諸々の影響をうけて、心も身体も沢山の波やうねりを作り出す。

それらに寄り添うように、ときにやさしく微笑みながら、ときにかなしく目を閉じながら、それでも呑まれることなく、一定の距離感という謙虚な敬意と愛情をそそぎ、今日も内に凛と輝く光を感じ、そうして日々の営みを繰り返すのと同じように、この練習に心を砕く。

ちょうど2005年の今頃アシュタンガを始めて、アーダコーダとウザいことホザきながらも、それでも飽きずに日々の練習を継続してるってのは、奇跡みたいなもんだなー、とシミジミしつつ、この練習と出会えて本当に良かった、と心からそう思った今朝の練習。


20110903-131220.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

なんか初々しいスタジオ練習日記  

クーラーなしの生活が災いして、昨夜の蒸し蒸しでちっとも眠れず、起床の時点ですでにグロッキー。

今日は週イチのスタジオ練。着いた時にはすでに50人以上の皆さんがスーハースーハー。こういう大都会の雑踏に紛れ込んだような「名無しさん」状態、かなり好き。

最初は後ろの隅っこで、空いてきたら前の大きな窓の真ん前で練習。場のエネルギーをちゃっかりお借りして、フルセカンド+2ポーズ。

スタジオだと、普段できない(というか、どこかで投げちゃってる)ポーズや動きが、すっごい楽チンにできる。これもある意味、自分以外の力を借りたインチキみたいなもんだと、最近ようやく分かってきて「これが自分の実力だ」というよりは「このくらいの可能性は私の中にある」んだと思うようになった。

バタヤーサナの懇切丁寧な指導は、本当ありがたかった。このポーズ、いつも「あー気持ちイイ、萌え~」とかいって勝手気ままにやってるので、なんか心もとないというか、ポイントずれてる気がしてて。こないだなんか、ついつい自分でビデオ撮りして確認までしてたのだ(笑)

足の位地は意固地になって「膝にカカトつけて爪先真横90度」に執着するより、爪先をちょっと正面に向けて安定させてから、ここ肝心、「足で床を押す力で絡めた両手を上に伸ばす」・・・そうかー。ワタシ上半身と下半身が分裂していたー。

絡めた両手の指先の上に手を置かれて「はい、さわって」という魚釣りアジャストは受けたことあったけど、さわった指導者の手のひらを「押す」とか、さらにグーっと押し返される力に向かって「もっと押す」とかって、ほんと下半身の足で床をしっかりとらえてないと無理だ。ちっともできずに3回くらい転がった。でもなんかいいポイントが見つかった気がする。これからしばらくは、足の位地少しずらしてやってみよう。

パリガーサナも初めてアジャストされて、えー?そんなに上向いちゃうの?とビビった。後頭部をスネの上にキープするのも初めて知った。

バシスターサナ&ナントカミトラーサナ、初めてアジャストなるもの受けた。うわーっ!キッツー!そ、そこまで・・・?

おかげさまで、これまで自分がどれだけcomfort zone(楽チンゾーン)に留まっていたかが、よく分かりました。と、同時に、本当ポーズって終わりがないなー、とか。

ハンドスタンド~ドロップオーバーで、どうも肩をロックしてしまい、そこをリリースするよう毎回何度もサポートしてもらう。この「怖い」はなんなんだろう?リリースできちゃえば、すっごく楽にツルン!と裏返しになれるのに。「意識でずっと守ってる癖がついてるから、時間はかかる」というお墨付きなので、じっくり取り組んでみます。

このくらいのペースでスタジオで経験豊富な先生に教わるのは、「勝手な解釈で奔放な練習」に終始しがちな私にはちょうどいい起爆剤になってヨロシイのではないかと。毎日ってのは、もう無理だけどね・・・

でもしかし、股関節大変なことになってます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。