HEADING NOWHERE

三昧(サマディ)までは何哩(マイル)?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ワタシャ蓮華座が組めない   

ヨーガを本格的に始めた、アシュタンガ・ヨーガだ。

まだまだヘタレのヘッペケ野朗で僭越ではあるのだが。

209.jpg


ヨーガなんて退屈なストレッチの延長やん、と、ずーっと思っていた。
多分それはジムで活発にガムシャラするのが
ありあまるエネルギーと破壊衝動のはけ口
だった10年前から1年前までの自分にとって、
数回参加したヨガクラスの印象がそーゆーものでしたってだけで。



しかしここ1年で肉体的にも精神的にも老化現象が始まり
ガタがきて初めてリハビリという意味合いでのヨガクラス参加

・・・やっぱり退屈なストレッチの延長やん、瞑想すれば寝ちゃうし。

・・・ピラティス参加、こんなキッツイことできるかー、ばかー。

・・・パワーヨーガ参加、あ、これは楽しい、やっぱダイナミックなのがいいねー。

ということで、きっかけはパワーヨーガだったわけです。
ありがちなパターン
この世はすべてタイミング。

だってさ、ヨーガなんてセレブがどーのの流行廃りとか、
オウムのまやかし修行とか、
そんなイメージが先行して、良識人である自分には「ちょっとねー」と避けてきたエリアなのですが。
ふふん、人生判んないものだ。


とはいえ、まだまだ修行のスタート地点に立ったばかりゆえ、日々の練習は欠かせません。
なんたって基本中の基本、アシュタンガの準備段階である太陽礼拝Surya Namaskara A&B でゼィゼィ言ってる段階なのですから、トホホ、これじゃ無酸素運動です。


アシュタンガのクラス初日なんて
「こんな汗だくになってヒーヒーのデロデロでわたしゃ一体ナニヲシテイルノダ?」
と思ったら笑えて笑えて堪りませんでした。



ヨーガの奥深さなんてまだ「アタマの知識」でしかない私が何を語ったところでたかが知れてますが
「静かな集中」と「カラダの解放」
の体験はけっこう病み付きになります。

なんか
途轍もなくもっのすごいセックスしちゃった時とか、
人として一線を越えた時に訪れる突き抜け感に近いのではないかと、
あ、これは推測ですけど。


いずれにせよ
「ああ、なんかもう、ワタシは壊れちゃってもイイのよ」
てな気分を定期的に感じる、まぁ新しい世界ってことなのかもしれません、合掌。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。