HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お、立てた!ドロップバックからのカムアップ  

土日月と生理&ムーンディで3日間の休息を取った。
休み明けの最初の練習。

まず、身体が軽いのに驚く。
関節のクッションがギシギシしてなくて、柔らかい。
生理前に貯めに溜め込んだ「重苦しさ(精神的&肉体的)」が吹き飛んでいる。

珍しくマットギッシリの満員御礼なスタジオで
あたかも周囲が存在しないかのような静けさがココロの内にある。

身体がどんどん開いてゆく、解放されてゆく。
きっとそれは身体だけではなくて
私のココロが解放さていってるんだ、と感じる。

開け放った窓、そんな印象。
風が通り抜ける。
変に不自然に繋ぎとめていた私の中のアレコレ
そんな不要な一切合財が吹き飛ばされていく。

爽快。
ヨガの練習をやっていて良かった、と思う瞬間。

ずっと苦手なバックベンド。
今生では無理だとあきらめていたドロップバック&UP
辛いし、痛いし、なにがどうなってるのか解んないから
きっと一生できないと思い込んでたけど
ただひたすら来る日も来る日も繰り返し続けていたら
ありゃりゃ、今日は初めてひとりでカムアップできたよ。

ウンウン言いながら一人で3回くらい、コケつつも練習してたら
隣の人をアジャストしていた先生に
「あ、きっとできるよ」ってサラッと言われた。
なんでか知らないけど、それ聞いたら
「あ、きっとできるぞ」って確信が自分の中に沸いてきて
あせらずに、あきらめずに、よいしょっ!とやったら
本当に立てたよ、えー???

え?なにが起きたんだ?ってキョトンとする間もなく
スタジオのあちこちからパチパチパチと拍手・・・!
えーん、なんだよー、みんな見てたなー!自分の練習に集中しろよー!
と言いつつも、私、嬉しくて仕方なくて、隣にいたCさんにギューッっとハグハグ。

1回こっきりじゃ幻覚みたいなので
しつこく3回やってみる、できた!(ちょっと左に偏ってヨレヨレだけど)
おおおおー。

できた事自体にビックリだけど
見守ってくれてた周囲の皆さんの暖かさに感動。
マイソールだとあんまり口をきく機会もないけど
こうやって、毎日毎日毎日毎日飽かず練習を共にしてると
すごい深い繋がりができてくるもんなんだな。

グルジは言うよね
Don't think! Just practice, practice, practice.
ほんとにそうだね
Then it will came は嘘じゃないよ
一生できないはずのモノができた私が言うんだから(笑)
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ノイズ減少、あちこち検証  

生理が始まりそうで始まらない微妙な期間が続いており、いくらなんでももうそろそろ今朝の練習は完璧アウトだろうと前夜に想定していたが、意外と「あれ、まだじゃん」って感じで、結局、一時間遅く家を出てスタジオに向かった。

スタジオに着くと、もう既に練習を終え、会社へ向かう皆さんと更衣スペースで会ったりして、なんか自分の遅ペースが愉快に思えてきた。

もうそろそろ生理という爆発間際の子宮を抱えての練習は、やけにスリリングで、どこぞやに不具合がないか?と念入りにカラダの状況を調べてるみたいだった。

あんまりキツイ練習にはしたくなかったので、サラリと、サクッとやってこうと思ってたけど、実際動き出してみると、ちょっとした違和感がアチコチにあるのが判った。

首周りや肩甲骨の奥側の凝り、骨盤のチグハグな感じ、下腹部のうっ血したダルさ、頭全体に残る痺れ感、尋常でない発汗・・・おお、カラダが声をあげてるぞ!いや、それは以前からあって、単に今日はそれに気づけるようになっただけなのか?

でも、ココロの「ブレ」があんまりなかったような・・・って・・・あ、そうか、ノイズが少なくなってきてるんだ、だから色んなことに気づけるんだ、きっと。

ほぼドンジリでスタートしたせいか、ほとんど他の生徒さんがおらず、先生からはいつもより念入りにポーズのチェックをしてもらった。

私の中に「気張り」がないせいか、キツメのアジャストがするする入ってくる、というか、抵抗・反発がなくて面白かった。

へえ、私のカラダってのは、ここがこんなところまで伸びるんだー、とか、ここの可動域の左右差はここと繋がってるんだー、とか、なんかシミジミと自分の「入れ物」を眺めてみた。

さすがに時間がなくなっちゃって、ハーフ+α(スプタまで・・・本来の私のレベルだ)で終了。

しかし最後のバックベンド~ドロップバック&アップは、骨盤がギシギシいって辛かった・・・。やらない方がよかった、と後から後悔。

最後の最後にドロップバックでブリッジ状になり、両手を足の方へ2回くらい歩かせて、更に先生にグイッと両手を足の側へもっていってもらい(ここで柔軟性のある人達は両足首や膝をつかむ)、うんと深いストレッチをする練習では、踏ん張ることすらできず、なすがまま・・・これぞ「サレンダー」だよ、と可笑しくなった。息を吸って元の姿勢に戻ったときには気が遠くなって放心。

自分の限界を超えるのは刺激的だけど、肉体的ダメージを伴うってのは、どうなのかな?多少は避けられないし、そこを突き抜けないと見えてこないものも確かにあって、でも、自分に対する非暴力というのも大事だし・・・。

うーん。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

月のリズム  

今日もゆっくり、ていねいに、頑張りすぎず、あきらめず・・・の練習。

この心地良さを知っちゃうと、これまでなんであんなにゼーハー言って頑張り過ぎてたんだろう?とか思う。

今日はカラダがとても固くて、先生にも「ストレスでしょ?」と指摘されるほど、特に肩回りがガチゴチ。

プラサリータのCで、どんなアジャストされても、手と床の距離が縮まらない。

マリーチDはなかなか腕が回らなくて、指先同志がとっても遠い。

スプタも、どんなアジャストされても、全然はまらない。

それでも、変な焦りとか、失望感とかは不思議となくって、むしろ「できなさ加減」を味わってた。

ココロが静謐だと、ビンヤサに現れるなあ、いや、それは呼吸のせいなのかな?よく判んないけど、静かで落ち着いたビンヤサだった。

カラダは今イチだけど、ココロは負けてなかったね、今日は。

きっと明日から生理スタート。ムーンデイも控えてるし、しばらくは練習お休みだ。

ふーん、ちょうどいいタイミングだなー、なんて感心してたら、ハッっと気付いたよ。

私たち女性はみんな、ちゃんと月のサイクルに乗っかって生きてるんだな、って。

ココロのありよう、カラダのありよう・・・面白いくらい影響を受けてるんだよね。

あんまり意識したことなかっただけに、ちょっとビックリ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やさしく、やさしく  

力を抜いて、ココロを、ハートを柔らかく・・・と、いう心境だったので、やたらと和んだ練習だったかも。

妙に力んで、ウジャイ呼吸がゼーハーしちゃって、ドッスンバッタンの体操になっちゃ嫌だな、と。

普段だったら、かなり頑張るポーズも、今日は息を詰めずにできる範囲で。

特に呼吸のひとつひとつを、確かめるように、慈しむように、大事にしてみる。

昨日は練習でいろんなものが、自分の内から出てきちゃったから、今日は「よしよし」してあげる。

生理前の重苦しいエネルギーが停滞して澱んでるけど、それなりの範囲で、滞った気を流すつもりで、ゆっくりとフルプライマリー。

いつもは、キツイ・シンドイ練習が、自分次第でこんなにも優しいセラピーになるとは。

すっかり癒されての2時間ちょっと。

たまには、こんなのもいいね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

心ガジガジの精神的未熟児  

あららら、重力に負けてるなぁ、と思いつつ、タラタラとした練習に終始。

となりでは昔S&Mで一緒だったNさんが、軽やかに、しなやかにポーズをこなしてる。

羨望と自己嫌悪でココロが硬ーくなってゆく、あイタタな自分。

「他人との比較はしないように」というアドバイスは正直、耳にタコだ。

比較して落ち込んでいる自分を、いい子ちゃんぶって否定して打ち消して意味あるの?

まず、そこを認めて、自分の愚かさと醜さを出発点にしとかないと。


愛用のヨガラグが乾かないので、今日はスキッドレスを使用・・・これは上級者向けの製品だと思います。

だって、ヨレヨレのジャンプバック・スルーで、よれるよれる!これでもか、とよれる。

もう気になって、ビンヤサのたびにスキッドレス直してるダサい私。


そんなこんなで、自分の内に集中できない、意識が外へ外へ向かっている、手綱も効かずアウト・オブ・コントロール。

私の暴走マインドは、どんどん膨張して、妄想エリアへ突入。

カラダも重くてヨレヨレ、アシュタンガっていうより、ストレッチ運動してますって風情。

どのポーズがどうのこうのっていうよりも、もう全体的に「完敗!」

いろんなアレコレがどんどん出てきて、自己嫌悪でグジグジになる。

なにこれ、駄々漏れじゃん?そこらのダダッコより性質悪いよアンタ、と自分で自分に毒づく。

最近汗の量がスゴイことになってて、それがまた臭かったりして「ああ、デトックスだなー。いろんなもんが出てきてるんだなー」とか思ってたけど、ここにきて今日は「こんな腐った精神の膿まで出てくるかー」と愕然。

今日は別に湿気や重力に負けた訳じゃなくて、単に自分の中のネガティブなエネルギーに傾いてしまったみたいだ。

バックベンド~ドロップバックでは、もう心身ともに疲労困憊でエネルギー枯渇状態。

1分シャバーサナのはずが、10分近く横たわってしまい、ああ、今日も遅刻・・・><

バタバタとした帰りしなに
「バックベンドで立てるようになってオメデトウって、ちゃんとNさんへ言った?」
と先生から窘められる。

自己嫌悪でイッパイで余裕のない私が、今日の羨望の的Nさんへ「オメデトウ」なんて言える訳ないじゃん、とココロが一瞬反発した。

でも、一呼吸おいて自分の反応を眺めてみた。するすると塊が解けてゆくのがわかった。

踵を返して更衣室へ戻り、無邪気にNさんへ「オメデトウ」って言えた自分にビックリ。

でも涙が出できたので、とっとと逃げるようにスタジオから出て、そのまま駅までダッシュ。

いやー・・・修行が足りないなぁ、ワタシ。

子供より自制心ないよ(笑)

身体だけワシワシ鍛えたって、肝心な部分を鍛えなきゃ、それはヨガじゃないよね。

練習後トイレに行ったら不正出欠スタート。このまま生理に突入?ちょっとこれは不順だなー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

湿気がすごいよー、えーん  

まるで湿気のレインコートを纏って練習している気分。

カラダむちゃくちゃ重い、重い、重い。

おまけに汗が臭い、臭い、臭い。

しかし、こう暑くなってくると、柔軟性がでてきて、それぞれのポーズが、ちょっとずつ楽になってきた気が。

寒い中、ガチガチのカラダを呼吸でどんどん暖めてゆくような冬の練習も好きだけど、暑い中、出発地点からカラダが軟らかい~、っていう夏の練習も面白い。

こないだ先生のバースディ兼食事会でも話題に出たけど、夏はカラダが軟らかくなるからアジャストもキツメにして、今のうちに柔軟性を向上させて冬に備えるんだって!

冬眠前の食料備蓄じゃあるまいし・・・笑

今日のフォーカスはドリスティ。もう、意地でも視点を外部に持っていかないぞ!てな気合で。これまでにないくらいのフォーカスto自分の内側!ちょっとヤバイよ、イッちゃうよ、と怖くなる瞬間もあった。

マリーチD:かろうじで指先キャッチ、左右ともOK!しかし、入るまでに時間がかかりすぎるので、これを少しずつ短縮してゆきたい。

ブジャピ:ジャンプINはなかなかできない。というか、まだ恐怖心が自分の中にあって、飛びつくのを躊躇してるのが分かる。この限界値を超えたいなぁ。

スプタ:準備ポーズのEka Padaが妙にバッチリ入るようになってきて(特に硬かった左足側)、今日は後一歩で、ひとりで、壁を使わず、両足が頭にかかって、床にうつぶせになれそうだった・・・。この後一歩というのは、後から掛ける右足側に肩がキチン入らないからなんだな~。だから、床にうつぶせようとすると足が外れちゃう・・・。もうちょいです、惜しい!先生のアジャストではキッチリ入って気持ちよかった。

ガルバ~ククターサナ:今日は汗のせいか、やたら腕が足の間から抜け落ちてしまう。なので、何度も何度もやり直し・・・。あれ?ククターサナってバンダ閉めないんだっけ?ってワケわかんなくなっちゃった。

セツバンダーサナ:今日もガツーンです、第三の目。このポーズの後はしばらく動けません・・・ううう。

以上

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

地元でヨガ  

現在のアルバイト先が新宿なので、平日は「東京に出る」ついでに九段下へ寄って朝練をしている。

けれど週末は、わざわざ「東京くんだりまで出る」のが億劫、というか、90分のレッスンのために、移動に3時間費やすのがシンドク感じられてきた。

今住んでる逗子・葉山・鎌倉界隈は、ほんとうにすっごくステキな場所なので、1時間でも長くここにいたい、ってのが本音。

なので、週末は自宅でまったりと自己練か、近場のヨガクラスに参加することに決めた。

今日は鎌倉の長谷でアシュタンガのプライマリーレッドクラス。

ほとんどアジャストなしで、ゆっくりと、自分のカラダと呼吸を確認するように、ていねいな練習ができた。

先生がどうとか、他の生徒がどうとか、そんなのとは関係なく自分と向き合えるのって稀だけど、今日はそんな日だったな。

ジャンプバックで足がどんどん軽く抜けるようになってきてる。まだ、ワンクッション置いて(足が床に触れて)から後ろに飛んでるけど、日に日に楽チンになってる気が。ひょとして腕が伸びたんじゃないか?とか思うくらいの、以前との差。

マリーチC、ポーズに入るまでに時間がかかるんだけど、このポーズ好きになってきたよ。気持ちいいじゃんねー。いままでナニが間違ってたんだろう?ひょっとして次のマリーチD制覇も夢じゃないのか?

セツバンダーサナ!これ、きっつい。今までどれだけテキトーにやってたか、というと、脚はまっすぐじゃなくてガニマタのままだったし、額ではなく頭頂を床につけてて、胸は全然開いてなかった。なんでか判らないけど、ここ一週間くらいで、ポーズ改善プロジェクトが私の身体で進行していったみたいで、やたらと完成形への移行を身体が求めている。今日は床についた額の、第三の目への刺激が強くて、終わった後しばらく動けなかった。大丈夫か、私?

レッスン後はプラプラと由比ガ浜を散歩しつつ家路に。終わった後の心地よい疲労感を、潮風で癒す・・・いいなぁ・・・。これぞ醍醐味。このエリアへ越してきた甲斐があるというものだ、というか、だからこそ、ここへ越してきたんだった。



波、風、緑、山、土と一緒に暮らす

生きる

ヨガもその延長線。



ナマステー。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

生きてる喜び  

今日は午前半休を取ったので、ゆっくり目に練習。

オシリを気にしなくていいせいか、すごく気持ちよく、ゆったりと。

でも、ピリッとした芯は保ったままでいられたような。

スプタが気持ちよく「ハマる」ようになってきた。

「体型的に難しいから、普通の人よりずっとずっと柔軟性が必用だ」
っていつも先生に言われるくらい苦手なポーズなんだけど。

実はセカンドのEka Pada Sirsasanaをスプタの事前練習として毎日やってて、これは難なくできるのに、スプタは手足が届かない・・・!

そ、そんな、損な体型ってあるのかー

あるのだー!ぐおおおおー!(←燃えている)

だからこそ、面白いんだよなぁ、と、素直に思った。

多分、今って、これまでにないくらい、すっごく練習が楽しい。
できる・できない、ってレベルじゃなくて、自分の内から、暖かいものが沢山あふれ出している感じ。

単純な、生きている喜び、解放されたパワー。

あと、自分の身体を取り戻した、って感覚。

普通に道歩いていても、無性に歌い出したくなるし、踊り出したくなる!

うーん、生きるってのは、環境とか状況とかじゃなくて、「生きている」って事実だけで、この肉体に宿る生命の息吹の存在自体だけで、こんなにも喜びに溢れちゃうものなのだー。

すげー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

なんでもない普通の練習   

今朝は練習中一貫してずっとココロが落ち着いていた。

身体は重いし、固いし・・・だったんだけど、すごく冷静な私がここに!って感じで。

ただし、いつもより早目にオフィス入りの日だったので、慌てまくりのフィニッシングと、一分シャバーサナ・・・うーん、これはいただけませんね。

マリーチC(Dじゃない)が、ここのところ、ちゃんとできかけてきてる気がする。
もちろん、手首を掴む芸当なんてまだまだだけど、なんか、上半身が正しく捩れてて、今までみたいな「不自然な姿勢でやってる辛さ」を感じなかった。「気持ちイイ!」って、初めて感じたかも。

スプタも、アジャストでピチッとはまって、気持ちよかった。

バックベンド~ドロップバック&アップは、やっぱり辛い。
今日も一人では全然立てなかったけど、なんか、良い感じなんだよね。その「できなさ加減」自体を楽しんでるのかな?なんなんだろ?

今日も練習ができたことに、ココロから感謝。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

大の苦手バックベンド  

あれ、ドロップバックからの戻りで、ちょっと勢い余って前方へタタタタッと行っちゃったけど、立ったよ。

前にいた人、驚かせてごめんなさい。でも一番驚いたのは私です。

これは一生できないハズだったのに、おかしいなぁ。

でも、それ一回こっきりで、後はもうヘタレもいいとこ。

夢だったんでしょうか?キツネにつままれた気分・・・。

もともとバックベンドは苦手で、私の基本形は「テーブル状態」だったりする。

胸はやっと最近少しずつ開いてきたけど、足の付け根が固すぎるから、足が伸びない。

だからバックベンドしている間は、どうしても足の間がガニマタ開きになっちゃう。

それを「まっすぐに!」と言われ続けるも、足の感覚がないから、なにをどうしていいか分からないのだ。

これまでずっとこんな風に、「私はこれこれこうだから出来ない、今後もできない」と、自分を制限しちゃってた。でも、人並みの5倍くらいの時間はかかるけど、ちゃんと少しずつだけど進歩してるんだよね。

そのためには、ある程度の努力も必要だけど、なによりも自分のマインドを自由にしとかないと。変な思い込みや刷り込みに囚われたり、制限や規制をかける悪癖から自由になっとかないと。

なんて気付きもあったので、ここ最近は、あえて意識するポイントを設定してたりする。

そのひとつが、今生では絶対ありえない「ハズ」だったドロップバック&アップ。

普通のバックベンドの時に、「脚を開かず・伸ばす」つもりで意識するようにしてる・・・もちろん「つもり」なだけで、実際はまだまだテーブル状態。

で、またこれがすっごい辛い・・・でもなんか、嫌じゃないんだ、不思議と。

アシュタンガを始めてずっと諦めてたバックベンド。まだまだ、なんで立てるのか、全くわかんない!って状態だけど、ま、ぼちぼちと、行ってみることにする。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっぱり私はまだまだハーフどまりなのだ  

昨日はどこのスタジオへも行かず、自宅の和室でセルフプラクティスをするも、ハーフで集中力が途切れ、終了。

結局、私の今現在の本来のレベルって、ハーフなんだなぁ、と痛感。

でも、気の張らない練習もたまにはいいもんだ。

でも現在の私には、スタジオという場所がまだ必要なんだと思う。

本日は久々の九段下スタジオ・マイソール、雨模様のせいか人は少なめ。

今日は、身体が湿度に反して軽め!だったので、ジャンプスルーで空中に留まる時間を、意識的に長くしてみる。

ブジャピで足先が床からかなり離れてきた。それと比例するかのように、ジャンプバックで足が後ろへ抜けやすくなった・・・足先と床との距離が長くなったみたいだ。

ついでに、最後のウト・プルティも軽く浮かぶことができて、これまた床からの距離がいつもより離れてることを実感。

おお、今日はバンダがバッチリ効いてるんだなー、すげー。

マリーチD、両側ともひとりで指先をギリギリ触れた、でも、本当に笑えるほどギリギリ・・・!

スプタはアジャストしてもらって、やっと!完成形できた!でも、足をかけたまま両手を床に、上体を持ち上げることはできませーん。

腕が短いからなのかな、両手は先生に思いっきりひっぱってもらって無理やり・・・指先でかろうじてくっついているだけで、5秒と持たない。うーん。

昨日の事もあり、やっぱりフルプライマリーは、まだ今の私には早いかも。マリーチDとスプタが、ちゃんと自分でできるようになってから、次へ進むべきだよなぁ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

がんばりすぎない本来の自分  

今日はいつもと違って、地元でマイソールクラス。

窓の外は台風で大雨。スタジオ内の空気が重苦しくて、ねちっこい。あー、今日は周囲から影響を受けないよう、自分の内側に集中しなきゃ。神様は本当に色んな試練を下さるなぁ。

今月のフォーカス製品ブジャピダーサナ、床から足先を無理に上げようとして、思いっきり足がつり、声にならない叫び声をあげる。ひー。

マリーチDは、C先生のアジャストを断り、かなり時間をかけて、自力で指先だけかろうじて掴む。ふー。なんで、こんなに難しくて辛いんだろう、このポーズ?

ところで、ここのC先生は、無理して頑張ることをあんまりさせない。

スプタのアジャストは、足を頭にかけるのは「5年早いよ」と、ストップ、クルマーサナの足先をくっつけた状態でのストレッチに留まる。

ガルバも、無理に上半身を丸めて手を顔にもっていかず、両手を合掌させ背筋を伸ばしバランスを取るように指示される。

ひとりでやるドロップバックなど、とんでもない、とストップ。

なにもかもが、普段の練習の7掛け止まりで、正直、物足りない気持ちや不満を、まず感じた。それから、普段どれだけ無理して頑張りすぎてたかに気づき、ギクリとした.。

頑張りすぎない状態、つまり本来の私の状態というのは、これまでの練習で判断していた自己レベルをかなり下回っている。あたりまえのことなんだけど、それが結構ガツーンって感じ。

もちろん、「なんだよ、自己レベルって?」という意見も自分の中にある。本来のヨガという意味合いと、アシュタンガヨガでつい陥りがちになるフィジカルな部分とのギャップ。まだまだ私はここで、上手くバランスとれずに混乱している。

案の定、私のココロは千路に乱れ、集中どころじゃなかった。えーん、誰かこの手に負えない「チッタのヴィリッティ」をなんとかしてくださーい、と、投げ出したくなりながらの2時間、ああキツ・・・。肉体的に無理してない分、精神的キツさ倍増。やー、これってマジ修行だなー。くそー、負けるもんかー!(・・・やっぱり頑張り気質だ)

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

アサナではない朝練  

珍しく寝坊。なにをどう頑張っても、朝練には間に合わない時間まで熟睡。こんなの逗子に越してから初めてだ。昨日受けた全身マッサージと、のんびり浸かったお風呂で、心身デロデロにふやけたからか?

明日はムーンデイで練習はお休みの日。だから今日練習を休むのは、なんか損した気分になる。そんなみみっちい執着抱える自分を、ちょっとだけ傍観してみる。手放せ、手放せ。

朝の光と、むせ返るような緑の匂いと、鳥のさえずりを感じながら、窓を開け放った和室で深呼吸。そして、プラナヤマのナディー・ショーダナーと瞑想。

実は引越してからずっと、瞑想から離れていた。まず、通勤と朝練と残業と旦那さんの世話で、時間が取れなくなっちゃった。それから、毎朝やってるアシュタンガの練習そのものが、瞑想的になってきたから、「ま、いっか」って、なってきたというのも言い訳のひとつ。

久々の瞑想。マインドがガサゴソと落ち着かないのが判る。緊張が張り付いてる身体の部位が判る。これじゃイカン、頑張らねば、と奮起し始める自分の反応パターンが判る。

ほんの一瞬のstillnessに溶け込み、至福の時に包まれる。最後にメッタ・バーバナ(愛と慈悲の瞑想)で世界に愛を送る。

朝の、出勤前の、ささやかなひととき。自分という世界を探検し洞察を深め、同時に全てを取り巻く大いなるエネルギーと繋がる。自然も大地も波も風もアナタも私もみんな、しっかりと同調しあって、呼応しあっていることを、魂で感じる。

久々の瞑想後の爽快感は、毎朝のアシュタンガの練習となんら変わらない。

つまり、毎朝のアシュタンガの練習は、決してフィジカルでジムナスティックなポーズの練習だけじゃなくて、こういう瞑想で得られるスピリチュアルな経験をももたらしているんだ、きっと。

すごいね、アシュタンガ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ノーアジャストデイ  

今日はノーアジャストデイ。最後のドロップバックまで、ずっと一人で黙々と。一昔前は、アジャストされないと不安になったりしたものだ。最近は、構われない自由も楽しい。

ある程度放っておかれると上達するんだな、と最近ハッとする。ドロップバックも、先生のサポート付だと甘えちゃってダメなのに、ひとりだと結構フワンと降りれる。

今日は放っておかれたお陰で、スプタがひとりで(壁に寄りかかってのズル有)両足をアタマの後ろにかけて組めた。おお。手は短いから届かないんですけど、ま、これは愛嬌ってことで。

実は最近、これまでおざなりだったブジャピダーサナにフォーカスしていて、ちょっと意識するだけで、なんと足が少しずつ床から離れてきてるという事実。しかし、ジャンプしてのINはまだできない。

それにしても、汗すごいな。ミストサウナ状態。ぐっちょりのヨガラグは、オフィスで9時間干していても乾かない。

梅雨はいつあがるのかな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

自分を映す鏡  

昨日の苛酷な私生活ストレスが、今日の朝練で、如実に私の身体に現れていたみたいだ。

テンション上がりっぱなしのまま、睡眠もほとんど取れぬまま、気合いだけで、ごまかすように、すがるように練習に没収しようとしてた。

先生に指摘されるまで、自分は今朝はフツーに快調なんだ、と思ってた。気付きたくなかったんだ、きっと。

身体は正直ですね。私の怒りと悲しみは、感じられるべき時に押し殺されて、身体の中に閉じ込められた。それが、ヨガのアサナという肉体的運動によって、発覚されるんだから、しかも他人の指摘によって。

うーん、私は相変わらず自分をおざなりにしてるなぁ。大事にしてあげられない自分にゴメンね、と思ったら涙が出てきた。

ビンヤサがゆっくりになってきた。空中に留まっている時間が、0.001秒くらい延びたのかな。

マリーチDは、右側は一人でできず、先生が見かねて手を出してくれた。

ブジャピのジャンプINは、まだできない。足先もまだ床にスレスレ。

スプタも、ここんとこずっと手が届かない。組んだ足も外れちゃう。アジャストする先生もガッカリだよ、これじゃ。

一人ドロップバックは、3回フワンと降りれたが、4回目でドスン。立ち上がるのは、まだまだ全然ダメダメなんだけど、でも1回だけ、なんちゃってのヨレヨレで立ち上がりかけた・・・おお!

そんなこんなで、またまた時間オーバー。1分シャバーサナで、慌ただしくスタジオを出る。

今日もすごい汗だった。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

呼吸バッチリの日  

時間を気にしながらの朝練は、働くサラリーマン・ヨギの宿命か。

せっかくの集中が、瞑想的な流れが

「ああ、あともう15分でスタジオを出なきゃなんない」

とか

「うーん、このペースじゃ、遅刻しちゃうかもしれない」

とかいった焦る気持ちに負けそうになる瞬間、執着や渇望が自分の中に、みるみるたちあらわれてくる。

しかし、今日は会社お休み。オシリを気にせず練習に集中できる、この贅沢!いつもよりゆったりとした呼吸のリズムに、自分がどんどん癒されてゆくのを感じた。

呼吸に無理がある日は、全身がなんかチグハグで、ココロも身体もマインドも、てんでバラバラ。

でも、呼吸がバッチリ落ち着き、全ての中心のように、私という世界のメトロノームになると、私という存在の中をすごいエネルギーが循環しはじめる!私が呼吸になり、生命の息吹が自由に解き放たれる。

今日はまさに、この「呼吸バッチリ」の日。ビンヤサが楽しくて仕方ない。スリヤナマスカラを百回くらいやりたい気分だった。

でも、フィジカルなアサナ的には、マリーチDもスプタも全然できなくて、ドロップバックも頭ドスン。へへへ、まだまだなのであーる。

ところで、セツ・バンダーサナって、地味ながらも、むちゃキツ。なんすか、これ?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。