HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

逆立ちをするからだは、煽ってはいけない  

昨日ヒステリー起こして毒出したからか、打って変わって軽々楽チンのサク練。始める直前まで心は相当に不貞腐れてたから、超ヤル気ナシだったのにも関わらず、すんごい集中力であっという間にフルセカンド。

あーんなことや、こーんなことも、ヒョイヒョイで、あまりの豹変振りに呆れるくらい。特に力みがちなバカーサナやティッティバやカランダで、ふ~、と抜けつつ、スッと難なく入っていける感じが新鮮。

スプダバジュラでの「ダンナおだてまくり大作戦」が功を成し、今日からドロップバックのアシストをしてくれてる。デカイから安定感があってよい感じ。だけど、「足首掴みたいのー」と言ったら怒られた、ちえっ。

ハンドスタンドがここ一ヶ月くらい(もっとかな?)、ちっとも安定してなくて、バランスポイントに怖くて乗れない自分が面白い。7ヘッドスタンド始めてから、逆転での身体の感覚が、なんか変わってきたような気もする。

ハンドスタンド一直線状態でのバランスキープは、せいぜい5呼吸が限度。でもヴィリシュチカーサナ状態にすると、結構安定するというか、重心を移動させながら長時間そこに留まっていられる。この差が不思議。振り子の幅の問題か・・・。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

"そんなんで、よく教えられますねー"  

少し鬱入ってきた。他人のちょっとした一言がいつまでも心にひっかかってる。自分の一番弱い部分が露になると、躍起になってそれを打ち消したいがゆえに、その引金を引いた人を非難してしまう、いつものパターンだ。

自分の練習もロクにできない人に教える資格はない。そういう規定の雛型で自他をジャッジし続けてきた自分が、同じ定義から導かれる批判の対象になってる。冷静に見れば、こんなに滑稽なことってないというか、なんか、全てを一旦解体する作業に入ってるみたいだ。

昔の先生が、どんなときも「まずは自分の練習が最優先」というポリシーだった。その「練習」というのは、単なるアサナのプラクティスを指していて、ヨガという叡智を体現する総体的な修行そのものでは勿論なかった。

私個人は、自身の今現在のダルマとしてするべき任務を全うすること自体が、生きる上でのヨガ修行だと思っているから、それを差し置いてでも、まずは自分の修行優先、という一種の「世捨て人」的ファナティックさは正直苦手だ。

アシュタンガ・ヨガ・ビンヤサ・システムの素晴らしいところは、人としての、一家の主としての、母としての役割をまず主におき、その邪魔にならないように早朝の練習をする、というシンプルさだと思っている。グルジはバラモンとしての祭事があれば普通にシャラを閉めていたし、"Practice, practice, practice"というフレーズは、決して「週6日の早朝練習」をまっとうするために、会社を辞めたり、母親としての責任を放棄したり、離婚したりすることを推奨していたわけではない。

「なにはさておき自分の練習」というハードコアな姿勢というのは、言い換えれば、単なる我欲と執着に取り憑かれた餓鬼の心の現われなだけで、それってヨガ的指針から180度真逆を向いてやしまいか?

「アサナの練習よりも大切なこともある」と、手放すことで受容と知足を体現する経験は、誰にでもやってくるんだし。つか、そこを通り過ぎなかったら「アサナ重視のヨガ修行」の意味がなくなっちゃう。

今わたしは、アサナの練習7年目にして、これまでのハードコアっぷりで培ってきた(と思っていた幻影)全てを、いったんチャラにして、ぜんぶバラバラにして、解体して、ゼロにしている真っ最中。ここから、新たな何かが生起するのか否か、そんなことはわかんない。

他人の言葉に簡単に傷ついて、ひとしきり腐ったあげく、そんなことを思いながら、指導後にお家で練習。心がアチコチに彷徨うもんだから、ポーズもアチコチに散漫になっていく。エカパダで腰の痛みが酷くなって一旦小休止。ヨロヨロとピンチャとカランダだけやってみて、うーん、今日はここまで。バックベンドとハンドスタンド、壁を使ってのチクタク準備・・・あらやだ、いつもの「しょーもない練習」じゃん!でも、これがいまの私のやってる練習なんだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

けっこうヘロヘロ  

地元でフルセカンド。

湿気や気圧の御蔭様なのか、なんとなく重いダルイめんどくさい。

もういきなりパシャーサナで憂鬱になる、
が、ベカーサナのドリャーッ!という感じで、けっこう萌え入るが、アジャストで膝の内側痛めた、
ら、カポータサナすんごい根性出してガッツシ踵ゲット一発勝負っ!あー疲れた、
けど、エカパダ・ドヴェイパダ、素直に真面目に取り組んでおります、
と、ヨガニドラ、両手で足を動かさなくても、真ん中に頭を乗っけられるようになった、
し、ティッティバ、素直に真面目に取り組み、Cがやっと普通にできる(涙)、
んだが、ピンチャ・カランダ、土台は安定しているんだけど、上のほうはフワフワしてる、
んで、マユラーサナ以降が・・・なんかもうグッダグダに疲れ果ててる。

ペトンペトンのナクラーサナ、ヘロンヘロンのバッタヤーサナ(でも好きー)あたりで、軽く自己嫌悪(笑)

7ヘッドスタンド、ひととおりできるようになってから、最も安定しないのがバッダハスタA=普通のシルシアーサナなのが面白い。

ヨレヨレになって無事終了して、さーバックベンドー、あーもー硬いわー、やっぱー、また明日につづくー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

残像  

今日も指導前にスタジオで練習、フルプライマリー。

最初、ひとりでスーハーやってると、静けさの中に呼吸が溶けていって、まるで包まれるような感じ。

それから、生徒さんが、ひとり、またひとりとやってきて、徐々にみんなの呼吸が重なりあっていく。

気がつくと、大きなエネルギーの玉みたいな中にいるようで、空気が熱を持ち、うねり始める。

その波に乗り、たまに乗り損ねてドスンと落ちて、んでまた乗っかっていくような、即興的交響曲。

練習後、指導に入っても流れは続いてるみたいで。

指導が終わり、皆が去ったスタジオの床を拭きながら、熱気で曇った窓を開けて、まだまだそこかしこに残る、あの呼吸の波とエネルギーの流れの余韻を、ちょっとだけぼんやりと眺めてみた。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

イエーイ  

指導前に身体ほぐしがてらスリアをやってたら、何時の間にかハーフプライマリーやらせていただきました!サポートしてくれた方々に感謝!早朝のスタジオでの他の皆と一緒にやる練習、最高!ラブ(^-^)/

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ちょこっとセカンド・・・もとい、アシュタンガ・インスパイアード  

お家に戻ってからの練習、今日はちょこっとセカンド。

昨日ほどひどくはないけど、やはり注意力散漫。気分はあっちへゆらり、こっちへゆらり。

カポタで久々に3回くらい頑張ってみた。必死の形相で「踵を掴む」への執着を完全昇華した途端、一気にシュルシュルと元気玉が萎んでゆく、しゅるん。

LBH、ずーっとおざなりにしてたので、ダラ練覚悟でネチネチと予備ポーズ含めてやる。股関節はわりかしパッカーンと開き気味だったのに、最近ずいぶんと詰まってきてる。歳?ホルモン?Hしてないから?

ティッティバC、がー!きつー!つらー!

ピンチャ、カランダ、ちょっと最近の感覚が変化してきてて、「上に、上に」ひゅるーんと、すごい勢いで自然に向かっていくのが新鮮。

マユラーサナで、あまりの疲労感に時計をみると、なんと既に2時間経過・・・はて?とっととバックベンドに入って、真面目にフルで真剣にやって、最後に足首ちょっとだけ触れて終了っ!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もーとにかく気怠いったらないのよー、超眠いしー  

うかつに薄着で出てしまい、寒さにブルブル震えながら帰宅してすぐの練習は、今朝もフルプライマリーなり。

しっかし超ダラけモードで、全身がタマスの膜に覆われたかのよう。ちょっとやっちゃー、ふ~(一息)、ちょっとやっちゃー、ふ~(一息)。

ジャーヌCを変態バージョン(かかとを前方へ傾ける)でやった後に、ヴィランチアーサナBとムーラバンダーサナをコッソリ試す・・・やーん(((´∀`=)v

あ、やばやば。アシュタンガの軌道から外れ始めてるー!と仕切り直そうと足掻くが、うっとおしいようなダルさはピークを迎え、ついにバッコナで撃沈・・・

そのまま観念してピンチャ、ピンチャでやるヴリシュチカーサナ、カランダ、マユラーサナ、7ヘッドスタンドやってバックベンドへ。

バックベンドはブリッジからして持ち堪えられず、3回ほどブルブル震えながらやって終了。

あんまり寒いのでシャバーサナで布団に潜り込んだら、そのまグーグー良く寝ること2時間半!

それもこれもすべからく気圧配置のせいにしてみる。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

とりあえずはプライマリーを1000回はおやりなさい、とグルジは言った  

ここのところフルセカンドの練習が(できることも・できないことも含めて)色んな意味で面白すぎて、ついついプライマリーをおざなりにしてました。ちょっと反省です。で、今朝は午前の予定がキャンセルになったので、余った時間でフルプライマリーをば。

あんまりネチったり余計なことしないで、ビンヤサとおりに流れ優先でサクっと90分。やる前は「セカンドやりたいにゃー」と思ってたけど、実際やり始めると、やっぱり断然「気持ちがイイ」のはプライマリー。そりゃそうだ、年季が違うし、なんたって「ヨーガ・セラピー」なわけですから。

慣れ親しんだポーズや動きの中に、いろんな要素があるなー、と感じつつ、だけどそこに固執しないように。プライマリーは骨盤周りがドンドン整っていくのねー、特に奥の方が広がる感じで。

あと後半でいきなりバンダちゃんがエンゲージされるのは何故なんだろう?バッコナくらいからジャンプバックがヒュルーンと軽くなるのが不思議。

しかしプライマリーで何度も上犬やると、普段よりバックベンドがパッカーンと開く。今日もしかりで、ブリッジ、ドロップバック、ドロップオーバー、ひとりドロップバック&チャクラバンダーサナ(もどき)が、当社比120%くらい。

いつもの「燃え尽きた~」や「疲れた~」と違って、終わった後の「整った感」が、さすがのプライマリーならでは。

なんか最近フワフワしてるし、土台をしっかりさせる意味でも、週2回くらいはフルプライマリーやろうかな。とりあえず今週はそうしてみよう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あっ ヤベー  

プライマリー全然やってないじゃん!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

どうってことない、というのが最も素晴らしいものなのかもしれない  

土曜日の鎌倉マイソールでの練習は、週に1度のご褒美。今日も気持ちの良い初夏の匂いを全身で味わいながら、山のふもとで神社の霊気を感じながら、遠くの江ノ電のゴトゴトを聞きながら、お琴の調べをBGMにフルセカンド。

すこし汗ばんだ、でも昔みたいに汗だくにはならないのが寂しい。ディティールはこだわらず、流れに身を任せるようにして、1時間半。全般的に特に可もなく不可もなく。カポタで踵はつかめないし、カランダは上がらないし、マユラーサナは3呼吸だけど、それが現状なんだ、ってだけで。

バックベンドが少し開いてきたかな?って気がしたので、ハンドスタンドからドロップオーバーを、今までよりもっと胸を開いてヴィリシュチカーサナ状態でトライすると、一気に背骨がゴリゴリする。あ、そうか、これ、やってなかったわー。ハンドスタンドから降りるときに、せっかくアーチしていた背骨をまっすぐに戻しちゃっていたから、両足着地後起き上がるのに1・2歩歩かなきゃなんなかったんだ。ドロップオーバーはバックベンドなんだ、ってつい見落としてた。

7ヘッドスタンドのビンヤサアウト。単純に頭頂部にちゃんと重心乗っければ、割と解決。手の位置は変に焦らずに、後からゆっくり床につけばいいから、その余裕が生まれるくらいゆっくり身体を下ろしていくのが、ポイントなんじゃないかと、なーんだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ふしぎなもんです  

昨夜のヨガクラス後ちと夜更かし。気合で頑張って早起きして朝の指導。思いのほか熱が入り、終了後東京へ向かう電車の中で既にぐったり疲労困憊。スタジオへ向かう足取りが小泣爺ィ背負ってるかのごとく重い。あんまりの疲労感に、とりあえずは糖分補給しようとスタバに駆け込みラテにハチミツたっぷり。あーあ、練習前の胃にモノを入れちゃったー、と罪悪感にかられるが、起床後7時間経つからヨシとする。さらに持ち歩いてた自作のマクロビスコーンをモグモグ。みるみる元気が全身にみなぎる。やっぱちゃんと食べなきゃイカン。そんなこんなで、立派に飲み食いした直後に、遅刻したスタジオで練習。お腹タプタプで。むははは。

オエッとならない程度にセーブして、サクリと軽く力まず、緩めにフルセカンド。不思議なもので、あれだけイヤイヤしていた身体もマインドも、スリアを繰り返すうちに、すっかりおとなしく静まる。

やったるでー!の気合を手放して、やさしくやわらかく。ネチネチとおタク入れるんじゃなく、ていねいに。

この週イチ通い始めたスタジオで、初めてフルセカンドやってみた。個々のポーズの精度がどうの、というよりは、トータルの流れとしてのフルセカンドを堪能するように。

7ヘッドスタンドは、微妙な手の位置を直してもらったのと、チャトランガ降りが衝撃少なくなってきたのが、ちょっとした変化。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっつけ練習  

フルセカンドat home 不機嫌なダンナさんに追い立てられて落ち着かない、チッタのヴリッティがワッサワサ。

バックベンド鈍ってきてる。股関節も詰まり気味。それもこれも日々の練習をどれだけおざなりにしてるかの現れなので、潔く受け止めとく。「なんでー?」も「やだなー」も「くそー!」も、あんま意味ない。

チクタクへの道は、どうやら、まだ胸が開いてないことが発覚。もうちっと土台をシッカリさしとかにゃー、と、エッサホッサと壁に胸付けるブリッジ(なつかしー)と、壁つかったヴリシュチカーサナで胸ワーク。シリーズの練習より、こっちのが楽しいや。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

満月パワー  

掟破りのムーンディプラクティス。凛とした空気のスタジオで、ちゃんとしたマットで(笑)、余計なこと入れない、アシュタンガヨガビンヤサシステム、フルセカンドで正味90分。キツかったけど爽快。息切れゼイゼイしたけどスッキリ。全身バリバリに固かったけど風通し良くなった!
結構いろんな想いが巡ってきて、なんとなーく少しづつアレコレを、赦しつつ、緩しつつ、ほんのりと優しくて暖かい気持ちになってきた。
あ、でも、私の本性はそんなにキレイなワケないから、これは全て満月のパワーの成せる技と心得る。

そだそだ、7ヘッドスタンドのチャトランガ降り、男子バージョン(そんなものがあればだが)、バッダハスタ4種でもできました。が、降りる(落ちる)衝撃で、つま先が痛いから、もうやんない。


すっかり忘れてたDavid Garriguesのチクタクへの、パート3。
[vimeo http://www.vimeo.com/23759236 w=400&h=225]

David Garrigues Asana Kitchen: Working Towards Viparita Chakrasana (PT 3) from David Garrigues on Vimeo.



ダンナさんに見せて、明日から一緒に協力してもらうことに。よーし!

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

要見直し  

あれれ?まだなんか心身が落ちてる。家に帰ってからフルセカンドをやるつもりでマットに立つも、どーも気力が出てこないアゲイン。

今日はついに「お腹がすいた」という理由で、スプタバジュラでシーケンス的な練習は撃沈し、以降は独立したポーズの練習、しかも辛いポーズは抜かして、エカパダ、(チャコラーサナ)、ピンチャ、(ピンチャからのヴリシュチカーサナ)、カランダ、マユラーサナ、7ヘッドスタンド、バックベンドシリーズ、ハンドスタンド、フィニッシングと相成る。

確かに、早朝練習から昼練に変わったのに、食生活が以前のままというのがよろしくないようだ。やはり前夜に夕食を摂るか、指導前に固形物を口にすべきかも。

しかし、腰痛いよー(>_<)いや、これは練習じゃなくて、スプタクルマやドロップバックのアジャストのやり過ぎなんだが・・・こちらも合わせて見直しが必要。

身体は全般的に固い、重い、アンド萎縮してる。今まで楽にできてたポーズが無茶キツイ。これは身体が変わる時の傾向。過去2年間の沈黙を破り、ここ最近色々新しいことやってるからかなー、と思いつつ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

むかしみたい  

いつもより2時間遅めの起床。でもなんかダルくてトイレいくのもツライ、ふー。

少しでも元気がでて、少しでも風通しが良くなればいいなー、と思い「ダルさ対策」的にサマスティティヒ。

起き抜けなので、全身がこわばりまくり。ゆっくり、じっくり、癒すように、探るように、予備ポーズもいれつつのスタンディング。あー、腰キテるなー(>_<)

シッティングのジャーヌAまでで終了。ちょっとは身体がシャンとして、今日も乗り越えられそう。

それにしても、スリアのドヴェイ吐いてーのウッタナーサナで、膝を曲げなきゃなんないというのが、昔みたいで懐かしくも、なんか新鮮。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

初夏のにおい  

鎌倉マイソールでフルセカンド。

昨日は疲労感に打ちのめされて、練習をお休みしたけど、今朝になっても元気は出てこない。

よい天気なので鎌倉から長谷までお散歩。ヒールの高いサンダルだったからか、脚がパッツンパッツン。

震災以降の過食で、お腹周りの肉付きがトンデモになってしまい、もうそろそろ言い訳もお終いにしようと、数日前から食生活を正している最中。まだ慣れずに、疲労感が出てるのかもですね。

フルセカンド、きつかった。久々に息が切れる練習した。久々に汗をかいた。身体の奥の方まで届いた感じ。あー、昔はこういうインテンスな練習がデフォだったんだわー、と遠い目。宅レンジャーならではのヴァイラーギャな気持ち。

7ヘッドスタンド、ムカハスタ3種は女の子ヴァージョン卒業。バッダハスタは、それどころじゃなくてよー、上がるのに必死、5呼吸キープに必死~!と、トライする余裕もなく、女の子ヴァージョンに甘んじる。

ハンドスタンドからきしダメです。あのバランスポイントは何処へ?

本日の気づき:スリアの一連の動きの舵取りを骨盤君に任せると、末端部の重みが消えて、身体にかける負担が減る。楽チン。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

所詮この程度のワタシです  

今日はスタジオ練の予定を変更して、おうちでフルセカンド。

最近カポタが、その日の調子を測るベンチマークになっている。むろん「身体」ではなく、「心」の調子のバロメータ。ここクリアできると、その日の練習の「お守り」もらったみたいで、安心する、ははは。

確かにスタジオだと、一本芯が通って、ピシッとした練習ができる。それが「あるべき練習」だとずっと思っていた。でも、こうやって家で「自分の練習」をしていると、外部の力で辛うじて保てる規律って、所詮マヤカシというか、それ自体を自分の内から作り出せないんだったら、それは他力本願的すぎやしませんか?と、素直にそう思うようになって。今は、ひとりでやる練習の中で、「所詮この程度のワタクシ」というのを認識して、受容している過程なので、変に「スタジオでビシッとした練習しちゃったわー、るん!」とかしなくても、いいんじゃないかと。

正直、ビンヤサだらけてます。LBHシリーズ手抜きしてます。エカパダからのビンヤサアウトやってません。ティッティバCは3呼吸もしてないです。カランダは「上げよう」という努力を一切していません・・というか降りるだけで精一杯です。でも、練習がとても楽しいです。

スタンディングの、プラサリータからパールシュボッタナーサナあたりで、「サレンダー!」のスイッチ入って、歓喜に慄きながら嗚咽まででる始末、ヤバッ!でもパシャの「ウンショウンショ」で現実に引き戻されて、ホッ。

7ヘッドスタンドは、かろうじて全部できるようになったので、すべて10呼吸にしてみた・・・ら、スゴイのなんのって!5呼吸くらいまではイッパイイッパイ感満載でブルブルしてるけど、5呼吸超えると一旦落ち着いて、安定して、スティラでスッカムな状態になってくる。そういやフィニッシングのヘッドスタンドもそんな感じだったなー、と今更ながら思い出した。やっぱ5呼吸って、トリッキーだなー。

ハンドスタンド、驚くほど安定しません。自分の中の「怖い」や「躊躇」がビシビシ出てて、肉体に制限かけたまま、前にちっとも乗り出せない。それが面白くて、20回くらいトライするも、すべからく全滅。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

イーシュワラ  

昨日のオタク練で負担かけちゃった腰の痛みを、しかと認識した上でフルセカンド。無理なく、無駄なく、最も効率的なやり方で、省エネモードで、だけど「=手抜き・逃げ」にはならないように。

家で「マイ・ワールド」にどっぷり漬かって練習してるからか、フッと「手放す」というか、自分のコントロール下から「抜ける」というか、ゆるぎないものに「委ねる」という感覚が生まれ、自然とON/OFFするようになってきたのが印象的。

つらい、きつい・・・だから目イッパイ頑張ってるパッツンパッツンの状態。その努力の果てに、「あえて」スコンと抜ける感覚は、ちょとした覚醒が入って、やばい。でも、そこにこそ、本来の可能性、無限の可能性が宿っているんだな、と、おぼろげながらも実感するのは、やはり、この粗大な身体レベルでアーダコーダやってる鍛錬の、当然たる帰結か。

だって、現に、実際問題、このフェーズに一旦入り込むと、この物質的肉体という制限された容器の中に遊ぶ「私自身」が、とてつもない無限の広がりの中にただよう解放感に満たされてしまうわけですから。この自由な感覚は、なんだか怖くて、だけど甘美だ。

たぶん、肉体的エッジをちょいと超えた練習になったためか、最後のシャバでは、全身が雑巾を絞ったみたいな感じで、一個一個の細胞がジンジンしてて、ホロホロと涙も出てきた。あーなんか、私って、ケッタイでオモロイお遊戯してるんだなー。

ハンドスタンド~バランスとりつつヴィリシュチカーサナ、かなりマスターしてきてます。バランスがどっしりと安定してきてて、自分でも「あらまぁ」とビックリ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

めばえ  

生理明け。というのもあってか、身体が軽くてフワフワでユルユル。セカンドをミチミチやってたら、ついオタク入る。カポタを4回ほど、それぞれ違ったアプローチで繰り返して、気になってたトコロをアレコレ探ってみた。結局簡単なショートカットはないことを確信したのだが、それより、こんだけやっても全然腰が痛くないことに驚いた。

カポタやるとエカパダ・ラージャカポタやりたくなるのは毎度のことで、今日もパッコーンとやらせていだたく。しかもタイマーセットして2分ホールドで(笑)。さらにこの後、ラグバジュラ→ウシュトラ→横ダニュラ→ダニュラーサナ→ベカーサナ→シャラバーサナとbackwardsにやってみたところ、かなり新鮮な発見いっぱいでキラリン~v(・~・)v あー、もうこれ変態ワールド。

マユラーサナで一旦終わらせて、7ヘッドスタンドはしっかりやって、バックベンドシリーズ、そして待望の『チクタクへの道part2』
[vimeo http://www.vimeo.com/23407878 w=400&h=225]

David Garrigues Asana Kitchen: Working Towards Viparita Chakrasana (PT 2) from David Garrigues on Vimeo.



前回のポイントだった、ハンドスタンドの状態での胸の開き具合。「床から垂直ではなく床と平行」までバランスとりながら胸を開いていくと、おのずとバランスポイントがガッシリつかめる。これなら、ムニーンと掌で床押せるし、バランス保ったまま、脚を曲げずに背中をそらすことができる。

今回は壁を使わず、足を床に下ろしたまま、1・2・3の勢いを借りて、胸を開いた状態へ戻すように頭を上げつつ足先を床から浮かす、に挑戦。うーん、ここでやっぱり自分の中から「怖い」が出てくるなー。身体の準備はできてそうなんだけどなー。ま、気長に、ねちっこく、いつものオタクなノリでやっていこう。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

とりあえず一区切り  

久々鎌倉のマイソールで練習。

自主練以外の環境で、はじめてフルセカンドをやってみた。ちょっとした緊張感が新鮮で、自分の中にピシッと芯が通ってよかった。

暖かいし、身体柔らかいし、サクサクと流れるように進んで、ドロップバックやハンドスタンドみっちりやって1時間20分で終了。後半やはり脳内麻薬かなり出てきて、シリーズ全部をやったわー!というヘンテコな達成感があった。

全てのポーズが正しくできるわけではないけれど、今までに培った基礎と、そこに乗っけている体力と柔軟性と強さは、フルセカンドを通して練習できるところまで、いつの間にか到達してたんだなー、とちょっと感慨深い。

指折り数えてみたら、セカンドを始めて5年が経ってた。去年の今頃、マユラーサナで腐っていた時に、スティーブンに「セカンドは最低5年から10年かけて取得するシリーズ」と言われたのを思い出した。私のデロデロのマユラーサナを見て、苦笑しながら、「あともう1年!」と叫んでいた彼が、今は正しかったんだなー、とか思った。

さて、これからはセカンドを通してブラッシュアップしつつ、目下の課題はチクタク!どりゃーっ!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

女性の先生というのは  

週に一度のスタジオ練。

ちょっと腰周りが固くてギシってたけど、そこはさすがにスタジオ練、そこそこ気力で身体は動く。

カポタは本当最近肩周りがガチガチで動かない。家では3回くらい必至の形相で頑張ってやっとこ踵に手が触れる(掴むじゃない)くらいなんだが、スタジオだとサクッとアジャストしてくれるから楽~(^-^)/

カランダ久々に本気で3-4回くらい練習しました。なんか変な達成感でイッパイです。

マユラーサナ、インチキっちゃーインチキで3呼吸くらいしかできてないんだけど、身体の使い方がやっと腑に落ちてきたので、自分的にはゴーサイン出してるが、スタジオで練習する時は、そこの先生に相談することにしてる。

で、今日はゴムカーサナまでやってみた。微妙に細かい所がテキトーだったみたいで、色々見てもらえてよかった。パリガーサナもゴムカーサナも、かなり勘違いしてた。

ハンドスタンド~バックベンドの練習、この先生は身体の使い方が似てるんだろうな、と思った。ちょっとした言葉のアドバイスが毎回ドンピシャで、回を重ねるごとにドンドン身体にかける負担が少なくなって、呼吸で軽ーく楽チンにできるようになってきてる。

女性ならではの身体の使い方というか、同性ならではの親近感って、やっぱある。男子は上から目線で押し付けるか、「ま、女の子のキミには無理だろうけど・・・」ってムカつく感じがするけど、女子は「ね?こうじゃん?」って風に一緒にやってく感じ。男子にデモられてもウザいだけだけど、女子にデモってもらうと、なんか頼もしいとうか、嬉しい。単に私の性癖のせいか。

そういえば今日のチクタクのアドバイスは、昨日デヴィッドのヴィデオでやったことのおさらいプラスαで、ぎょぎょぎょー!やっぱり今の私には「アレ」が必要なんだー!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

拍子抜け~  

すわ!マイムーンディか?と思ったのもつかの間、単なる不正出血だった模様で、しぶしぶ昼練at home

なんかメンドいしお腹ペコペコだし、辞めちゃおーかなー、とか、やってもスタンディングまでにしとこー、とか、てんでヤル気なし子さんで挑む宅練というのは、果たして、そうなのです!やたらと調子良くって快適なのでした。

でも、ここ数日調子悪いし、なによりダレきった怠惰なタマシックモードが続いてたから、リセット的にプライマリーで調整。やっぱプライマリーはいいねー、ホンっとにシミジミ、ほっ。

プライマリーで何度も何度もバックベンド(上犬)やると、中途半端なセカンドのときより、後屈が開いていることに最近気づいた。本日もしかり、最後のブリッジむにゅー!でカナリ開いてた。

マイ・ジーザスDavid Garriguesのアーサナキッチンで、「チクタクへの道」を見たばかりだっので、胸のアーチを意識してハンドスタンド~ヴィリシュチカーサナ。壁を使って、フリップバックするときの頭~胸のアーチと骨盤の移動を検証するように、予備練習。こ・れ・は~!!!!今の私のためにあるような気がするー。

[vimeo http://www.vimeo.com/23117339 w=400&h=225]

David Garrigues Asana Kitchen: Working towards Viparita Chakrasana (PT 1) from David Garrigues on Vimeo.



デヴィッド・ラブ<3

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ダブルムーンディ  

今朝はスタジオで練習したんですけど、あら!今日はムーンディだったんですねー(確信犯)(^-^)/

フルセカンドをゆっくりめにやりました、が、どうにもこうにも心身が重めでシンドい。地球にドンドン引っ張られてる感じ。だから新月は練習すなっ!つーこん?

そしてしかも途中でトイレ行ったら、マイムーンディも到来。あらやだ、7ヘッドスタンドなんてやってる場合じゃないよ。やったけど。

カランダやべー。エントリーの仕方を矯正してから、バランスポイントが遠く感じる。あ、あと、テッテー的に練習量の低下ね。毎日本気でやってたときと、身体がまったく違う。当たり前のことだけど。

あとはえてして可もなく不可もなく。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

いやーそれはもうグウダラと  

あー、なんだこりゃ。やる気もデロデロだし、集中のシの字もないし、身体は昼間なのに固くて重い。

いっこやっちゃー、休憩・・・、もいっこやっちゃー、休憩・・・で、ラチがあかん。

プライマリーやらずにセカンド入ったのに、ダニュラーサナあたりで、もう飽きてる(笑)

カポタは肩がまるっきし動かずほぞをかむ。カランダも重力に負け、てんで歯がたたず。

LBHシリーズを端折って(いいのか?)マユたんまで。

あ、でもやっぱり7ヘッドスタンドとハンドスタンドはやるあたり・・・(^-^)/

あーもー、こんなグーダラな日は、とっとと終えるに限るわー、とシャバって終了。

スタジオ練だと平気で誤魔化せちゃう、こういう自身の波風に、繊細に立ち向かえるのも新鮮で面白い。

でも、それにしても、ダラダラと怠惰なタマシックな傾向にあるこの頃・・・自身の波風というか単なるグーダラさんなのだろうか?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

日曜日はゆるーく  

2日の休息(サボリ)を経て、本日は寝起きホカホカの状態で1時間ちょいの練習。
身体カッターイ・・・!というのが、面白くて、念入りにスリアをやってみる。
今日は色んなことがアタマの中をグルグルしてて、雑念アワー。
ジャーヌAくらいで終了して、7ヘッドスタンド(笑)、バックベンド、3ロータスで終了。
ちょっと物足りないくらいでちょうどいいかな、という日曜日のゆったり朝練。

ところで

私の友人は7ヘッドスタンドをすると猛烈な睡魔に襲われるそうだが、私は7ヘッドスタンドをすると、とたんにシャキーンと覚醒する。よって、朝の7ヘッドスタンドは、非常に「お目覚めヨガ」っぽくて好きなのです。
ところが

7ヘッドスタンドでポーズから出るとき(ビンヤサアウト)、一旦ハーフベンドの状態になってからチャトランガ降りをしていたが、それは「女の子バージョン」なんだそうだ。なぬー!確かにピンチャからのチャトランガ降りみたいに、まっすぐなまま降りるのは超難しいかった覚えがある。女の子バージンはできるようになったから、これからは男子バージョンにトライしてみます。(負けず嫌い)

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。